« A New Project! | トップページ | 6月5日に原英晃氏と野口智博教授が来福!! »

チームってなんぞや?

USCではよく選手同士でのミーティングがあったのですが、そこで一貫していたのは、

「一番良い結果を出すため必要なことをする」でした。

結果を求められるアメリカでの競技や競争の世界では、合理性が求められるのですが、チームの目標は何であるかという確認を頻繁に行って、チーム全体が共通のゴールを持つことを徹底するところからはじまって、その上で個人の結果がどうであればチームに貢献できるかを考えます。

そして結果を出さなきゃいけない時に、しっかり臨む結果を出せるように、準備の段階で何が自分に一番必要かを考えて、実践して、最終的に出す結果に責任を持つプロフェッショナルの世界なんですよね。

なので、極端な話ですが、結果を出すために今この瞬間やることが練習を休んで寝ることだったとしたら・・・

寝るんです。

そして結果を必要とするときに求められる結果をきっちり出す。

アメリカでの5年間では、水泳の楽しさについて良く考えました。なぜなら毎日長くてきつい練習してても楽しかったから。そこで至った結論として、僕が水泳で見出した楽しみは、

泳ぐこと
今日より明日の自分が速く泳げるようになってると自信を持つこと
チームで勝利を分かち合うこと
自己ベストを更新すること
練習で競争すること

そして、それらを通して切磋琢磨し、共通の目標のためにチーム全体で本気になることで生まれる連帯感がプライドになったような気がします。

スポーツにおける見解は個々違うことを理解してますし、現在述べようとしていることが結果を求められる競技者の集団に向けてのものであるという前置きをして、僕は以下のように思います:

日本は部活動ですとか、○○道というスポーツにおける哲学を重んじる国で、集団での活動を優先することで自己の活動を制限する必要があったりして、それが美徳となることがあるかもしれませんが、

僕はプロフェッショナルである個々が妥協無しに競技に取り組むことで最大限の結果を残して、その結果の集合体がチームとしての結果となるって形が理想なんだと思います。

団体行動を優先するあまり、所属する個人が可能性を潰し、競技をつまらないと思ってしまわないように・・・

スポーツをするために集まった集団が、集団でいることのみに喜びを感じるように強いるのではなく、スポーツに全力で取り組んで勝利の美酒を味わう過程や結果を楽しめる集団であってほしいなと、

感じることがあった今日でした。

Joe4
ガチンコでぶつかり合うから楽しいし、燃えるし、良い思い出になると信じてます。

|

« A New Project! | トップページ | 6月5日に原英晃氏と野口智博教授が来福!! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/91985/39750530

この記事へのトラックバック一覧です: チームってなんぞや?:

« A New Project! | トップページ | 6月5日に原英晃氏と野口智博教授が来福!! »