« 大会は一番の練習会場ですね | トップページ | テック2フィンのサイトがアップされました »

平泳ぎの前半と後半を僕なりに考えてみました

先日の冬季短水路大会を観に行った時に、南カリフォルニアのチームの視察から帰国されたばかりのきらら山口の小島毅コーチがいらっしゃったので、いろいろお話しを聞かせていただきました。

特に母校のUSCの話をたくさん教えていただいたのですが、僕のコーチであったシュバートから現コーチのサロに体制が変わってからは、全く別のチームになっているようですね。

トレーニングそのものがこれまで僕が体験したり見たりしたものとは大きく違う、斬新なものであったようです。

決まった距離をいかに速く泳いで電光掲示板を止めるかというのが競泳ですが、大会までのトレーニング過程はコーチによって大きく変わるんだろうなぁと考えさせられました。

話しは変わって、今日九州大学水泳部の選手達と話をしていて、平泳ぎのペースについて僕なりに考える所がありました。

現役、マスターズに関係なく、競技会に出る選手達はみんな少しでも良いタイムで泳ごうと頑張りますが、男子の平泳ぎって、100mだったらトップスイマーでも前半のラップタイムと後半のラップタイムで(個人差は若干ありますが)2秒違うんですよね。例えば北島康介選手が北京五輪で優勝した時のタイムは58秒91でしたけど、確か前半は28秒0だったと思います。

後半を30秒で帰ってくる北島選手は驚異的だと思いますが、北島選手でも後半は前半のタイムから2秒ほど遅くなる訳ですから、僕を含めた多くのスイマーが前半のタイムと後半のタイムにある程度の開きがあります。

当たり前の話なんですが(笑)

でも、いろいろと試合に出てたり、練習をやってると段々と自分の前半と後半のタイムのギャップの現状ってのがある程度分かってくるんですよね。そうなると、仮に目標タイムの設定をした時に前半何秒で泳がないといけないかってのが見えてきます。

また、前半と後半のタイムのギャップを、どうやって小さくしていけるんだろうと、その強化のための練習方法や、泳ぎを考える指標にもなってくると思います。

また200mだと最近の選手は最初の50mから次を2秒落ち、100~150mが2秒落ち、そしてラストも2から3秒落ちって感じでまとめる感じなのかな。

となると仮に目標タイムがある場合はクリアするために最初の50mのタイムが何秒であるべきかってのが分かってくるのかなぁと思います。

もちろんこれは持論ですから、一般的には人それぞれだというのが正解でしょう。

僕が上に書いてるのは、今日の学生さん達が目標のタイムは持ってるんだけど、それを達成するために過程となるスプリットタイムに対してあまりピンと来てなかったようだったので、同じように途中のラップタイムをどう考えようか迷っている方々への、僕の経験をベースにした、僕なりのラップタイムに対する考え方のアドバイスです。

レースの時に「頑張って下さい!」っと声をかけることはたくさんあるのですが、前半から力んで思い切り泳いで後半疲れてしまったりする方や、距離に対する不安から前半ゆっくり泳いで、後半ペースが上がらず力を出し切れなかったって方がこれまでいらっしゃったもんですからちょっと書いてみました。


|

« 大会は一番の練習会場ですね | トップページ | テック2フィンのサイトがアップされました »

コメント

僕、6秒落ちでした(汗)

投稿: SM | 2010年12月13日 (月) 16時21分

私が常々選手たちに「頭を使って泳げ!」と言っているのはその部分です。だから目標タイムを設定させるときも必ずラップタイムまで出させます!

仮にデタラメなラップタイムでも、ちびっ子スイマーにとっては考えることが大事だし、じゃあココでこの目標タイムやラップを刻むためには、この練習では少なくともこのタイムでまとめないと厳しいよ~なんて話が出来ます。

そして、その話をベースに普段の練習メニューで、今日はこの距離を泳ぐ時のこの部分の練習だから○○ちゃんだったらこのタイムが目標になるよね!と言うぐあいに、日々のトレーニングのモチベーションづくりにしております( ̄▽ ̄)

長々とコメントしちゃいましたが、またボンバーズの面々に刺激を入れに来て下さいね!

投稿: tets | 2010年12月13日 (月) 16時39分

こんにちは。
今回のコナマス、1フリは見事に配分誤りでした。
というか、イメージと実際のレース内容がかみ合いませんでした。
当日よりその2日前の練習の感触が良かったので「この調子で」と思っていたんですがcoldsweats01

この1本に合わせるって、なかなか難しいですね。

投稿: あだ | 2010年12月13日 (月) 19時09分

SMさん、

6秒落ちがSMさんにとってどういう意味だったのかを考えれば課題や収穫が見えますよね!頑張って下さい。

tetsさん、

幼少期からある程度スプリットタイムに対しての意識を持って練習しておけば、ある程度落ち着いてレースに臨めるし、全中やJOを目指す年齢になった時に課題等が見えやすいですよね!また伺います。その時はよろしくおねがいします(^^)

あださん、

コナマスお疲れ様でした!この1本に合わせるってのは現役の選手なら、1本に合わせられる練習をしてないと難しいんですよ!マスターズでは練習時間や練習の種類に違いはありますが、自主練の中で合わせるための練習を見つけて下さい!

投稿: 今井亮介 | 2010年12月14日 (火) 10時56分

僕はいつも前半で飛ばしすぎて後半に乳酸地獄に
、 基礎能力を上げるのが先決だと思いました。
50mブレスト一度40秒を切りたいです。

投稿: トオル | 2010年12月14日 (火) 23時39分

トオルさん、

短水路の50mできつくなるのは技術で改善できると思いますよ!熊本で一度ちゃんと見てみますね!!多分アドバイスできることがあると思うので(^^)

投稿: 今井亮介 | 2010年12月15日 (水) 16時26分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/91985/38065333

この記事へのトラックバック一覧です: 平泳ぎの前半と後半を僕なりに考えてみました:

« 大会は一番の練習会場ですね | トップページ | テック2フィンのサイトがアップされました »