« 楽に速く泳ぐために考えること | トップページ | 憧れ »

母校のプライド

九州カップの2日目は、1日目の2レースから極度の疲労を感じてました。

33歳にもなって、社会人をやりながら、空いた時間に泳いでるくらいですから当たり前か(爆)

もちろんアミノフィール等を摂取したり、全身に湿布を貼ったりして、破壊した筋肉の回復を図りましたが、やっぱりきつかったです。

しんどい体でも100mで掲げていた目標を達成したいという思いがあり、朝どうしようかを考えましたが、

一番気持ちを高めてくれる、ALMA MATERのジャージを着て乗り越えようと思いました。

ALMA MATER(アルマ・マーター)は日本語で母校って意味で、僕の母校は南カリフォルニア大学(USC)です。

32
前面

31
裏面

僕が在籍していた頃のジャージですので、今ではモデルチェンジされていて、手元にあるのはある意味ビンテージですが(笑)、僕にとっては着ているだけで勇気が湧いてくるジャージです。

競技者として最盛期を迎えていた頃の、厳しいけれど楽しかった練習、時々怖いけれど尊敬していたコーチングスタッフ、重くて温かいチームの伝統、歴史に名を残す先輩方、そして家族のように居心地の良かったチームメート達との時間・・・

それらの全てが凝縮した、母校のプライドという霊力をまとうジャージ・・・

今回もお世話になりました。

卒業して10年程経った今でも、プライドを感じることができる素敵なチームに所属できたことは本当に光栄です。

USCのマスコットはトロイの戦士で、

Usc
これ

在校生、卒業生のキャッチフレーズは

FIGHT ON! (ファイトオン=諦めないで戦い続けるの意)です。

だから、今も僕は、どんなことに挑戦するときも[[FIGHT ON!」です!!

|

« 楽に速く泳ぐために考えること | トップページ | 憧れ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/91985/38883024

この記事へのトラックバック一覧です: 母校のプライド:

« 楽に速く泳ぐために考えること | トップページ | 憧れ »