« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »

気分転換

昨日は友人のアレックスと西新のお好み焼店あじさわへ行ってきました。

3010611v

お互いの家が割と近いところにあるというのもあり、アレックスと会うときは、かなりの確率であじさわになります。

福岡県庁で勤める彼も出張等で忙しいので、2カ月ぶりに会いましたが、楽しかったですね。

話すことは政治、経済、仕事…っと水泳は皆無ですが、それも楽しい(笑)

20259_888377322569_824728_50266266_
おっさんのようなアレックスですが、まだまだ若いです。NY出身で名門ジョージタウン大卒!


久々の再会を祝してブルックリンラガーで乾杯しようとしましたが…ないので生ビールになりました(爆)

1杯でフラフラになるほどアルコール耐性がない僕の体は情けないことも再認識。

良い気分転換をさせてもらいました!


もしよろしければひと押しお願いします!

にほんブログ村 その他スポーツブログ 水泳へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ


| | コメント (4) | トラックバック (0)

ありがとうございます

昨日のブログ書き込み「心に風が吹かない」に、思いがけずたくさんのマスターズスイマーの方から励ましのコメントやメッセージをいただきました。

本当にありがとうございます。

いろんな言葉で飾らないで、ただ本当にありがとうです。

感激したときは言葉がシンプルになります。

いただいたコメント等に目を通しながら、講習会や練習会を開催している僕の方が皆さんからポジティブなエネルギーをもらえてることを改めて実感しました。

マスターズも水泳も素敵だなぁ…

ただ、同時にメッセージの中に同じ心境になってたりするっておっしゃった方も多くて、やる気全開でバリバリやっているスイマーの傍らで、モチベーション維持に苦しんでいるスイマーも多いのが現状なのかなって考えたりして。

時期的なものもあるんでしょうけど、恋愛でいう倦怠期みたいなものなんでしょうかね?

水泳倦怠期(爆)


モチベーションアップへの良いアプローチ…ないのかなぁ???

もしよろしければひと押しお願いします!

にほんブログ村 その他スポーツブログ 水泳へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

| | コメント (3) | トラックバック (0)

心に風が吹かない

マスターズで楽しく泳いでいらっしゃる皆さんにご拝読頂いているようなので、普段はなるべくネガティブな気持ちを表現しないようにと思っているのですが、

すみません、どうにも頑張って泳ごうという気持ちになれてないんです(爆)

全九州マスターズに出場して以来、土曜日の城南市民プールでの練習会が初のプールで、そこでも実際に泳いだ距離は50m。昨日はコナミ城南でボディコンバットの後にプールに行きましたが、200m。

ボディコンバットでは運動不足を再認識する地獄のきつさでした。

1カ月あまりでワールドカップもあるし、体型維持のためにも運動しなきゃと自分を奮い立たせてみてはいるのですが…だめです。

練習会や講習会でマスターズの方と一緒に話したり、泳いだりしているときは気持ちが上がるのですが、1人になると全くダメですね。

現役ではないので、1日を水泳中心に過ごすことはできなくて当たり前なんですが、プールやトレーニングに足を運べない…

他のマスターズスイマーの方もこんな気分になるのかな?

また心に風が吹いて、元気とやる気がみなぎるのを祈ろう。


もしよろしければひと押しお願いします!

にほんブログ村 その他スポーツブログ 水泳へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

| | コメント (18) | トラックバック (0)

地元密着が熱い!!

福岡ソフトバンクホークスが見事今年のパシフィックリーグ王者となりました!

Img_sbc_01

まだクライマックスシリーズは残ってますが、チームとしては7年ぶり、ソフトバンクになってからは初めてのリーグ制覇で福岡県民としては嬉しい限りです。

ところで、プロ野球も、Jリーグも地元密着がマネージメントの成功に繋がっているようです。

「地域でチームを育てようという気になる」だとか、「選手を身近に感じられる」など、郷土愛と入り混じった家族的感情が声援に繋がっているのではないでしょうか。

僕の会社やマスターズチームは上の2球団なんかには遠く及びませんが、地域の方に認められる存在になることを目指しています。

「福岡から世界へ…ワンダーイヤーズはやらんといかんばい。」の精神で日々張り切っております!!

「会えない遠くの有名人よりも、いつでも会える身近な存在」…これがワンダーイヤーズのスタンスです(笑)


もしよろしければひと押しお願いします!

にほんブログ村 その他スポーツブログ 水泳へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

城南市民プールで練習会やりました

昨日は福岡市立城南市民プールで、有志の方の練習会に講師としてお招きいただきました。

いつもは各自の所属で練習されていらっしゃる皆さんに、ちょっと選手コースに入った気分になってもらおうと、練習に緩急をつけてみました。


9月25日

SWIM 4 X 100 ON 2'00 FREE
SWIM 4 X 50 ON 1'15 IMO

2 ROUNDS OF:
KICK 2 X 50 ON 1'30 DRILL
KICK 2 X 25 ON 1'00 1ST FAST 2ND EASY (NO BOARD: UW IF YOU PREFER)

3 ROUNDS OF:
PULL 1 X 50 ON 1'30 DRILL (25 SCULLING/25 DRILL OF YOUR CHOICE)
PULL 2 X 25 ON 1'00 ODDS FAST EVENS EASY (HEAD UP IF NECESSARY)

BREAK

4 ROUNDS OF:
SWIM 1 X 50 ON 1'30 S1 GOOD TECHNIQUE
1 X 25 ON 1'00 EASY

BREAK

4 ROUNDS OF:
SWIM 1 X 25 ON 1'00 BUILD TO FAST (LAST 4 CYCLES MUST BE THE FASTEST)
SWIM 1 X 25 ON 1'00 FIRST 3 CYCLES FAST
SWIM 1 X 50 ON 1'15 EASY
SWIM 1 X 50 ON 2'00 RACE PACE


SWIM 2 X 100 ON 2'30 ODDS S1DPS EVENS FREE

TOTAL 2300M

っと、ありますが若干変更しとります(笑)

普段とは違う練習をやったので、若干きつく感じた方もいらっしゃったかと思いますが、何か参考になることがあってほしいです。

僕も楽しかった…

またこんな機会があったら素敵だな。


もしよろしければひと押しお願いします!

にほんブログ村 その他スポーツブログ 水泳へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

満足のいくパフォーマンスのために

先日2回連続で平泳ぎに対する僕の考えるポイントを書きましたが、思いがけず多くの方から喜んでいただけたようで嬉しいです。

平泳ぎは滑って進むもんだ

平泳ぎは滑って進むもんだ2 キック編

長々と書いてしまったので、なんだか気を付けることが多い種目なんだなって思った方もいらっしゃるかもしれませんが、ポイントはあくまで数点です。

また、1つの動きが矯正されることで、連動して他の動きや全体のバランスがよくなる傾向がありますので、挙げたポイントってのは歯車であると考えて良いでしょう。

1つ1つの動きについてかなり細かくこだわるのではなく、最も意識すべきはストリームラインを取る姿勢とタイミングであるので、うまく水に乗るための技術だと思っていただくのが一番良いと思います。

2つの記述後、呼吸をする時の頭の上げ方やインスイープの際の意識など、ご質問やご指摘を受けましたが、

実際には僕はそのどれも気にして泳いでいません。

頭に関しては、呼吸する時もストリームラインを取っている時も目線を一定に保つよう努力しているので全く動かそうとしてませんし、

インスイープ中は意識して胸の前に水を持ってこようと大胸筋が緊張してしまうとリカバリー動作そのものが遅くなってしまうし、余計なエネルギーを使ってしまいます(平泳ぎでは背中を使って泳いでいる意識です。他はなるべくリラックス)

日々の練習でいろいろ考えるところはあると思いますが、前途のように1つ1つの留意点は連続運動の中で歯車です。特定の動きについてあまり深く考え過ぎてはいけません。全体の動きのバランスを良くするための歯車ですから、こだわり過ぎてバランスが崩れてしまっては本末転倒です(僕はそれで5年もベストが出ませんでした)。

そして、レース当日はアップの際に全体の微調整を行いますが、レースではフォームに対する意識を極力しないで、レースそのものに集中するってのが一番の形だと思います。

要するに準備ってのはレース前に終了していなければ準備じゃないってことでです(笑)

レースを旅行だとすれば、それまでの荷造りは出発する前にしなければいけないし、やり残したことは忘れ物ってことになっちゃって快適な旅行の妨げになるってこと所ですかね。

準備段階でバランスを重んじて本番ではなるべくシンプルに。

これが僕が思う良いパフォーマンスのこつです。


もしよろしければひと押しお願いします!

にほんブログ村 その他スポーツブログ 水泳へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ


| | コメント (2) | トラックバック (0)

無常観

祇園精舎の鐘の声 

諸行無常の響きあり

沙羅双樹の花の色 

盛者必衰の理をあらわす

驕れる者久しからず 

ただ春の夜の夢の如し

猛き人もついに滅びぬ 

ひとへに風の前の塵に同じ

言わずと知れた平家物語の冒頭です。

この世に不変のものは1つも無いという無常観をベースにしている非常に美しい文章であると思います。

ところで昨日は無常観を考えさせられる機会がありました。

人間の営みに変わらないものは無いし、地位や名声も年月を経て風化していくのが世の常。

自然の尺度で見れば人生はあっという間の流れ星みたいなものですが、

その刹那を明るく輝いていたいものですね。

多分僕が線香花火のようにぼんやりと輝けている時間というのは水泳に関係していることをしてる時だと思います。

その時間を大切に多くの方と分かち合ってみんなで輝きたいですね。

先人をがっかりさせることがないよう、

今泳げるこの瞬間を大切に…


もしよろしければひと押しお願いします!

にほんブログ村 その他スポーツブログ 水泳へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ブログ:節目のお礼とレース動画

これまで密やかにやってきたこのブログですが、

とうとう100,000アクセスを超えてしまいました。

立派なブログだとはお世辞でも言えない内容の羅列ですが、閲覧していただいた方から時々いただくコメントに励まされたり、繋がりや絆を感じたりできて、本当に助けられてますし、続けていて良かったと思います。

普段は試合でしか会えない全国のスイムフレンドの方と日常的に絡めますしね!!

始めてから今日までで僕自身が変わったと思う点も多々ありますが、これからも書いていきたいと思います。

好き勝手に書いているこのブログですが、もしまだ読んでやろうって方がいらっしゃれば何卒寛大にお気持ちで…

ってことで、

連休最終日ですが、ちょっと仕事しながらぼんやり過ごしています。

ひのくにマスターズを終えて以来、あまり体を動かせてないのですが、そろそろ何かを始めなければと数日前からジョギングを始めました。

左の背中が痛すぎてウェイトトレーニングはできそうにありませんし、1人で泳ぎたいとは全く思わないので、今は気分転換を兼ねてipodを聴きながらフラフラ走ってます。

時々前を通るサーティーワンアイスクリームに心を乱されてますが、そこは自分を律してガマンガマン(笑)

昔は毎日10km程度走っておりましたが、背中の影響なのか右の膝に痛みが出るようなので、4kmぐらいで軽く走ってますが、かなりの運動不足がたたり、息絶え絶えになっております(爆)

ジャパンオープンには目標を設定せず、ただ出場を楽しむだけなので、来年の大会に向けて体を作って行きたいと思ってますので、今はメタボオヤジを卒業できるよう、少しずつ脂肪を燃焼していきたいと思います。

あ、昨日の友達のしんちゃんから先週の全九州マスターズのレース画像をもらったので、こちらにアップします。

25mのレースってのは結構面白いってことが分かったので、今度はちゃんと背中を治療して、調整して何秒出るかやってみたいです。

とにもかくにも、これからもよろしくお願いしますね!一緒に頑張りましょう!!


もしよろしければひと押しお願いします!

にほんブログ村 その他スポーツブログ 水泳へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

| | コメント (5) | トラックバック (0)

スイマーに信頼される存在になりたい

僕の大学時代のコーチであるM・シュバート氏がアメリカ代表ヘッドコーチを仕事を休職するって報道がアメリカでありました。

Schubert_marka1

いろいろな理由があるんでしょうけれど残念ですね。

シュバートコーチは世界的にも超有名な水泳コーチで、南カリフォルニア大学の黄金時代を築きました。

彼は僕が日本に帰ってからしばらくして大学のヘッドコーチの職を今のサロコーチに譲って、アメリカのナショナル水泳チームの運営に携わってました。

彼は恩人です。

彼がいなければ僕は日本代表になれなかったし、今みたいに水泳を好きではなかったと思います。

毎日ハードな練習をさせるディスタンスコーチでしたし、厳格な人でしたが、

選手がミーティングを申し込むとちゃんと時間を取ってくれたし、話を聞いて、解決策を提案してくれました。

そして…ここが一番大事だと思いますが、

「このコーチの下でトレーニングすれば自分の可能性が伸ばせる」

と思わせてくれた指導者でした。

シュバートコーチの教え子には、

B・グッデル、S・ババショフ、J・バサロ、J・エバンス、B・ブリッジウォーター、L・クレイゼルバーグ、E・ベント、そしてO・メロウリ…多くの五輪チャンピオンや世界記録保持者がいますが、

彼らもまた、シュバートコーチの指導なら自分はもっと進化できると思ったのではないでしょうか。

僕も、今後練習会や講習会を開催する中で、参加して下さる方から、僕がシュバートコーチに感じたような信頼を感じてもらえるように頑張っていきたいですね。


もしよろしければひと押しお願いします!

にほんブログ村 その他スポーツブログ 水泳へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

平泳ぎは滑って進むもんだ2 キック編

何だか朝に書いた平泳ぎのプルに関するポイントが好評だったようなので、調子に乗ってキックを書いてみます。

キックはウィップキック、ウェッジキックとパターンがいくつかありますが、共通するポイントは、引きつけと蹴り終わりの足の位置の調整じゃないでしょうか。

引きつけなんですが、当然抵抗が無いようになるべく足を水面に対して直角になるよう足を持ってくるべきですよね。大腿部の筋肉は非常に大きく引きつける際に横に開いていると大きな抵抗ですから。

昔前脛骨筋を緊張させることによる反射を利用して引きつけを行うってことをブログで書いたと思いますが、引きつけを極力素早く行ってキックの動作に入ります。

その際の足の引きつけの角度ですが、約140度ぐらいを意識して膝が大きな抵抗を生んで下半身が沈んでいかないようにすると良いと思います。イメージはかかとをお尻に上から乗せる感じ…レッグカールの要領です。

また、かかとをお尻に近づけ過ぎると体が反って重心が後ろに下がる原因になるので、かかとは体幹に対して約90度程度まで引きつけたところでキック動作に移ることが一番良いと考えます。

キック動作に入る際、現状、僕を含めて、多くの選手がウィップキックを用いますが、膝下の外旋運動は膝の関節に対して不自然な動きですし、足首を上手く進行方向に対して垂直に向けることができず水を切ってしまう方もいらっしゃると思うので、あまり膝下ばかり意識をせず足を開いて一番蹴りやすい角度で蹴っても良いんじゃないんでしょうか。足のつま先が進行方向にたして垂直っ・・・これ大事です!

むしろキックにおいて重要なのは、キック動作を行った後に足が下に落ちたままになってしまわないように、キックが終わった後に意識的に足を水面近く持ってくることだと思います。

平泳ぎは後ろに水を蹴り出したいのですが、膝の関節の性質上、上部から下部への打ち下ろしになってしまいます。従って、蹴り終わった状態でリラックスしてしまうと足は下に落ちて「くの字」になってしまい、ストリームラインが壊れてしまうので、臀部を緊張させ、左右の足の親指とくっつけることで足を持ち上げるとストリームラインが維持できます。

キックが打ち下ろしになってしまうことでキックを打つとお尻が浮いてしまうって方もいらっしゃいます。最終局面に差し掛かっているとはいえ、リカバリー動作が終了していないので、まだ体は完全に水面に対してフラットな状態になっていないところで、打ち下ろしのキックが入ってしまうと姿勢が壊れてしまいます。

僕の個人的な感覚ではキックを打つ時の意識として、自分のお尻よりも上方に蹴り出すって感じが上手く蹴るコツになってます。

練習の中でフィンを装着して、平泳ぎのキックをすることがあるらしいですが、現状フィンというのは足の延長でしかなく、上手く蹴れている場合は逆にフィンが水を切ってしまって逆効果になると考えます。従いフィンを装着した状態平泳ぎのキックの感覚が良い場合は、キックそのものの技術に誤りがあるのではないでしょうか(私見)

以前アメリカのスピード社からブレストストロークフィンという専用のフィンを取り寄せて試しに使ってみましたが、あまりしっくりこなかったんですよね。平泳ぎのキックは複雑すぎるので、フィンは合わないと思います。

ただ南カリフォルニア大学の水泳部に所属していた時は、PULLのセットは決まって、パドルとフィンを装着して、バタフライキックとプルを織り交ぜて泳いでました。一般的なフィンを使ってバタフライキックを打つことで体重移動を促しながらプルのトレーニングをするのが、うちのコーチのM・シュバート流でした。

ってなところで、皆さんにとって上記が少しでもお役に立てば幸いです。失礼しました(笑)


もしよろしければひと押しお願いします!

にほんブログ村 その他スポーツブログ 水泳へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

| | コメント (4) | トラックバック (0)

平泳ぎは滑って進むもんだ

平泳ぎってのは個性の泳ぎと良く言われますが、

外しちゃいけない共通のポイントってのはあると思いますよ。

ちょっとプルのポイント3つ書いてみます。

って前も書いたような気がしますが・・・(汗)

最初のポイントは掻き過ぎないこと。多くのスイマーがたくさんの水を掻いて少しでも前に進もうと頑張っていますが、正直掻き過ぎてますよね。

平泳ぎのプル動作はリカバリでも水中を移動してくる局面があるので、掻き過ぎるとリカバリーの際の移動距離も伸び、抵抗も大きくなります。

プル動作を大きくすることで、推進力が若干上がっても、それに伴う抵抗が増えた推進力以上に増えると結果的にはマイナスです。

僕の推測ですが、youtubeなどの動画を見る際のイメージをそのまま再現しようとしてる方が多いのが原因の1つだと思います。

動画でトップスイマーの泳ぎを見る際に念頭に置くべきは、プル動作を行っている間にも体はかなりの速度で前進しているということです。

ってことは静止状態で行っているプル動作も、移動しながら行うと、実際以上に大きく見えるんですよね。

実は僕も現役時代に掻き過ぎを注意されたことがあるんですが、なかなかバランスの良い1掻きの大きさは把握しにくいです。

まずは鏡の前で、水中動作と同じようにプルの動きをやってみて、どれだけ掻いているのかを認知すると良いんじゃないでしょうか。

もう1つのポイントは呼吸の際の目線ですね。呼吸の際に顔を上げる時に顎が上がって前方を見てしまうと、重心が
後ろに下がってしまいます。後頭部は重いですからね。

目線を常に水面に向けてリカバリーや呼吸の際も重心を前に置くことで、その動作の際のストリームラインが良くなり、バランスが全体的に良くなります。

また、平泳ぎが連続動作である前提を考えた場合、リカバリー終了後に頭を完全に水没させて目線が真下になってしまうと、次のアウトスイープの動作に入るまでに前を向かなくてはならず、動作の移行がスムーズじゃなくなりますし、頭より腕が後ろにあってしまう腕に力が入りにくい状態になってしまうんです。

従って、リカバリーが終了してグライドを取っている間も目線は真下にならない方が良いと思います。

目線は呼吸をしていても、グライドを取っていても一定ってのが一番良いんじゃないでしょうか??

今日書く中で最後のポイントってのは、アウトスイープの動作の終了が呼吸している状態の所にならないってことです。マスターズでも地方レベルのジュニアースイマーでも共通で犯している間違いってのがここだと思うんですが、平泳ぎのプルの動作ってのは呼吸中に止めてはいけないんですよ。

平泳ぎのプル動作は絶対に手が頭の前方に伸びているところからはじまって、また前方に伸ばすところで終わるってのが徹底していなければなりません。

これが徹底されていないと、レース中で一番きつい局面で動作を呼吸しているところで止めてしまいます。それをすることで重心が後ろに下がるし、ストリームラインは崩れるしで良いことが全くありません。

僕が昔所属していたスイミングクラブの練習でも平泳ぎのタイミング矯正のために平泳ぎのプル動作とバタフライキックを混ぜる「ドル平」をよくやってましたし、今でも多くの場所で行っているようですが、

1掻きに対してバタフライキックは原則1回だと思います。2回打ってしまうと、2回目のキックがしばしばインスイープ終了時になってしまって、プルの動作を休んでしまいます。

それのパターンが染み付いてしまうと平泳ぎの効率を良くするためのドル平が、かえって悪影響を及ぼしてしまいます。

上の3つのポイントを総合して考えると、平泳ぎは常に前傾姿勢でストリームラインを維持できるように動作中に無駄な動きや休息を取らないってことになります。

グライド中に労力を使うことなく前進できれば楽に速く、そして長く泳げます。

平泳ぎは滑って進みましょう!!

キックにもポイントはありますが、気が向いた時に書くことがあるかもしれません(笑)

その時までごきげんよう~!!


もしよろしければひと押しお願いします!

にほんブログ村 その他スポーツブログ 水泳へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

10月のワールドカップ東京大会への参加

今年のマスターズの予定が終了したことを昨日書きましたが、

今年はあともう1つ公認大会に出るつもりです。

10月20-21日に行われるFINAワールドカップ東京大会の参加基準をクリアしてるようなので、申し込みをお願いしました。

実際に参加することになるとすごーーーく久しぶりの国際大会です(笑)

今回はマスターズスイマーの立場で参加できることが素敵なことなんだと、目標を設定せず、50m平泳ぎを楽しんで泳げればと思ってます。

思えばワールドカップは現役時代に何度か参加させていただきました。

P1010014

上はパリ大会とアメリカ大会で3位になってもらったメダルです。

アメリカ大会は12年前、パリ大会は9年前と、大昔のことですが、それぞれ思い出いっぱいです。

オヤジになった今、また参加できる幸運に感謝・・・

1693_007
2001年のパリ大会での写真


もしよろしければひと押しお願いします!

にほんブログ村 その他スポーツブログ 水泳へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

| | コメント (4) | トラックバック (1)

今年のマスターズ大会での成績に満足!

全九州マスターズから2日。

僕にとってのマスターズシーズンが終わった感があり、今年も我ながら良く頑張ったと思ってます。

思えば、去年高速水着で短水路と長水路の世界記録を作ったところで、水着の規制問題に直面し、スパッツ型の水着でタイムが出せるのかという若干の不安がありました。

しかし、去年2月のジャパンオープンからの結果、タイムも順位も高速水着を着ていた頃以上に良かったので非常に嬉しかったですね。

特に水着の恩恵を受けてベストタイムを上げていた現役選手のタイムが今年落ちたこともあり、相対的な順位が上がったことはちょっと不思議な感じです。

去年と今年を比較して僕が結果を出せた要因はいくつかあると思いますが、

泳ぎがうまくなったこと。

これが一番だったと思います。現日本代表の立石諒選手から、彼が普段の取り組みで心がけているところを聞いて、それを自分なりに噛み砕いて技術の向上ができたおかげで、去年以上に楽に速く泳げてます。

それに関連しますが、僕の会社が日本総代理店を務めるストロークマックスアンチパドルを、日常の練習や大会中のアップで使うことができ、動作効率が飛躍的に上げることができています。

ストロークマックスアンチパドルは、立石選手にも使用していただいてますが、平泳ぎをより速く泳ぐための動作の効率をより高める上で非常に貢献してくれているなっというのが率直な感想です。

また、船のような形状をしたアンチパドルの類のコンセプトそのものを考案した、ハンガリー人であるアグ氏の最新のアンチパドルのモデルで、

世界中のどのアンチパドル類よりも軽く操作しやすいことも、動作が複雑な平泳ぎには適しているのではと思いますし、僕の練習や試合前の準備に置いて欠かせないものになっています。

P1000016
先月のヨーロッパ選手権でもストロークマックスは多くのスイマーのウォームアップに使用されてました。

また、水着の性能もスパッツとは思えないほど格段に上がっていることも要因の1つだと思います。

僕はミズノのRXを履いて今年の大会で泳いでいますが、ウエストの位置が水面に非常に高くなるようデザインされているため、ストリームラインが以前以上に取りやすいんですよね。

本当にお世話になってます(笑)

今週末は日本スポーツマスターズ大会があったり、首都圏ではたくさんの試合がまだ開催されると思いますが、僕も皆さんに負けないように来年のマスターズ大会への準備をしていきたいと思います!


もしよろしければひと押しお願いします!

にほんブログ村 その他スポーツブログ 水泳へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

| | コメント (3) | トラックバック (0)

全九州マスターズはリレーメンバーの頑張りが印象的でした

昨日9月12日は全九州マスターズ水泳大会でした。

今回も1,000名を超す出場者と、プールの中や控えスペースでたくさん話をして楽しみましたよ!

朝はいつものごとく長崎の強豪チームであるSPスクエアと協力して場所取り。

朝の場所取りは抽選で大会会場への入場の順番を決めるのですが、昨日は見事15番を引き当てて、かなりテンションが上がりました!

おそらく昨日一番嬉しかったのが、このくじの結果です(笑)

SPスクエア、ワンダーイヤーズ、そして大分県別府のしんせいSCから出場の伊東先生を含めた3チーム合同で陣取りバッチリです!!

わがワンダーイヤーズの若手も個人、リレーの両方で頑張ってくれて感激でした(嬉)

P1010001
119歳以下のメドレーリレー、リレーの両方で優勝した女子リレーメンバー!

P1010002
男子リレーメンバーも負けてませんよ!

講習会や練習会でお会いしたマスターズスイマーの方たちともお話ししたり、レースを見て応援したりとチームの垣根を取っ払って交流できました。

これがマスターズ水泳大会の醍醐味ですね!!

P1010003_2
レースを応援するメンバー達

P1010004
大会後は参加したメンバーで記念撮影!

自分の結果ですが、50m自由形と25m平泳ぎに参加しました。以下が記録です。

50m自由形 24.54

25m平泳ぎ 12.75

25m平泳ぎは30-34歳区分のマスターズ日本新記録でした。小嶋健司選手、挑戦待ってます!!

25mのタイムが評価されたようで大会の最優秀選手賞をいただきました。

8

九州内での試合は来年までほとんどないようなので、講習会や練習会、そして記録会なんかを企画して、定期的にマスターズスイマーの方と交流を持てる時間を作って行きたいと思います。

昨日の大会に参加された皆さん、お疲れ様でした!

もしよろしければひと押しお願いします!

にほんブログ村 その他スポーツブログ 水泳へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

| | コメント (8) | トラックバック (0)

差別発言をする者に勝者の資格なし

ニュースが入ってきました。

‐‐[シドニー 7日 ロイター] 北京五輪で3冠に輝いたオーストラリアの女子競泳選手ステファニー・ライス(22)が、ツイッターで同性愛者差別を意味するつぶやきを投稿したことが原因で、高級車メーカーのジャガーをスポンサーから失った。

ライスは4日夜、ラグビーのオーストラリア代表が南アフリカ代表に勝利したのを受け、問題のつぶやきをツイッターに投稿。その後、不適切発言を謝罪した上で、この投稿を削除した。

ライスは自身のブログで、「興奮のあまりツイッターに投稿した。感情を害する意図はなく、謝罪したい」とコメント。

しかし、ジャガー豪州法人は6日遅くに声明を出し、ライスのスポンサーから撤退したと発表。「2010年の初めからブランド大使だったステファニー・ライスとの関係を打ち切った」と明らかにした。

同社の広報はスポンサー契約の詳しい内容を明らかにしていないが、現地メディアは、ライスがブランド大使に任命されてから乗っている10万豪ドル(約770万円)相当の新型ジャガーを手放すことになると報じている‐‐

因果応報です。

五輪で金メダルを取ろうが、どれだけある分野において人より優れていようが、

他を理解し、受け容れることができなければ、全く魅力なんてないですね。

他を理解し、受け容れるには、謙虚な心が必要だと思います。

差別は、自身の価値観の優位性を主張し、違いを認めない傲慢である。

競技は勝者と敗者を分けます。

勝ちと負けは大きな違いです。

勝者に謙虚な心が無いのなら、敗者はずっと見下されるのでしょうか?

かつて日露戦争で連合艦隊を率いて日本海海戦で当時世界屈指の戦力を誇ったロシアバルチック艦隊を破った東郷平八郎元帥や、旅順要塞を陥落させた乃木希典将軍は、自らの勝利の喜びより敗者の心情を慮る武士道精神を持って、敗北したロシア軍を敬いました。

僕はそんな心を有する日本人でいることに誇りを感じてますし、武士道が好きですから、敗者の心中を察することができる謙虚な勝者こそ真の勝者であると信じてます。

差別発言をするような者は、敗者を敬えない。差別発言をするような者は勝者たる資格が無い。

胸にかけた金メダルがメッキに見えないよう、勝者は勝者の品格を持っててほしいものだと、

競争で負け続けた僕は思います。


もしよろしければひと押しお願いします!

にほんブログ村 その他スポーツブログ 水泳へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

| | コメント (4) | トラックバック (2)

仮説を立てることのすすめ

僕はいろいろ仮説を立てるのが好きです。

泳ぐときのフォームについての仮説を常々立てて、それをトレーナー/理学療法士の先生に話して、それが解剖学や生理学の見地から道理に合うかを確認してもらったりするのが楽しいんですよね。

また、この歳になって本気で現役の大会にて結果を出したい時は、やっぱり仮説を立てて、それに基づいて望む結果を出すのに必要なタイム等を考えながら、出場する大会をどれにするかの決定をします。

例えば6月に出場したジャパンオープンですが、あまり細かくは書きませんけれど、本当は最初4月の日本選手権にも出場するかを考えたんですよ。

でも、日本選手権では予選決勝方式が取られ50m平泳ぎでは準決勝がなく、予選でベスト8でないと2回泳ぐことができないことが要項を見て分かった時点で、、

有力選手の2009年のタイムから使用水着の変更に起因する一般的なタイムの落ちを2月のジャパンオープン時からある程度想定し、ベスト8に残るためのタイムを予想しました。

その予想タイムに対して2月のジャパンオープンでの自身のタイムや、普段の練習量と2月の大会からの練習できる時間、これまでのテーパーとシェービングをした時のタイムの向上を考えて、ベスト8には入れないと判断して出場を回避したんですよね。

みんなには仕事で忙しいから出場できないって言ってたんですが…(笑)

福岡在住で上京にかかる費用を考えたら、午前中50m1発泳いで終わりになってしまうのはあまり望ましくないんです。

逆に6月のジャパンオープンは、2月の大会から4カ月あり、また現役選手にとって4月の日本選手権でピークに持ってきた後、オフを取って、その後夏場の大会に向けての泳ぎ込みを行うと考えた場合に、6月にあるジャパンオープンで結果を残そうとする選手は限定されるだろうと考え、ベスト8とベスト16に残るタイムを諸条件の中から予想して、

また、自分の練習量や過去のタイムなどに、一掻き人蹴り前のキックが可能になったり、飛び込みの台に角度が付き、後部のプラットフォームが設置されたことを踏まえて、週2~4回の練習スケジュールや体調に無理なく準備しても、7割程度の確率で予想したベスト16のタイムでは泳げるだろうという計算が成り立った上で出場を決定しました。

結果ジャパンオープンでは予選11位となり、午後のB決勝で泳ぐことができました。

実は決勝ラインを28秒6と予想していて、上手くいけばその辺のタイムは出せると考えたのですが、その2週間ほど前にテストとして出場した西日本年齢別で、思ったより遅いタイムで泳いでしまったので、泳ぎの修正をしたりして、いざジャパンオープンに来てしまうと悪かったレースが頭をかすめて、前半の25で力み過ぎたんです。結局それが後半の伸びを欠く要因になって、28.82というタイムになったんです。

もちろん西日本年齢別に出ていなければ修正をかけられず、結果はもっと悪かったと思います。

・・・っと、なぜこんな話をしてるかっていうとですね、

現役選手の大会を観に行った際に、僕よりも歳の若いコーチと立ち話になったのですが、そこで彼が「今井さん、そういえばジャパンオープンB決勝に残っちゃったじゃないですか~!」って言ったので、僕は、「うん、計算通り。」って答えたんです。すると彼が驚いた顔で「え~!?」って言ったんです。

僕は別に格好付けてるわけでも何でもなくて、もともと最低でも2回レースをするというのを目標にして、目標達成までのプロセスを僕なりに計算していたから、計算通りと言ったまでだったんですが、彼がどう受け取ったのかは分かりません。

ただ、彼が驚いたことに驚きましたよ。彼がコーチをしている選手にも日本選手権に出るレベルの子がいるのですが、所属選手と目標設定や準備作業を行ってないのかなっと疑問に思いました。

成長過程で日本選手権やジャパンオープンに参加している中で、1回目よりも2回目と、出場していく中で年々相対的な順位を上げていく気持ちで取り組まないと進歩がないし、明確な目標設定とそれまでのプロセスを、ある程度作成していれば、確実にそうならないにしても、そうなるための確率を上げることができるのではないでしょうか。

中学生や高校生の段階で国内最高峰の大会の標準を切って参加できることは素晴らしいと思いますが、選手としての価値を高めたければ、ただ出場して予選落ちを繰り返しているのでは前進できないですし、スイマーとしての将来を切り開くことはできない。大会での目標をはっきり持つことと、大会に臨むまでの周到な準備を行って然りだと思います。

大きな夢を持つことは大切だと先日書きましたが、大きな夢を夢のまま終わらせないためにも、夢を叶えられる位置に自分を近づけるために、何して良いのか分からないのであれば、まず目標達成のための仮説を立てることをオススメします。


もしよろしければひと押しお願いします!

にほんブログ村 その他スポーツブログ 水泳へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

| | コメント (4) | トラックバック (1)

大橋での練習会は大成功!!

大橋での合同練習会、やりましたよ~!!

今回は正直かなり手ごたえを感じました。

多分みんなキツイと言いながら笑顔で頑張ってくれたからだと思うのですが、いつになくやりきった感があります。

熊本や北九州からマスターズスイマーが集まってくれてすごく嬉しかったですね。

練習は1時15分からの1時間45分と3時15分からの1時間45分の2回。

1時間1500~2600m程度のメニューを3つ用意して、お好みのものをやってもらいました。

GROUP1のメニューだけ掲載しますね:

SWIM 4 X 100 ON 1'45 ODDS FREE EVENS BACK
SWIM 8 X 50 ON 1'00 IM 2 OF EACH STROKE DPS

4 ROUNDS OF:
KICK 1 X 50 ON 1'10 DRILL
KICK 2 X 25 ON 0'45 1ST FAST 2ND EASY (NO BOARD: UW IF YOU PREFER)

4 ROUNDS OF:
PULL 1 X 50 ON 1'10 DRILL
PULL 2 X 25 ON 0'45 ODDS FAST EVENS EASY (HEAD UP IF NECESSARY)

4 ROUNDS OF:
SWIM 1 X 25 ON 0'45 BUILD TO FAST (LAST 4 CYCLES MUST BE THE FASTEST)
SWIM 1 X 25 ON 0'45 FIRST 3 CYCLES FAST
SWIM 1 X 50 ON 1'15 EASY
SWIM 1 X 50 ON 1'00 RACE PACE

SWIM 4 X 100 ON 2'00 ODDS S1DPS EVENS FREE

TOTAL 2600M

若干省略したので実際には2,000m程度でしたが、予想以上にきつかったという声を多数いただきました。

僕が見た限り、多くのマスターズスイマーが1人で練習をする際にどうしても抑揚なく泳ぐ傾向があるので、スピードを上げる練習を散りばめて、大会で一生懸命泳いだ時も体が動いて、良い泳ぎができるようにというのに狙いを定めてみました。

また、来週の全九州マスターズ等もうすぐ試合があるので、状態が固定されて筋力トレーニングの要素が強い板キックを止めてドリルを増やして、スイムに近い体の動きに合わせてキックを打つという僕の持論を実践していただきました。

所属での練習とは勝手が違い、戸惑った方もいらっしゃったかもしれませんが、本当に良く頑張っていただきました!ありがとうございます!!

参加者の方が1回目に集中したため、2回目の練習はワンダーイヤーズのメンバーと、熊本から参加していただいたメンバーのみになったので、僕も参加して全員同じ練習をしました。

P1000083
2回目の参加メンバーで記念撮影

P1000079
ワンダーイヤーズの若手メンバーで水中写真!

練習では自由時間を作って、ロングベルトスライダーや、ストロークマックスアンチパドル、その他うちの会社で取り扱ってるトレーニング道具を好きなだけ使ってもらしました!普段フィットネスクラブや公営のプールで道具の使用がNGのところが多いので、好きな道具を使っていただけるのも僕主催の練習会の特長です。

また、今日は高田仁先輩のご厚意で筋量やBMIなどを測定できる機械を使わせていただき、参加者の方の現在の体の状態を測ってもらいました。高田さん、本当にありがとうございます!

今後の練習会で今日の機械を導入して、参加者の方が継続的に測定を行えるようにしていければ良いなと思います。

最後に、地域や所属の枠を超えたマスターズ水泳での交流が、ささやかではあっても実現できたことがすごく嬉しかったです。今後もこういった機会を提供できるように周囲のご協力が得られるよう、しっかり頑張っていかねばならんと強く思いました。

もしよろしければみなさんのご協力とご支援をよろしくお願いします!


もしよろしければひと押しお願いします!

にほんブログ村 その他スポーツブログ 水泳へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

| | コメント (12) | トラックバック (1)

明日は大橋で練習会

インカレでは熱い戦いが繰り広げられてるようですね~。

我々マスターズ軍団も負けないぐらいの熱さで頑張りますよ!!

明日は大橋スイミングプラザで練習会です。(http://ryosukeimai.cocolog-nifty.com/blog/2010/08/95-1ce3.html

練習メニューは作りました。

ドリルとテンポを上げるハード系をミックスした練習で、9月12日に開催される全九州マスターズに向けた準備も兼ねて参加される皆さんには頑張ってもらいましょう。

普段取り組んでる泳ぎがスピードを上げてもできるように…

07

これも、

122

これも、

Theantipaddleswimming

もちろんこれも、

持って行って、参加者の方に自由に使ってもらいます!!

楽しみ~~!!

もしよろしければひと押しお願いします!

にほんブログ村 その他スポーツブログ 水泳へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

チームに対する愛着がインカレを熱くする!?

今日から辰巳国際水泳場で日本学生選手権、いわゆるインカレが行われてます。

今大会で競技生活を終える選手も中にはいるでしょうから、悔いなく終われるよう全力を尽くして、楽しんでほしいですね。

何かに打ち込んでいる時、その本当の良さや楽しさを実感するのは、決まって全てが終わった後なんでしょうけど、今楽しめることを楽しめる間に存分に楽しむ…現役として緊張感を楽しめる選手達が羨ましいなぁ…

しかし、団体戦ってのは不思議ですね。

所属しているチームが好きなら好きであるほど力が湧いてくるし、力を出し切れる。

僕も南カリフォルニア大学水泳部で、日本のインカレにあたる全米大学選手権(NCAA)に出たけど、大好きな大学、スタッフ、そして会ったこともない卒業生を含めたチームメート達に力を借りて、予選から100%で泳いで、決勝で200%の力を出して泳いだのを鮮明に覚えてます。

好きだったなぁ、USCトロージャンズ…

N703280325_270169_2465
NCAAでの団体表彰で。

最近USCには日本の選手を始め、たくさんのプロ選手が練習を行っているようで、僕がいた頃とは様変わりしてますが、

USCの学生として授業を受けながら、大学の水泳部員として、アメリカの学生として練習に臨んで、NCAAで結果を残すことを目標にしてきた日々は、コーチ見習いやプロ選手などの外部の人間には分からない、内部の「トロージャンファミリー」の絆と愛着、そして卒業生としてのプライドをもたらしてくれています。

おそらく、今辰巳でレースをしている学生選手の大部分が、それぞれの大学に対する部外者には分からない愛着と、伝統と歴史からの霊的なエネルギーを感じて泳いでるんでしょうね。


もしよろしければひと押しお願いします!

にほんブログ村 その他スポーツブログ 水泳へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (1)

« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »