« おじさんの平泳ぎ | トップページ | 日本選手権に向けて虎視眈々 »

疲れを残さないための新兵器

週末です!寝ぐせも直さずコンピューターを起動しております(笑)

九州カップから1週間が経ちますが、実はまだ体がしんどい・・・

血液検査をした時に、常時鉄分が不足しているという結果が出たので、そういったことも疲れやすさや疲れの取れなさに関係してるかもですね。

大会では2日目のレースで、疲労から1日目に比べ下半身の疲労が顕著に出て、その辺の疲労除去や疲労軽減が改善課題であると思い、課題克服のために、

Ma1357b

2XUのコンプレッションウェア!!

2XUは、オーストラリアの水泳の頭脳であるAIS(オーストラリア国立スポーツ研究所)とタイアップしていて、ドバイの世界短水路選手権では、アメリカチームとスウェーデンチームは支給品として選手全員がレース後に着用して決勝や次のレースに備えていたようです。

いろいろなコンプレッションウェアが市場に出回っているのでリサーチしましたが、その効果と、水泳という競技の中での実績と浸透度、耐久性、そしてネットに入れて洗濯機での洗浄可能ってところが良いですね。

僕もタイツをゲットして着てますが、超グッドです!!

九州カップ前から着とけば良かった・・・

現役時代からずっと考えていたことの1つに、水泳の選手の大会中の過ごし方ってのがあって、選手が水中ですごす時間はレースとアップを含めて、長くても2時間くらいだと思いますが、その間の陸上での休息の取り方へのアプローチの方法って結構大事だと思うんですよね。

朝の予選で軽く泳いだにも関わらず、夕方の決勝の時には体がダルくて足や肩が張ってたり、疲労感を覚えてたりしてたんです。

歳を取って、1日に複数回のレースを行うと現役の頃以上に疲労感があるし、実際にキックを打っていても予選に比べて決勝の方が動きが鈍くなってます。

そこで、現在アミノフィールを服用して、うちの会社で販売させていただいたいていますし、今後はコンプレッションウェアを用いて、自分自身の疲労回復能力を高めることをやっていきたいし、ワンダーイヤーズという会社としても、マスターズ大会や現役の方の大会中の疲労軽減を1つのテーマとして、サービスとして提供できる物を作っていきたいと思っています。

レースの前に疲れを感じないことや、レースが終わった次の日に仕事をしていても疲れを感じないこと、現役選手にとっても、マスターズスイマーにとっても大事なことですよね!


|

« おじさんの平泳ぎ | トップページ | 日本選手権に向けて虎視眈々 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/91985/38930641

この記事へのトラックバック一覧です: 疲れを残さないための新兵器:

« おじさんの平泳ぎ | トップページ | 日本選手権に向けて虎視眈々 »