« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »

仕事するのにオフィスはいらない

41yunkqo1xl_sl160_

今読んでおります。

とても興味深いし、共感する部分は多いですね。

インターネット等の通信媒体によって人々のライフスタイルが劇的に、そして急速に変化する昨今、従来の仕事の仕方だけでなく、新しい仕事のスタイルが誕生して、より高い効率を生むのは必然的なことかもしれません。

ビジネスに携わるようになって、どうしてもビジネス書に関心を持ってしまいます。小説等も面白いとは思いますが、今の自分に必要な閃きや、参考となるアイディアが残るので、ビジネス書が面白くて仕方ないです。

明日から始まる平成23年度を楽しくクリエイティブに過ごすために、本を読みたいと思います。

「仕事するのにオフィスはいらない」はおすすめです!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

全力疾走!

昨日は宮城の東北高校が甲子園でプレーしましたね。結果は敗退でしたが、野球に集中することが難しい環境下であったと思いますが、全力でプレーする様は感動を覚えました。勝負の世界ですから負けは負けですが、すごく印象に残る選手たちでした。

昨日の試合では、特に東北高校の監督が試合前に選手にかけた言葉には感銘を受けました。

「勇気付けようとか、元気付けようとか、そんなことお前たちにはできないんだから、とにかく全力疾走。全力疾走が全て!」

高校球児達が否応なしに大きなプレッシャーを背負って大会に臨まざるを得ない中で、ただ全力を尽くせという言葉は、本当に素敵でした。

我々は国難とも言える震災の渦中にいて、様々な方が様々な形で影響を受けていますが、それぞれが震災以前の生活に戻るべく、毎日を全力で過ごす中に、傷ついた方々を癒す感動や笑いが生まれれば良いなぁ。

震災で一瞬にして財産や家族を失った方々の悔しさや悲しみは、当事者でない僕には想像しかできないので何を言っても無責任になってしまうから、僕も僕の毎日を全力疾走する中で微力ではありますが、できる範囲のお手伝いをできればと思ってます。

話は変わりますが、昨日は福岡市民にとっての憩いの場である大濠公園にある「WAY」というフィットネスクラブに遊びに行ってきました。

25

「WAY」は大濠公園を拠点にするランナーの方へのロッカーやシャワーのサービスであるランニングステーションを運営していたり、ヨガやピラティスの教室を開いているフィットネスクラブで、アットホームな雰囲気が印象的でした。

もちろん、ランやスタジオ教室などのレッスンがあって、講師にはそれぞれの分野では非常に有名な方を迎えています。また、九州ではまだ新しいノルディックウォーキングや、トレイルランなど、他では体験できないプログラムを持っているので伺う話の1つ1つが新鮮でした。

大濠公園で走りたいけど、走った後汗だくで家に帰るのは嫌だなぁと思っていた僕にとって、すごく良いサービスを提供してるなぁと思いました。WAYの良いところは使用の都度に一定の金額を支払って利用ができるシステムを持っている所ですね。いきなり会員になるのはちょっと怖いなと思うことが多いフィットネスクラブで、都度の使用が可能なのは画期的です。

WAYには僕の高校の後輩が勤めているのが縁で遊びに行きました。

28_2
辻君。ノルディックウォーキング等を指導してます。

ディレクターを務める畑さんにも笑顔で接していただき、楽しく大濠公園でのランを楽しめそうな気持ちにさせてくれる空間でした。

WAYの詳細は: http://www.way-ohori.com/


| | コメント (0) | トラックバック (0)

北九州でスイムクリニックをやることになりました

4月29日(金)の昭和の日に、北九州にあるスポーツクラブ「十條ウェルネスクラブ」でスイムクリニックをやることになりました。

ワンダーイヤーズ主催ではなく、招聘されてのクリニックは嬉しいですね。楽しい会にできるよう頑張りたいと思います。4月29日ということで、5月8日の日本マスターズ福岡大会も近いので、なるべく即効性のあるポイントをお話できれば良いなと思います。

以下、十條ウェルネスクラブのホームページの抜粋です。

競泳世界選手権元代表今井亮介氏によるスイムクリニック

世界選手権やパンパシフィック大会など数々の国際大会で平泳ぎの代表選手として大活躍され、現在もマスターズ大会で世界記録を出すなど金字塔を打ち立てている今井亮介選手による水泳教室です。美しく泳ぎたい方、楽に速く泳ぎたい方、この機会に是非!参加してレベルアップを目指しましょう!

日時:
1部-10:30~12:00(定員40名)
2部-14:00~15:30(定員40名)

場所:  
十條ウェルネスクラブ25mプール及びアクアゾーン

料金:
会員 \3,000/1レッスン 会員以外 \4,000/1レッスン
十條マスターズチーム登録者 \2,000/1レッスン
※1部・2部両方へご参加の方は¥500引となります。

受付:
フロント お電話にてご予約下さい(093-521-7080)

締め切り:
4月22日

内容:
1部 「平泳ぎの上達方法」
2部 「マスターズ大会に向けての練習方法」

十條ウェルネスクラブのウェブサイト:
http://www.npd.co.jp/jsc/sports.cgi

尚、詳細やお申し込みについては十條ウェルネスクラブにお電話にて直接お問い合わせください。
十條ウェルネスクラブ: 093-521-7080

| | コメント (5) | トラックバック (1)

サタデーナイトが熱かった頃

アメリカに住んでた時は、土曜日の朝にクオリティセットというレース形式の練習を行い、その後にウエイトトレーニングをして、1週間のトレーニングを締めくくってました。

土曜日のトレーニングを終えての恒例は、チームでブランチでした。

Original_pantry

いつもこの「オールドパントリーカフェ」で食べてましたね。最近昔のチームメートと話した時は、最近は全然行かないって言ってましたが、USCの水泳部の伝統としてはシュバートコーチにこっぴどく怒られた後にパントリーに行くってのが正統です(笑)

オールドパントリーカフェは、ロサンゼルスレイカーズの本拠地でもある「ステープルズセンター」のすぐ側にあります。ロサンゼルスを訪れる機会がある方はぜひ行ってみて下さい。

疲労困憊の上、満腹になるので、次に来るのは昼寝なんですが、昼寝とは言えないぐらいに寝てしまってました。いつも起きると日が暮れてましたね(笑)

そしてことある度に水泳部員で借りている家「スイマーズハウス」を使ってパーティーです!

ちなみにUSCはたくさんのパーティーを開くことで有名なんです。

パーティーはいろんなテーマでやりました。そしてテーマに合わせてみんなコスチュームを用意するんです。車でビバリーヒルズ近くのメルローズっていう通りに行ってそれぞれ面白いコスチュームを揃えます。

1880_001
前も登場しましたが、70年代をテーマにした70’Sパーティーのチラシ

N703280325_255391_6211

80年代を意識した80’sパーティー。僕はビリー・アイドルを意識(笑)

N703280325_1721405_5192586

ギリシャの神々になったつもりで白いカーテンを身にまとう「トーガパーティー」ちなみに一緒に写っているのはチームメートで、昔の彼女とかではありません(笑)

他にもいろんなテーマがありましたが、凝り過ぎてて意味が分からないものもありました。底抜けに明るく楽しかったUSCの土曜日の夜です。まさにサタデーナイトフィーバー・・・って古いか。

土曜日に徹底的に遊んだ後、日曜日は1日中図書館で課題や予習をするという極端な生活でしたねー。

時々あの頃を思って懐かしくなります。素敵な思い出です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

全米大学選手権が始まってます

アメリカでは全米大学選手権(NCAA)の男子が始まりましたね。

NCAAでは、男子と女子、それぞれ別の場所で1週間ずらして開催されるんですよ。

僕が在籍していた頃、南カリフォルニア大学(USC)では男女のヘッドコーチを兼任してたM・シュバート氏、当時のヘッドアシスタントコーチであるL・リボウィッツ氏、そしてアシスタントコーチの1人が女子に帯同するので、試合前1週間の時期にアシスタントコーチ1人だけが男子チームのために大学に残ってました。

シュバートコーチが懇願して招聘されたヘッドコーチ経験豊かなアシスタントコーチ、J・モントレラ氏の指導だったので、全然問題はありませんでしたけどね!

Montrellajim
モントレラコーチ

ちなみにモントレラコーチの若かりし頃の写真は・・・

Montrellajim02

コーチされたくないかも・・・(汗)

こんな具合で大事な時期にコーチがいなくなることがあるので、コーチへの依存体質が強い選手はアメリカで生き残ってはいけないかもですね。

また、アメリカの大学チームの応援が本当に好きでしたね。試合の大きさに関係なく、大会前後、また大会以外の場所でもチームで円陣を組んで行う「スペルアウト」がすごくテンションを上げてくれます。


大学元水泳部員達によるスペルアウト

今思えば、何でもチーム単位でやってました。大会会場に到着した時はチームで集まって同じ準備運動したり、週末に大きなパーティーを開いたり。

Joe6
大会前のチームでの準備運動

1880_001
チームで開いた70年代をテーマにしたパーティー用に作ったチラシ。僕がABBAになってます(爆)

羽目をはずすことも多かったですが、そんな中で選手生活を送れて幸運でした。

チームの応援に戻りますが、チームにとって非常に大きな意味を持つ大会、絶対に結果を残さなきゃいけない大会用の特別な応援ってのもUSCには存在します。

画像にはありませんが、こんなことをキャプテンとチームの掛け合いで叫びます。他チームに聞こえるように大きな声で、

キャプテン: Are We not immortal? 
(俺たちは不死身じゃないのか?)
チーム全員: YES, WE ARE IMMORTAL!
(そうだ、俺たちは不死身だ!)

キャプテン: Are we not men?
(俺たちは男じゃないのか?)
チーム全員: YES, WE ARE MEN!
(そうだ、俺たちは男だ!)

キャプテン: Are we not Trojans?
(俺たちは、トロージャンズじゃないのか?)
チーム全員: YES, WE ARE TROJANS!
(そうだ、俺たちはトロージャンズだ!)

キャプテン: So you may as well cry,
(だから、お前たちは嘆き悲しんだり)
チーム全員: SO YOU MAY AS WELL CRY,
(だから、お前たちは嘆き悲しんだり)

キャプテン: Or even shed a tear,
(涙を流すことさえあるだろう)
チーム全員: OR EVEN SHED A TEAR,
(涙を流すことさえあるだろう)

キャプテン: Because there is no tomorrow,
(なぜなら、お前たちにはもう明日は来ないからだ)
チーム全員: BECAUSE THERE IS NO TOMORROW,

キャプテン: Because the Trojans are here,
(なぜなら、俺たちトロージャンズがここに君臨するからだ)
チーム全員: BECAUSE THE TROJANS ARE HERE!!!!
(なぜなら、俺たちトロージャンズがここに君臨するからだ)

そしてスペルアウトに入る・・・

最高でしたね。何よりもカッコいい(笑)

NCAA、母校の健闘を祈ります。FIGHT ON TROJANS!!

Southerncal_logo21
母校のロゴ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

月刊スイムにアミノフィールが紹介されてます

今月届いた月刊スイムの5月号にアミノフィールについての記事が載っています。

24

BCAA補充の隠れた名品であるアミノフィールのことを紹介してもらえるのは本当に嬉しいですね。

いろいろなBCAA補給のサプリメントが流通してますが、1包あたりに含まれるBCAAの量はアミノフィールがダントツだし、ミネラルも豊富に含まれていて、アミノフィールはS級のサプリメントです。

アミノフィールが流通するサプリメントの中でも群を抜くと言われる理由は、開発されるまでの過程が物語ってます。

アミノフィールの製造元である生活文化舎の会長で、医学博士ある伊藤正春氏は、これまでにバイアグラや、抗潰瘍性剤として名高いセルベックスなど一般に良く耳にする薬の開発の責任者を務めた方で、もちろんアミノフィールの開発に携わっています。

BCAAって運動での筋肉損傷への効果ってのが有名ですが、他にも血液の中に含まれるアルブミンという運搬機能を持つ成分を肝臓で合成するのに使われてます。

僕は医学従事者ではないので詳しいことは分かりませんが、体内アルブミンの量は、肝硬変や、COPD、うつ、脳卒中に関係していて、体内に4.0g/dl以上あることが望ましいようです。また、十分な食事を取っているのにアルブミン値が3.5g/dlを下回っている肝硬変患者の場合、医師にBCAA製剤を処方されます。

逆に言うと、アルブミン値が3.6g/dl以上ある人はBCAA製剤を処方してもらえないんですよ。そこで、医師の方々からのリクエストを受けて、生活文化舎が食品としてBCAAが十分に補給できるアミノフィールの開発をしたんです。

医学の世界では名高い福岡の久留米大学医学部との共同開発食品であるアミノフィールは、体に吸収されやすい配合や、使用しているBCAAを国産にする等、本当にこだわって作ってます。また、医学の世界から生まれたサプリメントなので、伊藤会長は「飲んでみて効くか、効かないかを聞かれた場合、効かない訳がない。」と仰ってました(笑)

僕はその根拠を持った製造過程と、含有成分を教えていただいた時に、これをアスリート等、健康に運動を楽しんでいる方の体調維持と、練習や大会でのパフォーマンス向上に利用したいと思って会社としての取り扱いをお願いしたし、自分でも飲んでます。

実際にレース前などに然るべき量を飲んだら、疲れを感じにくくなり、コース台に立った時に疲労感もなく集中ができてますね。

値段が30包で7,500円(税込)と、決して安くはないですが、結果を後押ししてくれるサプリメントであることを考えれば、僕は他の物と並んでても間違いなくアミノフィールを選びます。

できたら今年も数回マスターズの世界記録を出したい、そして日本選手権で良いタイムで泳ぎたいと思っています。結果を求める時には結果を出せる体調を作ってくれるサプリメントを取りたいです。

アミノフィールのお問合せは:
http://www.swimfastest.com/aminofeel.html

| | コメント (3) | トラックバック (0)

日本マスターズ短水路も2XUにお世話になります

5月8日に開催される日本マスターズ短水路福岡大会のエントリーを考えております。

100m平泳ぎは決まりなのですが、もう1種目を25m平泳ぎにしようか、50m平泳ぎにしようか迷い中。

50mにはいつも出てるし、短水路の50mは得意ではないので、あまり気乗りがしないんですが、過去にまだ1回しか泳いだことのない25mは普段とは違う刺激で楽しそうな半面、100mのレースの直前なので、もし100mでマスターズ世界記録樹立に挑むならあまりやりたくない・・・

かといって平泳ぎ以外の種目に出たいって気持ちは湧いてないんですよね。

あとちょっとで申し込みの締め切りなので、それまで悩もうと思います。

100m平泳ぎのレースに疲れを感じることなく臨めるような種目選別ってことを最優先に考えると思います。虚弱なもので複数のレースが立て続けにくると、個人種目の最後となる100m平泳ぎまでにはくたくたになっているので。

そんな虚弱な僕が、九州カップ以来、疲労軽減を目的に着用を始めた2XUのコンプレッションウェアですが、火の国マスターズではかなりその威力を発揮したと思います。

Ma1701a

愛用している2XUスイムリカバリー・コンプレッショントップは、僕がレースの合間に感じる腕や肩のだるさを軽減してくれました。スイムリカバリーだけあって、スイマー専用なんですが、胸の部分と背中の部分がメッシュになっていて、通気性も良く呼吸もしやすいです。

Ma1357b

また、下半身を保護してくれるエリート・コンプレッションタイツは、足のむくみやダルさを抑えてくれるので、2発目以降のレースを前にした招集所での倦怠感が無くなって、ポジティブな気持ちでレースに臨めました。

上の2つを着用すると、映画「トロン」のコスチュームみたいです(笑)トロン好きの僕は嫌いじゃないな!

Tron01

5月8日も2XUのコンプレッションウェアにお世話になりながら、良いタイムで泳げればとおもいます。

本当は・・・

個人的に泳速が最大に上がるまで3ストロークしなければいけない程どんくさいので、ターンする必要のない長水路でのレースの方が好きなんですよね・・・

長水路のマスターズ大会が待ち遠しい!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ライバル小嶋健司さんのブログに思ったこと

小嶋健司さんっていう平泳ぎを専門にするマスターズスイマーが岐阜を拠点に頑張ってます。

僕と同学年なんですが、ウエイトトレーニングをバリバリ頑張って、相当のマッチョです。

あの体にはかないません(笑)

彼は仲間と一緒に、少しでも速くなろうとお仕事をしながら頑張ってます。

仕事等、日々の生活の中で落ち込んだり、腹が立つことがあるんでしょうけど、彼のブログからはポジティブなエネルギーを感じて、笑わせてもらったり、励まされたりしながら、刺激にさせてもらってます。

小嶋健司さんのブログ

そんな小嶋さんのブログのコメントに、

そんな歳になって一生懸命頑張っても、もうこれ以上のタイムは望めない。痛々しいから問答無用で諦めろと言うのがあったそうです。

そんなことは言ってほしくないですね。

どんな歳になっても、目標を持って、達成のために一生懸命頑張るって素敵じゃないですか。

目標があるから、辛い時に頑張れる。目標があるから謙虚になれる。目標があるから心を豊かにできる。

目標は達成した時に自身が嬉しいなぁって思えるものであり、他人にその目標の高さや達成の可否を決められるものではない。

以前、僕はブログの中で競泳は選手としての相対的な価値がはっきり分かる厳しいスポーツであり、目標を安易に下方修正するものではないという趣旨の書き込みをしました。競技である以上、厳しさがあることは変わらないし、僕の競技に対する見方は今も変わっていません。

ただ、それはいわゆる現役といわれる、学生等、「水泳」の優先順位が非常に高く、今後の競技者としての価値が将来に影響する可能性があるスイマーについての心得を書いたことで、優先順位の頂点に「生活」があるマスターズスイマーになると、スイマーとしての価値を決めるのは周囲ではなく、スイマー自身になってくると考えています。

現役スイマーのビッグイベントは、オリンピック、世界選手権、JO、インカレ、インターハイ・・・等、いろいろあり、その結果の優劣は他との競争で決まってしまいます、だから日常的に自身のタイムや努力の量、技術を他と比較しなければなりません。

しかしながら、マスターズの我々は毎回の大会で、日々の練習の成果を見たいんです。ベスト記録を出して喜びたいんです。そして出る機会が与えられたのであれば、現役選手が全力でぶつかる日本選手権やジャパンオープンに出てみたいんです。年齢無差別でレベルの高い選手達とレースを楽しむ機会はそこしかないわけですし。

生活の中で、仕事以外の目標を持つことの楽しさや喜びは、マスターズスイマーにとって活力になるんです。

どんな歳になっても目標を持って、頑張ってるマスターズスイマーに「もう止めろ」なんて絶対に言ってほしくありません。我々が泳ぐのを止める時は我々自身で決めます。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

工夫は成功の母

ひのくにマスターズではもっと良いタイムで泳ぎたかったです。

タイムが出なかった理由として、技術面でいうと足の引きつけのタイミングが早過ぎたことと、キックの動作が安定しなかったことでしょうか。

いずれにしても、どんな時でも1.00秒台を安定して出せるようになりたいなぁ。

欲張りかもしれませんが、マスターズの欲と発想は自由なので(笑)

現在は30-34歳区分ですが、35歳-39歳のマスターズ世界記録が1.01.47なので、あともうちょっと今の状態を維持して、35歳になったらなるべく早く記録を達成したいと思ってます。それまで世界記録のハードルが高くならないことを期待!

いつこれ以上の衰えがきて、100mを泳ぎ切ることすらできなくなるかわかりませんからね(爆)

マスターズ大会での楽しみの1つとして、他のスイマーとの交流がありますが、昨日もいろいろな方と、いろいろな所で、いろいろな技術論を交わして、レースの間の時間を過ごしました。

意を決したように初対面で話しかけてくれる方、ジュニア時代からの後輩、練習会や講習会で知り合った方、みんな水泳好きなんだなぁとしみじみ思いました。

マスターズ水泳は一種の生涯学習なんでしょうね。

久留米でコーチをする水泳の後輩と平泳ぎの話をした時は熱くなりました。

主にリカバリーの際に僕が試みてるポイントを話したんですが、熱心に聞いてくれるので、熱心に話しました。

細かい所ですが、様々な所に連動して大きな変化を及ぼしてくれる、かなり面白いポイントだと思っているので、熱く聞いてくれて嬉しかったです。

少しでも速く楽に泳ごうとする技術は、泳げるか、泳げないかを左右するようなものではなく、そんなものは小さな違いだと仰る方も過去にいらっしゃいました。

小さな違いという意見を否定するわけではありませんが、個人的に泳ぎってのは糸で吊るされた人形のようなものだと思っていて、泳ぐ中、一部で小さな変化が起きれば、フォーム全体に様々な影響を及ぼすと思っています。一部で吊るしている糸の長さが変われば人形のバランスが変わるって感じでしょうか。

仕事でも水泳でも、1つの小さな工夫が大きな変化をもたらすと信じることができれば、良い結果が出せると考えます。

1つ1つの工夫が歯車になって成果を生む。

30代と水泳と仕事に対する信念です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ひのくにマスターズで尻丸出し

熊本のひのくにマスターズ大会に参加してました!

B40e3a17f38d6645a48a1024

加藤清正公の御膝元のアクアドームの短水路プールでの大会でしたが、やっぱり楽しかったです!!

たくさんの友人と会って、泳ぎの話や仕事の話をして、のんびりと流れる時間を楽しみました。リレーの引き継ぎ失格などを笑って話せるやさしいマスターズの雰囲気が好きです。

僕は50mと100mの平泳ぎに出場しましたが、

50m平泳ぎ: 29.41
100m平泳ぎ: 1.01.36 (28.69)

50m平泳ぎのタイムと100m平泳ぎの前半のタイムを比べた時に100mの前半の方が1秒くらい速かったのですが、50m平泳ぎは練習用水着で泳ぎました。なぜかというと、さっと履ける楽な水着が良かったからで・・・すいません、足が太いので着るのに時間がかかるスパッツ水着はちょっと面倒くさかったので、練習用の水着で泳ぎました(爆)

練習用の水着と言えば、朝のアップで古い練習用水着を着て泳いで、アップの最後としてスタートダッシュをして終えたわけですが、終わって悠々とロッカーに向かって歩いていたら、ある方が突然僕に

「替えの水着持ってますか?」

僕は「???」

するとその方が「水着破れてますよ・・・」

僕「!!」そして、尻のあたりを触る・・・「!!!!!」

結構大きく破れてる!!

ダメ押しに、後ろから友人の1人が「見ちゃった♪」

後で水着を見てみたらお尻の真ん中のつなぎ目のところが10cmぐらい裂けてました(涙)

その水着でスタートダッシュをしてたってことは、スタート台の上で尻丸出し。ついでにスタートの時は尻を突き出してますからね・・・

33歳にしてやっちっまった(爆)

ってな感じの試合でしたが、僕は熊本のマスターズと大会が好きですね。

なんか楽しい!

次はひのくにマスターズの長水路大会で熊本を訪れると思いますが、その時はマスターズ世界記録を出して場を盛り上げたいですね。

去年はマスターズ世界記録の副賞が白岳でしたが、今年は世界記録が出たら辛子蓮根だったら嬉しいな!


| | コメント (8) | トラックバック (0)

エンジョイスイマーですから

昨日は仕事の後、普段よりお世話になっている大橋スイミングプラザの選手コースの練習に参加させていただきました。

選手の方達は予定された全国ジュニアオリンピックが中止となり、モチベーションが若干下がってもおかしくないわけですが、真面目に黙々と練習しておりました。

10歳~16歳ぐらいの層の選手が集まる中で、33歳のおじさんが交じって泳ぐわけですが、みんなが真面目に泳ぐ中、心の中で「キチィ~、キチィ~」と泣いておりました。

日曜日にはひのくにマスターズもありますし、4月には浜松で長水路の試合もあるので、泳げる環境がある僕は、できる範囲で納得できる準備をして、良いタイムを目指して頑張ろうと思います。

震災のことはいつも考えてますが、これからの大会だとかを、~のために頑張るとか、~を元気にするとか、そんな大それたことは考えてません。僕が泳いだ結果で、100人分の毛布が被災地に届くとかなら話が別ですけど・・・

そんな大きな存在じゃないですから。ただのエンジョイスイマーですから。

少なくとも泳いでる時は、僕は僕自身のために泳いで、楽しんでこようと思ってます。

不謹慎だと仰る方がいらっしゃるかもしれませんが、これまでの生活を続ける中で、自然体でできる範囲のサポートをしようというのが僕のスタンスです。ご理解の程よろしくお願い致します。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

利他的行動には理念が不可欠

まるで東日本で起こったことが夢であるかのように、福岡には今日も穏やかな空気が流れております。

報道を通して垣間見る地震や津波の被害に合わわた方々や、福島の原子力発電所の件で避難を余儀なくされている方々の様子には大変心が痛みますし、一日本国民として何かできることがあればしたいと、僕も多くの方と同じように、思っております。

同時にこれまで世界各所で起きていた地震や事故の様子を見た際に、今ほどの感情を持てたかのかというと持てていませんでした。

東日本の地震を観ながら、今回の被災地はもちろん、ニュージーランド等の地震で被害を受けた日本人を含む全ての方へ、今更ではありますが、改めて哀悼しています。

ところで、日本全体がここまでショックを受けて、利他的行動を取ろうとする様子を初めて見たような気がします。

今国内で起きている支援に対する姿勢が一過性のものではなく継続してほしいし、自分自身も今後起こるかもしれない新たな試練に対して、今回と同じような感情が持てるような優しさを持っていられるようになっていたいと思います。

社会において共生するということを改めて考えさせられました。

日本赤十字社が東北関東大震災の専用口座を開設したようです。

以下抜粋です
日本赤十字社は14日より、東北地方太平洋沖地震の義援金受付の案内を開始した。郵便局・ゆうちょ銀行での受付は9月30日まで対応(振替手数料は免除)。クレジットカードやコンビニエンスストア、Pay-easyなどでも受け付けている。

また現在、同社は被害状況の把握や医師・看護師等による救護活動等を最優先に行っているため、現時点ではボランティアの受付を行っていない。しかし、防災ボランティアセンターの開設に向けて調整を進めており「現地の体制が整い次第、日本赤十字社のホームページ等でお知らせする予定」としている。

郵便局・ゆうちょ銀行の義援金窓口は以下の通り。

義援金窓口:郵便局・ゆうちょ銀行
口座記号番号:00140-8-507
口座加入者名:日本赤十字社 東北関東大震災義援金
(取り扱い期間:2011年9月30日まで)

日本赤十字社サイト:http://www.jrc.or.jp/

慈愛・博愛・同胞愛または慈善の精神に基づいて行われる公益的な活動は高潔でありますが、一般生活を営める我々が然るべき生活を行いながら無理のない形で行われるからこそ継続性が生まれると思いますし、また、

人々の良心に訴えかける活動が、自己顕示の手段や、社会的印象の向上を図る一種のキャンペーンと化してしまってほしくないなと切に願います。

結果的に利他的行動に見せかけた利己的行動がより大きな力になるのであれば、それも善なんでしょうけど・・・

個人的には、人を救おうとする行動には心が伴っていてほしいなぁと思ってます。


| | コメント (3) | トラックバック (0)

本を購入

今日は出先で本を買いました。

本と言ってもフレーズ集ですが。僕の人生哲学と重なるところがすごく多かったのでつい・・・

44
本田直之氏の「トリガーフレーズ」

この方はトライアスロンチームも運営されてるようです。

思い当たる節があったり、共感したものを3つ:

21
前向きな考え方だけじゃなく、前向きになれる前提のアクションが必要だそうです。

22
若いころ、通信表で5を取るために5の評定ギリギリまで勉強して、後をサボってたことを思い出しました。また、現役時代の日本選手権でも、国際大会代表になれる程度に頑張ろうって思ってた自分を重ね合わせてしまいました(笑)

23
これはまさに今の僕の水泳に対しての姿勢!

僕が書いたのかってぐらい共通点があってしまい笑ってしまいます。

方向性で迷ったりした時は目を通してやる気を出して頑張ろうと思います!


| | コメント (2) | トラックバック (0)

マスターズ合同練習会やりました

昨日は大橋スイミングプラザでマスターズの合同練習会を行いました。

P10101331

P10101271

1,500mから3,000m弱まで3種類の練習メニューを用意して、体調等を考慮して適当なものを行っていただきました。

僕がマスターズの練習をする中で重要視している点をお話しする形で、なるべくご参加下さったスイマーの1人1人と話をする時間を作ろうということに重点を置いてみました。

今回は沖縄からご参加下さった方もいらっしゃいましたが、最終的に他の参加者の方とのコミュニケーションを楽しまれていたようだったので嬉しかったです。水泳を通していろいろな所で活動するスイマーが集えることがマスターズの魅力だと思うし、僕はそれを最重要視しているので。

すごく楽しい時間を過ごすことができましたが、心の片隅で地震のことを考えていました。気持ちの焦点が定まってない変な感じが続いてます。

僕には個人として他を導く程の影響力がないので、今は個人的にできることをやろうと思います。

また、会社としてもできることを今考えている最中で、その実現の可否も含めて後で会議をすることになってます。

何かをすることになったら、またこのブログ上でお知らせしますね。

それじゃ今から献血行ってきます。

国内外からのたくさんの善意が、なるべくダイレクトに救いの手を必要な方々へ届きますように・・・

| | コメント (2) | トラックバック (0)

献血行こう

3月11日、12日と福岡国際会議場で行われた麻生塾主催の「お仕事スタジアム」で海外営業職とは何かということを高校生の方にお話する仕事をしてきました。

P10101251

今回は水泳ではなく、海外にビジネスパートナーを持ったり、彼らと一緒に仕事をする上で必要なスキルは何なのかを僕の思う範囲で話をしました。

P10101231
たくさんの職種のブース

P10101211
僕のブースの準備中

職種ごとにブースがあって、学生が興味のあるブースに座って話を聞くのですが、1日3000名の学生が訪れてたので、非常に嬉しかったですが、忙しかったです(汗)

僕の話がどれだけ役に立ったかは分かりませんが、夢見ている将来の自分の姿に、着実に近づけるように毎日できる努力をしてほしいと思います。

プレゼンをやっていて情報が全く入らなかったのですが、東日本の地震には戦慄を覚えました。被災地にいらっしゃる方のことを考えると胸が張り裂けそうになります。

ちっぽけな僕ですが、小さなことでも良いので、何か被害者の方にできることがないかを考えて動きたいと思います。とりあえず献血からしよう。

以下抜粋です:

東北地方太平洋沖地震に伴う献血のお願い!(緊急)
3月11日に発生した東北地方太平洋沖地震による影響で、3月12日現在、東北地方での献血を実施できなくなっています。
このため、九州地方から輸血用血液の支援を行います。
特に有効期限が4日間と短く、長期保存ができない『血小板成分献血」、及び『400mL献血』へのご協力をお願いします。

3月13日(日)は通常は定休日となっている
 献血ルーム 北天神          (福岡市中央区)
 福岡県北九州赤十字血液センター(北九州市八幡西区)
を緊急開設します。
 (受付時間はいずれも9:00~12:00 13:00~17:00)

 献血ルーム ハッピークロスイムズ(福岡市中央区)
 献血ルーム キャナルシティ    (福岡市博多区)
 献血ルーム 魚町銀天街      (北九州市小倉北区)
は通常どおり開設します。

助けが必要な方に手が差し伸べられるようにみんなでできることを考えたいですね。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

まいったね

ひのくにマスターズまであと10日程、そして日本選手権まで後4週間弱となりましたが、足は相変わらず痛いです。

そこにまた難問が・・・

来週から3月いっぱい現状の練習環境は使用できなくなるとのこと。

九州大学水泳部さんは来週から合宿に行くみたいですし、彼らが帰った後は九大の水泳部さんの練習拠点であるプールの使用ができないとのことで・・・

まいったね。

トータルワークアウトや市民プールを利用して泳ぐってのもオプションとしてはありますが、泳ぐって目的は達成できても、これから1カ月以内に出場する2つの大会までに現段階で納得ができる準備ってのはできないかなぁってのが正直な気持ちです。

何より道具を使っての練習ができないのは今の僕の練習方法では致命的なので・・・

どうしよっかな。

元々練習しないで大会に出てたので、昔に戻ったっていう気持ちで現状と向き合うのが一番良いのかなぁと思うのですが、掲げてる目標タイム等が、今の自分にとっては随分と高いハードルなので、複雑だ・・・

東京の、ATYスイミングや、フリースタイルでの練習など、競技志向の強いマスターズに向けた「大人の選手コース」のような物が福岡に存在ことを憂う今この瞬間です。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

英語はパズル!?

20259_888377322569_824728_5026626_2

昨日は仕事の後、親友のアレックスと会社の前で待ち合わせして、中州の名店(?)コットンフィールズへ。

世界600種以上のビールが飲めて、スペアリブやタコスが食べれるのでアメリカ人のアレックスと会うときはかなりの確率でここですね。

話す中で、アレックスから英語を20歳でアメリカに渡るまで知らなかった僕が、渡米までの準備と渡米してから
どうやって英語を勉強していったのかと、これから英語を勉強する場合の方法を聞かれました。

実は、僕がどうやって勉強したかはいろいろな方から質問されるんですが、特に変わったことをしてたつもりはありません。

ついでに僕は塾に通ったこともなければ、英会話教室に通ったこともない、学校での英語の成績が飛び抜けて良かったわけでもないんです。

ただ、中学校からの英語の授業の内容を記憶して、それを忘れなかったっていうのはあるかもしれません。僕は勉強をしなかったので、他の子が次から次に知識を詰め込んで、前に習ったことを忘れるのに対して、頭にずっと残って発酵しちゃったのかもしれません(笑)

ただ、正直中学校3年間の英語の教科書を読み直して、それを徹底的に記憶さえしてしてしまえば、間違いなく十分すぎる程の基礎ができると思います。

もちろん、英会話における単語を聞き分けるトレーニングは必要だと思いますが、短期語学研修や、それ叶わなければ映画のDVDなんかを英語字幕にしたり、字幕なしにして観たりすることである程度やれるでしょう。

また、英語での表現をトレーニングする際は、まずシンプルで短い表現から始めるのが良いでしょうね。例えば、

I ○○○ YOU

の間にたくさんの動詞を入れ替えることでこの文章を無限に使えるものにできるわけで、それを通して、英語ってのはジグソーパズルのピースを入れ替えなんだってことが無意識に分かってくるわけです。

実際にやって見ると・・・

I LIKE YOU (私は君が好きだ)
I RESPECT YOU (私は君を尊敬している)
I DISLIKE YOU (私はあなたを好きじゃない)
I DESPISE YOU (私はあなたを軽蔑する)
I ENVY YOU (私はあなたを羨ましく思う)
I NEED YOU (私はあなたを必要としている)
I CALL YOU (私はあなたを呼ぶ/電話する)
I OWE YOU (私はあなたに借りがある)

これをやり出すと本当にたくさん文章ができますが、肯定文、否定文、両方とも作れるし、非常にたくさんの感情や動作の表現ができます。そして動詞を過去形にするとほぼ2倍の表現が可能になります。

I ○○○ YOUの表現に慣れたら、今度はIT IS ○○○など、その他のシンプルな表現で同じことをやるんです。その作業を繰り返しているうちに、自身をかなり表現できるようになってくると思います。

風呂場だとか、湯船に浸かってのんびりしながらやれる簡単な英語のトレーニングですね(笑)

そうこうしていると段階を踏んで、WORD(語)がSENTENCE(一続きの文章)になり、SENTENCEが連結していくことでPARAGRAPH(段落)になっていくし、同時に1SENTENCEがより詳細に、長くなっていくと思います。

英語はインドヨーロッパ語族に属するので、日本語では説明のつきにくい表現等があるし、慣用句等、文化を反映している物もありますので、高みを目指すのであれば現地で生活するのが1番良いですが、上の方法だけでも仕事で使えるだけの英語力は備えられると思います。

英語はパズルみたいなものだと思います。無理をしなければ、楽しんで上達できるとはず!!


| | コメント (2) | トラックバック (0)

ミケランジェロにはなれんが

足が痛いと泣き言を言い続けても20日にひのくにマスターズ、4月初旬には日本選手権があるので、朝から泳いできました。

早朝から車を飛ばしてプールに行くのは至難の業なもので、今日もこんな感じの音楽をかけて移動・・・


「Radio Killed the Video Star」をベースにしてますね。かっこいい!

ざっと4,000mちょっとでしたが、しんどかったです。運動不足で(爆)

試合が控えているので平泳ぎのキックを少し打ちました。しかし、バタフライやクロールなどはさほど痛みを感じずけれたのですが、膝下の回旋運動が加わる平泳ぎではやっぱり痛んでしまったので、キックとコンビネーションスイムができませんでした。

昨日の理学療法士である栗木トレーナーの所に伺って、マラドーナ並みの「神の手」施術を受けたおかげで、痛めた当初に比べずっと楽にはなりましたが、まだまだ普通にはキックが打てないようです。

キックが打てない分、腹圧を高めながら上半身の動きの精度を上げるためにテック2フィンを装着した状態でバタ足を打って上体を安定させたところで、アンチパドルを着けて腕の軌道を入念にチェックするドリルをした後で、

アンチパドルをファルクラムパドルに切り替えて、テック2フィンでのドルフィンキックと平泳ぎのプルのコンビネーションと、バタ足での平泳ぎのフィンスイムを1本ずつ交互にやりました。

ところで、僕は練習で、

アンチパドル
テック2フィン
センターマウントシュノーケル
ファルクラムパドル
テック2フィン
そして、平泳ぎで膝を固定して回旋運動でキックができるようにするために使うニーエラスティック

15
これです


を良く使います。

道具の量が多いのか、多くないのか分かりませんが、1つのドリルに複数の道具を同時に用いたりなど、課題に合わせて使い分けます。

泳ぎは彫刻作品みたいなもので、納得する形にするにはいろいろな大きさや形状の彫刻刀を用いるって感じでしょうか(笑)

どんなに頑張ってもミケランジェロになれるとは思いませんが、ひのくにマスターズでも、日本選手権でも、泳ぎが駄作にならないよう、今の練習を丁寧にこなしたいですね。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

居心地の悪いところで成長しておけばよかった・・・

足の付け根に痛みを覚えた金曜日から、ちょっと運動を控えております。

足が痛いというのを言い訳にしたサボりではないかと一部で囁かれておりますが、そうです。サボりです(笑)

ただ、さすがに今日はトータルワークアウトで体を動かしたいと思います。日本選手権まで後少しですから、オジさんもオジさんなりの準備をやっとかないとですね。

そんなオジさんも、33歳。一般的に新卒と言われる方の年齢を11年過ぎておりますので、普通に会社にいればいわゆる中堅となる歳ですが・・・俺は成長してねー(涙)

大した実績も持たず長きにわたり水泳競技に没頭した結果、「水泳」から完全に離れた一般社会人になったのがずいぶん遅くなったのですが、止めた当時を振り返って競技歴が長ければ、長いほど、一般的な企業への適応が難しいんだろうなと思います。

っと言ってもイキがっていた当時の自分を振り返っての話なので、僕以外の誰に当てはまる話なのかは分かりませんが・・・

一般的に日本の水泳選手ってのは、幼少期から高校時代までをスイミングクラブに通いながら育っていくと思いますが、僕も例外に漏れず選手クラスになった小学校4年生あたりから高校3年生までずっと学校と、所属のスイミングクラブを主な生活の場としてました。

その中でJOで優勝したり、全中やインターハイでも優勝したりしてたもんですから、周りがすごくちやほやしてくれて居心地良かったですね。

それでそのまま大学に進学して、20歳でアメリカの大学に移って、運良く国際大会等に参加してもらうようになったので、ずっと居心地の良い選手生活を送ったわけですが、

ちやほやされた生活が長すぎて相当イキがってたように思います。

自分の力以上に力があると思ってたし、意見が違ったり、指導をしてくれる方がいらっしゃっても噛みついた狂犬みたいな人間でしたね。

そこで引退して、デスクワークを要求される仕事に就いて、これまで一般的に仕事をしていた方達と机を共にして仕事をするようなると、分かっちゃうんですよね。自分のできなさ加減が。

ついでに、できないくせしてアスリート気取りで同僚や上司に対して言いたいことを言い、腹を立ててました。

ジョン・マッケンローはテニスコートで審判に噛みつくから、パフォーマンスとして名物になれましたが、日常的な生活の中で感情を表に出してぶつかってたら、社会にとって有害ですよね。

僕はそんな感じだったと思います。

社会人としての生活を優先して、水泳を趣味として捉えている現在、水泳から得たものというのはいろいろあったと思いますが、その反面今でも他の社会人に比べ欠落している部分が多いと感じる毎日を送っています。

また、会社の代表として将来的にスタッフを雇うってことを考えた際、会社にとっても利益をもたらす人材を登用したいと考えるので、元水泳の日本代表でしたっていう肩書だけを振りかざしていた昔の自分を雇うかというと、完全にNOだと思います。

競技歴が長くなってしまい、トレーニングや遠征等で時間を奪われ、また他分野の方々との出会いが欠落していたため、「お山の大将」になってしまい、謙虚さを全く持っていなかった自分は、一般的な学生が成長している間に、仕事のできる社会人として大きな差が開いてしまったんだろうなぁと、あの時にこうしていたらのような後悔の念が襲ってきます。

最近、アスリートのセカンドキャリア支援の輪が大きくなり、制度も整いつつあるようですし、僕も夢の1つにアスリートのセカンドキャリアとして雇用先を創出したいというのがありますが、

ただ安易にアスリートが競技活動を止めた際に収入を確保するための企業斡旋みたいになってしまうと、雇い入れる企業にとって魅力ある話にはならないと思いますし、受け容れられるアスリートも、その環境や待遇のギャップに大きなストレスを感じてしまう可能性は否めないんではないかと思います。

もちろん僕のようなチャランポランがこの制度を利用した場合という前提の下に上記があるんですが・・・

僕は個人的な経験から、企業への就職を考え出す前のステージで、シーズンオフ中のインターンシップや、企業の方を招聘しての仕事に必要なスキル等、競技とは全く分野の違うことで備えるべきことを聞くチャンスってのがあったら良いんじゃないかなぁなんて思いますね。

厳しい社会を垣間見る中で、天狗の鼻を折られるような惨めな思いをですることがあったならば、僕はもう少しだけまともになれたんじゃないかと思います。

居心地の悪い場所での辛い経験、昔の僕には必要だったんでしょうね・・・


| | コメント (4) | トラックバック (1)

痛い~!

平泳ぎのキックを打っていて、右足の付け根を痛めてしまったようです(爆)

東京から帰って来て以来取り組んでいる新しい試みが上手くいってきていて、例えば37秒くらいのペースで50m平泳ぎを泳いだ時と同じ意識で泳いでも35秒くらいになったので、手ごたえを感じてたのでちょっとショック(涙)

九州大学の皆さんは週末に試合があるので調整で早く練習を切り上げたので、僕はそのあとに100mを8回板キックをしようと思ってたのですが、平泳ぎで泳いでも、クロールで泳いでも痛いので、プルブイを挟んで、ファルクラムパドルとシュノーケルを着けての100mを16回、1分30秒サークルでやった後に、プルブイを挟んでの平泳ぎのプルのドリルをやりました。

しかし、痛い~。マスターズで泳ぎだしてからは、背中以外は特に痛みを感じるようなことがなかったので、がっかりです。

Munch_scream001
やっちまったって感じです・・・

| | コメント (5) | トラックバック (0)

ふと思い出した恐怖の電話

今日は練習に行けませんでした。

寝坊したぁ~~(爆)

そんな時にふと思い出すのが、南カリフォルニア大学時代のお師匠。

Markschubert

学生時代、練習の集合は土曜日を除いて毎朝5時45分だったのですが、寝坊して、というか練習をサボるつもりで目覚まし止めてベッドに戻りたい時もあるんですよね。そして実際に戻ると6時頃電話が鳴るんです。出ると・・・

「Ryo, this is Mark. I need you at practice now.」(亮介、マークだ。今すぐ練習に来なさい)

キャーーーーーっと思いつつも、

「I am on my way...」(すぐ行きます)

と答え、歯を磨き、寝ぐせがついたまま練習へ。

申し訳なさそうにプールに到着すると、お師匠は笑顔で「おはよう、サイドのガーターでアップをして、~~の練習からチームに合流しなさい。」っといたって普通。

怒られるかと思いましたが、普通に対応されると、罪悪感が100倍に増幅することを学びました(笑)

アメリカのコーチにもいろいろな方がいらっしゃいますが、どのコーチにも共通して言えるのは、チームの規律を遵守する姿勢を選手に植え付けることですかね。

外国のチームは自由度が高いと思う日本人の選手の方もいらっしゃるかと思いますが、事前連絡なしの練習時間への遅刻や、チーム内のケンカ、サボりなんかは御法度です。

よって、シュバートコーチからの恐怖の電話がかかってくるんです。

ルールの範囲で与えられる自由を謳歌する。ルールを守らなかった者はチームからの追放を含め厳しく罰する。ある意味、日本よりも厳しいルールに対しての概念がそこにあるってことを学びましたね。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

新兵器

大会を100%の体調で乗り越えるための新兵器、2XU(ツータイムスユー)のコンプレッションウェアのトップが届きました!!

42

その名も「スイムリカバリー・コンプレッショントップ!!」

文字通りスイマ-のために設計されたモデルで、腕の加圧が通常よりも強くなっていて、背中は通気性の良いメッシュになっています。

そしてこのロゴ・・・

43

オーストラリア水泳連盟の公式サプライヤーの証明と、あのかつて皇帝ポポフも在籍したAISの公式パートナーの証明!!

以前も書きましたが、ドバイで行われた世界短水路選手権ではスウェーデンチームとアメリカチームの選手がレースとレースの合間に疲着用して、疲労回復を早めていたとのお話をお聞きしました!!

届いた瞬間、調子に乗って着用しましたが、デザインが映画「トロン」のコスチュームみたいでカッコいい!!

これで絶対良い結果を出してやる!!オヤジの意地を見せるけんね~!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

しっくりくる!?

泳いできました。

早朝に起きるのは正直ツライんですが、とにかくやるのみです!

日本短水路選手権を観て、技術的に試したいことがあったので、いつものフォームをちょっと変えて泳ぎました。いきなりの試みで、しっくりとくるまでにはまだ時間がかかると思いますが、ちょっと継続して自分のものにしたいです。

しっくりくる・・・感覚についての僕の意見を何回か書いたと思うんですが、感覚の良し悪しってのは本当に注意したいと思っています。

っというのは、スイマーが言う感覚というのは、日常的に練習する中で構築された泳ぎの枠内での違いで、練習会場の水温や水深、蓄積されている疲労等で日々変わりがちになると思うんです。

僕はその感覚が良ければ、良い結果に繋がるのかどうかを考えた場合に、必ずしもそうはならないと考えます。

これが直接的に僕の意見の根拠となる例になるかは分かりませんが、高速水着が席巻していた際、初めて着用する全身スーツやレーザーレーサーで泳いだ時に全ての方が感覚が良いと感じたわけでなく、むしろ窮屈で泳ぎにくいと考えた方も多かったのではないでしょうか。ちなみに僕も高速水着は最初の感触が悪かったタイプの人間でした。

でも、実際のタイムを測ると窮屈に感じてる方が速かったりする。

高速水着が選手の何を改善して速くしたのか詳しくは分かりませんが、もし水着の着用での姿勢補正が行われていたからであったら、今まで感覚が良かった泳ぎというのは、水の抵抗を受ける、いわゆる悪い姿勢を取って泳いでいる中で築き上げられていることになっちゃいますよね。

従って、感覚の良い泳ぎが必ずしも良い結果をもたらす泳ぎであるとは言えないと僕の中では結論付けているんです。

上で述べた「しっくりくる」ってのは、今日は1ストロークごとに意識しながら泳ぐので50mの平泳ぎをやっても途中から苦しくなったり疲れを感じたりしたのですが、反復練習を行って、最終的に余計な筋の緊張無しにリラックスした状態で意図している動きができるようになることを意味してます。

泳いだ感じの良し悪しが最終的にどうなるかよりも、少しでも楽に速く泳げる泳ぎを目指したいと思ってます。

感覚は自分のこれまでの積み重ねでしかなく、新しいことを試みて結果を出そうとする際には必ずしも良くなるものではない。なぜなら、それを体が記憶したことがないから・・・ってビジネスにも似てますね(笑)


| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »