« 別府の温泉プールで爆泳! | トップページ | ランとスイムのクロススポーツ会合! »

最初で最後の龍馬伝

NHKの龍馬伝、今日が最終回でしたよね。

実は最終回の今日、初めて龍馬伝を観たのですが、私利私欲が渦巻く世の中で、死の恐怖と対峙しながら、国家のために尽力する情熱がすごく伝わってきました。

大政奉還によって存在価値を見いだせない佐幕派の武士や、精力的に日々活動を続ける龍馬に嫉妬する者、変化を理解しないもの、嫌う者等、それぞれの立場で、それぞれの主張するわけですから、敵対する者が多く、身の危険を常に感じていたのでしょうが、それでも信じる正義と未来に邁進する。

その正義や未来が間違っているのであれば恐ろしいことですが、

僕は坂本龍馬に対しての知識を全く持っていないのですが、龍馬やその友人のパワーってのは凄まじかったのだろうと想像できますし、何か憧れますね。

いかなる形であれ、安定している世に変化が起きるときは、血生臭い対立があるのでしょうか。

中国、ロシア、アメリカ、韓国、北朝鮮、そして日本が外交諸問題で衝突し、これまでの安定は崩壊しつつあるように個人的に思えるのですが、坂本龍馬が現代に存在したらどう動こうとしたのだろうか…また、現代に生きる私たちはどう行動すべきなのか・・・いろいろ考えてしまいます。

また、若干話が変わりますが、ワンダーイヤーズや僕がマスターズで活動することに対して、色々な思惑があるんでしょうけれども、ワンダーファミリー、ワンダーイヤーズの活動を支持してくれる人々、そして僕が信じている「こうなったらマスターズってもっと盛り上がって楽しい(もちろん他の人に迷惑をかけない範囲ですが…)」を臆することなく実践するだけのエネルギーを、僕自身が持ち合わせてないとなぁと思いますね。

|

« 別府の温泉プールで爆泳! | トップページ | ランとスイムのクロススポーツ会合! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/91985/37881987

この記事へのトラックバック一覧です: 最初で最後の龍馬伝:

« 別府の温泉プールで爆泳! | トップページ | ランとスイムのクロススポーツ会合! »