« 全九州マスターズはリレーメンバーの頑張りが印象的でした | トップページ | 10月のワールドカップ東京大会への参加 »

今年のマスターズ大会での成績に満足!

全九州マスターズから2日。

僕にとってのマスターズシーズンが終わった感があり、今年も我ながら良く頑張ったと思ってます。

思えば、去年高速水着で短水路と長水路の世界記録を作ったところで、水着の規制問題に直面し、スパッツ型の水着でタイムが出せるのかという若干の不安がありました。

しかし、去年2月のジャパンオープンからの結果、タイムも順位も高速水着を着ていた頃以上に良かったので非常に嬉しかったですね。

特に水着の恩恵を受けてベストタイムを上げていた現役選手のタイムが今年落ちたこともあり、相対的な順位が上がったことはちょっと不思議な感じです。

去年と今年を比較して僕が結果を出せた要因はいくつかあると思いますが、

泳ぎがうまくなったこと。

これが一番だったと思います。現日本代表の立石諒選手から、彼が普段の取り組みで心がけているところを聞いて、それを自分なりに噛み砕いて技術の向上ができたおかげで、去年以上に楽に速く泳げてます。

それに関連しますが、僕の会社が日本総代理店を務めるストロークマックスアンチパドルを、日常の練習や大会中のアップで使うことができ、動作効率が飛躍的に上げることができています。

ストロークマックスアンチパドルは、立石選手にも使用していただいてますが、平泳ぎをより速く泳ぐための動作の効率をより高める上で非常に貢献してくれているなっというのが率直な感想です。

また、船のような形状をしたアンチパドルの類のコンセプトそのものを考案した、ハンガリー人であるアグ氏の最新のアンチパドルのモデルで、

世界中のどのアンチパドル類よりも軽く操作しやすいことも、動作が複雑な平泳ぎには適しているのではと思いますし、僕の練習や試合前の準備に置いて欠かせないものになっています。

P1000016
先月のヨーロッパ選手権でもストロークマックスは多くのスイマーのウォームアップに使用されてました。

また、水着の性能もスパッツとは思えないほど格段に上がっていることも要因の1つだと思います。

僕はミズノのRXを履いて今年の大会で泳いでいますが、ウエストの位置が水面に非常に高くなるようデザインされているため、ストリームラインが以前以上に取りやすいんですよね。

本当にお世話になってます(笑)

今週末は日本スポーツマスターズ大会があったり、首都圏ではたくさんの試合がまだ開催されると思いますが、僕も皆さんに負けないように来年のマスターズ大会への準備をしていきたいと思います!


もしよろしければひと押しお願いします!

にほんブログ村 その他スポーツブログ 水泳へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

|

« 全九州マスターズはリレーメンバーの頑張りが印象的でした | トップページ | 10月のワールドカップ東京大会への参加 »

コメント

遅れましたが お疲れ様でした!!
今年は今井さんのブレ以外の泳ぎも見れ、ポテンシャルの高さを感じ、感動しました。
4泳法全てトップレベルに近いのはさすがです。
僕も向上心を無くさず頑張ろうと思います!

投稿: トオル | 2010年9月15日 (水) 07時19分

おはようございます。
そして25m平泳ぎの日本記録樹立おめでとうございますshine

また、男子リレーがWYチームのお隣だったのもあり、今井さんのクロールを見ましたが、やはりダイナミックで迫力がありますね〜up


そろそろワタシたちも水着の規制が来年から全面的に厳しくなるわけですから、しっかり地力をつけていきたいと思いますpunch

投稿: あだ | 2010年9月15日 (水) 07時57分

トオルさん、

ありがとうございます!もともと僕は個人メドレーの選手だったので、基本的になんでも泳ぎます。でも最近は平泳ぎ以外の動きをすると体がついていきません(爆)
お互い向上心を持って頑張りましょう!

あださん、

ありがとうございます!
クロール等別の泳ぎでレースに臨む時は、勉強した理論や持論を試しながら泳いでます。ちょっと汚く見えてしまうかもしれませんが、今の技術の主流を実践してるってことでご容赦ください(笑)

投稿: 今井亮介 | 2010年9月15日 (水) 11時27分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/91985/36730505

この記事へのトラックバック一覧です: 今年のマスターズ大会での成績に満足!:

« 全九州マスターズはリレーメンバーの頑張りが印象的でした | トップページ | 10月のワールドカップ東京大会への参加 »