« 太陽 | トップページ | 九州カップまであと僅か »

失敗人生からのアドバイス

ある目的のために、これから少し鼻栓を着けて練習をしたいと思い、トータルワークアウトで少し泳いだ後、鼻栓を買いに行ってきました。

九州カップまであまり時間がありませんが、楽しみながら自分を実験台にいろいろなことを試したいと思います。

思えば来週の今日は九州カップ1日目です。アミノフィールを飲んでBCAAを上手く補給して、予選と決勝の2本を失敗のないよう泳ぎたいですね。

しかし、土曜日はすごく毎週すごく眠くなります。月曜日から金曜日までかなり全力で突っ走るので、肉体的にも精神的にも休息を求めるのかな。

独立するってことはしんどいことだと改めて実感するのが土曜日なのかもしれません。

ところで、独立するってことは属してる組織を飛び出して、後ろ盾を無くすってことなんですよね。正直独立する時に、独立がどういうことなのかを分かっていなかったような気がします。

今日鼻栓を買いに行った帰りに、偶然友人の1人と会いました。

彼は現在社会人2年目なのですが、彼が会社に入る前に思い描いていた理想と、会社で働き出して実際に送る毎日のギャップに悩み、ストレス過多を原因に会社を辞めようか相談されました。

他にも多くの方の意見を聞いていたようなんですが、その時に僕は彼に辞めない方が良いというアドバイスをしました。

独立した僕が、彼に組織を飛び出すなと言ったのは、彼にとって不思議だったのかもしれませんが、

「理想と違う今の生活に耐えられないだとか、漠然とした夢があるからとりあえず辞めてから考える」という気持ちが先行して組織を飛び出した後ってのは、組織で葛藤していた時以上に厳しいってのを身を持って経験していたので、その時の彼には思い止まるよう勧めました。

その彼と会い、近況を聞くと、会社から少し休みをもらって、カウンセリングを受けたりすることで、現場復帰を果たし、少なくとも今は頑張れているとのことでした。

自分の人生では間違いばかり起こしている自分ですが、彼に相談された時に辞めるなとアドバイスしたことは正解だったんではないかと、彼を見て少し思えました。

僕は早稲田大学にしばらく通って、南カリフォルニア大学に移って卒業して、東京でサラリーマンを少しやった後に、福岡に帰ってきて、最終的に今の会社をやっているわけですが、人生設計としては決して堅実ではありませんでしたし、今でも成功だとは言えないです。

早稲田大学からUSCに移ることでご迷惑をおかけした方、失望させた方も多かったですし、USCに入る際も英語が今ほどできたわけでないし、東京でのサラリーマン生活を我慢して続けていられてたら、今頃もっと良い生活をしてたかもしれません。

挑戦ってのは、成功すればすごく称賛を受けることがある物なのですが、失敗も多いものであり、常にリスクを背負うってことを思い知った人生です。

もちろん、ここまでの人生に後悔なんてありませんが、「たら、れば」ってのが時々頭を過ります。

ここで僕が言いたいのは、挑戦をするなら限りなく勝算を高められるように事前に動くべきってことです。

会社を辞める時に、会社を辞めたいから辞めるのではなく、その後にやりたいことを明確にしておいた方が間違いなく後で辛い思いをしないし、そのやりたいことが会社を辞める価値のあることかどうかをしっかり考えて判断を下せば、次に何をすべきかが見えやすい。

「勝負をする前に勝算を高めるシミュレーションと準備を。」 これが失敗人生からのアドバイスです。

|

« 太陽 | トップページ | 九州カップまであと僅か »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/91985/38752271

この記事へのトラックバック一覧です: 失敗人生からのアドバイス:

« 太陽 | トップページ | 九州カップまであと僅か »