« 無常観 | トップページ | 城南市民プールで練習会やりました »

満足のいくパフォーマンスのために

先日2回連続で平泳ぎに対する僕の考えるポイントを書きましたが、思いがけず多くの方から喜んでいただけたようで嬉しいです。

平泳ぎは滑って進むもんだ

平泳ぎは滑って進むもんだ2 キック編

長々と書いてしまったので、なんだか気を付けることが多い種目なんだなって思った方もいらっしゃるかもしれませんが、ポイントはあくまで数点です。

また、1つの動きが矯正されることで、連動して他の動きや全体のバランスがよくなる傾向がありますので、挙げたポイントってのは歯車であると考えて良いでしょう。

1つ1つの動きについてかなり細かくこだわるのではなく、最も意識すべきはストリームラインを取る姿勢とタイミングであるので、うまく水に乗るための技術だと思っていただくのが一番良いと思います。

2つの記述後、呼吸をする時の頭の上げ方やインスイープの際の意識など、ご質問やご指摘を受けましたが、

実際には僕はそのどれも気にして泳いでいません。

頭に関しては、呼吸する時もストリームラインを取っている時も目線を一定に保つよう努力しているので全く動かそうとしてませんし、

インスイープ中は意識して胸の前に水を持ってこようと大胸筋が緊張してしまうとリカバリー動作そのものが遅くなってしまうし、余計なエネルギーを使ってしまいます(平泳ぎでは背中を使って泳いでいる意識です。他はなるべくリラックス)

日々の練習でいろいろ考えるところはあると思いますが、前途のように1つ1つの留意点は連続運動の中で歯車です。特定の動きについてあまり深く考え過ぎてはいけません。全体の動きのバランスを良くするための歯車ですから、こだわり過ぎてバランスが崩れてしまっては本末転倒です(僕はそれで5年もベストが出ませんでした)。

そして、レース当日はアップの際に全体の微調整を行いますが、レースではフォームに対する意識を極力しないで、レースそのものに集中するってのが一番の形だと思います。

要するに準備ってのはレース前に終了していなければ準備じゃないってことでです(笑)

レースを旅行だとすれば、それまでの荷造りは出発する前にしなければいけないし、やり残したことは忘れ物ってことになっちゃって快適な旅行の妨げになるってこと所ですかね。

準備段階でバランスを重んじて本番ではなるべくシンプルに。

これが僕が思う良いパフォーマンスのこつです。


もしよろしければひと押しお願いします!

にほんブログ村 その他スポーツブログ 水泳へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ


|

« 無常観 | トップページ | 城南市民プールで練習会やりました »

コメント

旅先に向かう途中に忘れ物に気付くタイプです(爆)
しかし、旅先でどうにかすればいいや、と開き直るタイプでもあります(笑)
例えです( ̄ー ̄)

投稿: あだ | 2010年9月25日 (土) 22時49分

あださん、

忘れ物は無い方が良いですよ(笑)これからは準備を頑張りましょう!!

投稿: 今井亮介 | 2010年9月26日 (日) 23時39分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/91985/36899516

この記事へのトラックバック一覧です: 満足のいくパフォーマンスのために:

« 無常観 | トップページ | 城南市民プールで練習会やりました »