« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »

桜の咲く季節

先日は花見に行ってきました。

Dscn2495

多国籍の花見で少し趣は違いますが、外国人も日本人も花を愛でる気持ちは一緒のはず・・・!?

Dscn2491

福岡の桜はもう散ってしまいましたが、来年また咲きほこる日まで待ってます(笑)

| | コメント (3) | トラックバック (0)

平泳ぎはタイミング

昨日はコナミ城南でボディコンバットを1時間やってから500m程泳ぎました。

平泳ぎのキックが安定しているようです。現役の時よりキックの感じは良いかも知れません。

先月東京に行った時長水路で泳げたのがフォーム改良のきっかけになりました。

短水路では分からない感覚的な部分が長水路だと良く分かるから不思議です。

松田仁美さんと練習させていただく中で、股関節を使って大きく蹴ろうとすると若干キックそのものにブレが出ることに気付きました。

今はその感覚を修正するための新しい軌道でのキックが馴染んできてるようでキックしてて楽しいです。ただプル、キック共にコンパクトになったこともあり、若干タイミングが変わっているのでその辺の修正をしなきゃです。

とにもかくにも、平泳ぎってのはタイミングで泳ぐ種目です。平泳ぎで悩んでいる方は引きつけのタイミングを少しずらしてみてはいかがでしょう。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

今日は北九州へ

今日は北九州へ行ってきました。

レンタカーに乗って、ipodを接続させてAlicia KeysやTaylor Swiftなんかを流しながら運転してましたが、聴いた曲の中にYou Belong With Meってのがあって、それを聴いている最中にふと思いました。

WithとToは結構置き換えできる熟語が多い。

そんなことはどうでも良いか・・・

北九州ではKSGときわの浅野社長にご挨拶に伺ったはずが、なぜか泳ぎの技術論議になってました(爆)

しかし、さすがは浅野先生です。技術論が非常に分かりやすく説得力がありました。

平泳ぎのキックに対するアプローチや、スタートの際の体幹の動かし方だとか、約8年ぶりにコーチからのご指導を頂いて、ちょっと現役時代に戻った気分でした。

それが終了してからは、コナミ徳力のしんちゃんをはじめ、普段お世話になっている方々とマスターズならではの水泳よもやま話。

水泳を通して知り合った大切な友人たちとの交流に癒されました。

やっぱりマスターズスイマーの輪は素敵です!!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

行っちゃった・・・

今日は休日なので、ウエイトトレーニングから帰ってきて、ケーブルTVでアメリカのコメディを観ながら、書き込みしてます。

何となくアメリカのTVが観たくなりました。

偶然、アメリカにいた時にお気に入りだったコメディがFOXで放映されてました。

多分、僕の後輩がアメリカに発つのを空港に送りに行ったからTVを観たくなったのかも・・・

84

今日、上坂和也君がアメリカに向けて飛び立ちました。

仲間が去るのは淋しいけれど、彼のアメリカでの安全と成功を祈ります。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

4月11日の試合に出ることにしました

休日の今日は午前中にちょっと仕事をした後、プロ野球の開幕戦をテレビで観て、福岡ソフトバンクホークスの勝利を確認してからコナミ城南に行ってきました。

今日は、

ウエイトトレーニング→ボディコンバット1時間→ブレストストロークマシン→200mのスイム

で体を動かしました。

今日運動しているときに、以前に比べて若干動きにキレが出てきたの実感してました。

東京から帰ってきて以来、高いモチベーションが保ててるので、より精力的に体が動かせてます。

あー、楽しい!!

6月のジャパンオープン前に実践感覚を養うために、4月11日に行われる大会にオープン参加することにしました。

先月のジャパンオープンの際、即興でやったクラウチングスタートが思った以上に自分に合っているようなので、クラウチングスタートが自然にできるように試合で実践します。まだまだ角度とかを考えながら飛んでますから、ピストルの音だけに集中できるよう、しっかり練習していきたいです。

ちなみに4月11日は50mと100mの平泳ぎです。

何秒で行けるかな。

今から楽しみです!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ローマへの道は1日にして成らず・・・てかっ

昨日やったニューロパワーセットで体が軋んでます(爆)

ニューロパワーセットは、中央大学OBの上坂和也君から教えてもらったドライランドトレーニングとスイムをミックスしたトレーニングです。

ストレッチコードを決められた回数引いた直後にダイブの25mをオールアウトで泳いだりします。

ワンダーイヤーズで取り扱ってるトレーニング用品が大活躍のメニューでした(笑)

ニューロパワーセットで使ったもの:

1.ブレストストロークマシン(グリーン)

2.ロングベルトスライダー2本(グリーン)

3.ストレッチコード(グリーン)

06

07

01

その他自体重を利用したエクササイズを行った後ダイブして泳ぎましたが、相当きつかった・・・

しかーし、「ローマへの道は1日にして成らず」ですよね(笑)

頑張ります!!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ワンダーイヤーズの手配で2チームが合宿に行きました

今日、ワンダーイヤーズが手配させていただいたバスで九州大学と福岡教育大学の水泳部が鹿屋へ合宿に行きました。

練習メニューも作成して渡してますが、開けてビックリだと思います(悪魔の微笑)

両校にとって、かなり苦しい合宿になるとは思いますが、22日までの短い日程ですから何とか乗り切って、レベルアップしてほしいです。

話は変わりますが、取り組んでいるフォームの改良が上手くいっているみたいです。

ジャパンオープンに出場した時にC・バンダ―バーグ選手や立石諒選手から話を伺うことができ、それをヒントにキックとプルをよりコンパクトにして、体幹への意識を今まで以上に重要視して泳いでます。そのため少しキックはウィップキック気味にしてます。

練習でのタイムも以前より速くなり、そのタイムを複数本継続できてます。

体幹への意識を高めるためにストロークマックスアンチパドル装着したセットを増やしてます。

Theantipaddleswimming

こんな感じのセットを最近やりました・・・
PULL
3 X 200 ON 3:00 FREE W/ ANTIPADDLES
4 X 100 ON 1:40 FREE W/ PADDLES & BANDS
4 X 50 ON 1:00 S1W/ ANTIPADDLES
4 X 50 ON 1:00 S1 ODDS 25 DRILL/SWIM, EVEN 25 FAST/EASY

これからストロークを安定させて、自分のものにできたら、レースがもっと楽しくなるだろうな。

水泳は工夫が結果となって現れるという意味で仕事に似てるし、良い気分転換になります。現役の選手に刺激を受けながら、結果を出さなければならないという意識ではなく、工夫の成果を楽しむ意識で泳ごう!!


| | コメント (0) | トラックバック (0)

送別会

83

昨日は送別会でした。

おなじみの沖縄料理美ら海で、3月22日に米国ワシントン州にむけて出発する上坂和也君の健闘を祈る送別会。

上坂和也君は岩田屋スイミングクラブと高校で、僕の後輩にあたり、中央大学に進んで水泳部に所属してました。

勉強と水泳の両方に全力投球の努力家である彼は、2カ月間にわたって九州大学の水泳部に、彼のもっているノウハウを学生に分かりやすい言葉で伝えてくれました。

「連中が水泳が好きで、水泳で結果を残したいなら・・・」

ただそれだけの理由で毎日の朝練に足を運んでくれたお人よしの水泳好きは、ビジネスを勉強する為にアメリカへ渡ります。

アメリカは志を持つ人を受け容れる懐の深い「開拓者精神」の国。

彼はきっと大成すると思います。

ただ、忙しくなるとは思いますが、何とか水泳をしててくれたらと願います…

和也、また勝負しような!!(25m限定で)


| | コメント (0) | トラックバック (0)

むかーしむかしのレース解析

むかーしむかしのレース分析をもらいました。2001年の世界選手権の選考会における50m平泳ぎのレース分析。僕も28.17の日本記録を予選で作ったんですが、決勝で北島君に負けちゃいました。


男子各選手の50m平泳ぎ及び100m平泳ぎの前半の局面毎の所要時間:

種目
50m

記録
北島 康介  28"05      
今井 亮介 28"17  
林   享 28"29

スタート
北島 康介 6"72          
今井 亮介 7"02    
林   享 6"90

フィニッシュ
北島 康介 2"87                
今井 亮介 2"85          
林   享 2"86

ストローク局面以外の合計
北島 康介 9"59      
今井 亮介 9"87
林   享 9"76

ストローク局面   
北島 康介 18"46        
今井 亮介 18"30       
林   享 18"53       

泳速度(m/秒)  
北島 康介 1.63       
今井 亮介 1.64    
林   享 1.62    


ストローク頻度(回/分)
北島 康介 65.43      
今井 亮介 62.37
林   享 67.72

ストローク長
北島 康介  1.49        
今井 亮介  1.58
林   享  1.43        

レース分析における考察は北島君を称賛する内容に終止でしたが、この時の50mに関しては、泳速度、ストローク長共に僕の方が北島君に勝ってたんですよね。スタートにかかってる時間が僕と北島君で0.3か・・・50mなら致命的ですね。

もし同じようなスタートができてたら・・・なんて考えるのもバカバカしいんですが、やっぱり練習環境の違いも若干関係していると思います。

今後地方のマスターズスイマーや現役スイマーが首都圏の選手と戦うに当たってこういった間接技術が勝負の分け目になることを上の解析が証明してると思います。

練習環境の整備も含めて、しっかり強化計画を練りましょう!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

FINAのマスターズ世界ランキング

昨年のFINA世界マスターズランキングが発表されているようです。Finaランキング
YOZOさん、パクらせてもらいました。ごめんなさい。)

僕の去年のランクは・・・

短水路

50m 平泳ぎ 5位
100m 平泳ぎ 3位

長水路

50m 平泳ぎ 2位
100m 平泳ぎ 1位

今年の目標は長水路の50mと100m平泳ぎで世界記録を突破したいですね。目指せ1.03.55!!

やっぱり好きです、長水路。スピードが上がってくるのに時間がかかる今の僕にとっては、短水路は難しいです。

長水路の方がバテないし(笑)

福岡は長水路のマスターズ大会が無いのでしばらくは現役の大会に出て長水路のレース勘を磨いておかなくては。

まだ未定ですが、ジャパンマスターズか何かで世界記録を狙っても良いかもです。

去年はたくさんの方とマスターズを通して出会いました。今年は、新たに出会う方との交流と同時に、去年で会った方との親交を深め、情報を交換し、去年のタイムを上回る。これを目標にしたら楽しいかな。


| | コメント (2) | トラックバック (0)

勝てば官軍

ただ今、今週後半に合宿に出かける2校のチームのために練習メニューを作成中です。

初日の練習から刺激的にしてますから、部員の方々が練習でメニューを聞いた時の顔がどんなか、興味深々(笑)

辛い練習をこなすのは大変かもしれませんが、彼らには目標としている大会があるし、選手としての未来があります。合宿をしっかり頑張って、レースに向けての自信を培ってほしいですね。

指導者がおらず、学生のみで運営されている大学では、その環境の悪さゆえに、大会での結果に対してあまりシビアに考えず、「こんな環境なのに、強豪チームにここまで迫ることができた。」っていう感じで、大会までの過程に満足する傾向があります。

ただ・・・

どんなに迫っても負けは負けなんです。「勝てば官軍」です。

勝負事では環境を言い訳にはできませんから、どのような環境においても勝つために最大限の努力をする必要があるし、少しでも環境を良くするための努力を随時行わなくてはならないんですよね。

勝負事は残酷です。常時素晴らしい環境で泳ぐことができる首都圏の強豪チームも、お世辞にも環境が良いとは言えない場所での練習を強いられるチームも、同じ大会で結果を残さなければならないし、同じ標準記録を目指さなければならないですから。

全てのスイマーに勝負にこだわれと言っているのではありませんが、競泳は競技で、タイムの1番良いものが称賛を浴びるわけですから、体育会水泳部という看板が付いている以上は勝負にこだわった練習や環境整備を1番に考えた方が良いんじゃないですかね。

今夏を熱い夏にするために、今は休む時じゃないですよ!!


| | コメント (0) | トラックバック (1)

癒し

82

僕の癒しです。首のマッサージローラーとゴルフボール。

首のマッサージローラーは、最初ちょっと痛いんですけど少し我慢してコロコロ転がしてたら首がすごく軽くなります。

ゴルフボールは、普段痛みがある左の背中の下に敷いて仰向けに寝たら、良いマッサージになります。栗木明裕先生から教えてもらいました。

今日はSWIMMING ANATOMYに書いてるメニューをいくつか実践した後、コロコロと始めました。

あ~、癒される♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日は泳いでからウエイトしました

今日は仕事から帰ってから泳ぎに行ってウエイトトレーニングをして帰ってきました。

6月のジャパンオープンに向けて家から車で15分のところにあるサワラスイミングスクールのナイトコースに入会してきました。

81
入会特典でもらったバッグ(笑)

なぜここに入会したかというと、ズバリ練習の時にフィンやパドルなどの道具が使えるからです。ストロークマックスアンチパドルやアンクルエラスティック等、僕は練習時にたくさんの道具を使用するので、本当にありがたい環境をみつけました。

泳ぐ時間は行ったとしても30分程度ですが、練習のオプションが増えるし、効率が変わります。また、50mの平泳ぎを長水路で28秒の前半で泳ごうと思うと、一掻きあたりの効率と瞬発系のパワーも大事になってきますから、少なくとも僕には道具を使用してのトレーニングが必要です。ストロークマックスアンチパドルやフィンを使用した体重移動に重点を置いたトレーニングで目指せジャパンオープンB決勝!!

サワラスイミングクラブを後にして、向かったのはコナミ城南。本当はボディコンバットをしようと思ってよったのですが、3月からスケジュールが変わっているらしく、今日は無しでした(爆)

仕方がないので、ブレストストロークマシンを引いた後、ウエイトトレーニングを久しぶり(3ヵ月ぶりくらいかな?!)にしました。

マスターズの大会で、僕が普段どんな陸上トレーニングを行っているかを時々聞かれます。

基本的にはブレストストロークマシンなんですが、ウエイトトレーニングをするときは広背筋の強化を中心とし、スーパーセットを取り入れたサーキットトレーニングです。ベースは南カリフォルニア大学で行っていたウエイトトレーニングですかね。

ちなみにスーパーセットとは、主働筋と拮抗筋の種目を続けて行い1セットとする方法です。

時期によってセット数や回数は変えますが、1番強い強度のトレーニングをするときでも6回を3セットできる重さで行ってます。また、トレーニングは上半身の強化時は主にダンベルを使用してます。

今日は久しぶりだったので12回を2セットできるウエイトと使いました・・・が、ダンベルの数があまり多くなくて、とりあえずそこに置いてある1番重いウエイトを使用したのでちょっと軽かったです。

懸垂とかをよくやりますが、それ以外に必ず行うミリタリープレス↓

78
まだ余裕の顔してます。今日は片方26kgを左右で持ちます(合計52kg)

79
ちょっと微妙な顔

80
もう余裕ないです(爆)

ミリタリープレスが12回終わったら、休みを入れずアームカールを12回行いました(片方16kgなので左右で32kg)。

そんなこんなして、ジャクジーに入って家に帰りました。アミノフィールを飲んで体内のアルブミンを増幅させて、成長ホルモンの分泌と一緒に体を回復させて明日すっきりです!!

| | コメント (4) | トラックバック (0)

朝から晩までハンバーガー

「捕鯨発祥の地」とされる和歌山県太地町の漁港で撮影されたドキュメンタリー「ザ・コーブ」がアカデミー賞を取ったみたいですね。

また欧米人の一方的な価値観で作成された映画が世界で公開されて、日本の印象が悪くなりますね。

進入禁止地域に入って盗撮したり、県漁連の人間に肖像権使用の許可を得ずに勝手に映画に登場させたり、虚偽の目的を告げて県会議員にインタビューして、それを使用したり。

自然保護っていう名前の犯罪を平気で犯して、ついでに発表された作品がアカデミー賞受賞ですか・・・

北大西洋のマグロにしても、一連の捕鯨問題にしても、今回のイルカ漁にしても、日本人の食文化が欧米人の手で破壊されているような気がしますね・・・

そのうち朝から晩までハンバーガーを食べてなきゃいけなくなるかな(苦笑)

| | コメント (0) | トラックバック (1)

「皇帝」ポポフ選手の教え

4366_001

この写真で僕(めちゃくちゃ若い)の隣に映っている人が分かりますか?

水泳に興味がある人ならその名を一度は聞いたことがあると思いますが、ロシアの「皇帝」A・ポポフ選手です。

ポポフ選手は、バルセロナ、アトランタ、シドニーとオリンピック3大会で活躍した水泳の歴史に残る金メダリストで、自由形では50mと100mで世界記録を保持していました。

幸運なことに僕はポポフ選手と一緒に練習をしたことがあります。上の写真は練習後に撮った写真です。

当時の僕はつたない英語で一生懸命話をしようとあたふたしてましたが、合宿で彼から教わったことは成人して、日本代表に入り、マスターズで泳ぐ今でも実践しています。

彼から教わったこと、それは・・・

「ターンで壁を蹴りだす際の足の角度(腰の大腿部の角度と膝の角度)は90度が1番力が伝わりやすい」です。

多くの人が練習の際、タイムと取るようなメニューの中で、壁を蹴る時に少しでも遠く、速くストリームラインで移動しようと、一生懸命壁を蹴ろうとして、太ももと膝を限界まで曲げて蹴り出しています。しかしそれはあくまで自己満足でしかないようです。

屈伸運動から、いわゆるジャンプの運動に移行する際、膝の角度が90度になるまで、さほど大きな力が壁に向かって伝わっていません。したがって、90度の角度に膝が来るまでは「遊び」の状態になってしまって、一生懸命動いている意識はあるのですが、実際に壁が蹴れていないことになります。

ポポフ選手から教わったことは壁を蹴る際、足は肩幅程度に開いた状態で、膝の角度が90度になるところまで曲げるということでした。

最初はあまり壁を蹴れている感じがせず、若干の違和感がありましたが、反復練習の中でその効果を実感しました。

僕はアメリカで教わった高速ターンで、ターンが武器だと思えるようになるところまで到達したのですが、その際の着壁の角度も90度になるようにして、足が壁に触れると同時に一番力を加えられる角度で蹴り出しを行うことでターンに要する時間の短縮を蹴り出しの勢いを殺すことなくできるように工夫しました。現役ではない現在、僕のターンはそんなに速くなくなってしまいましたけど(涙)

皇帝から教わった技術は、素質の無い僕を日本の代表選手に押し上げてくれました。今度は僕が皇帝から教わった技術を新しい人に伝える番。最新の技術にこの蹴りだしの角度を組み合わせて、より速いターンや蹴り出しを習得して実践で生かして下さい。

温故知新ですね(笑)

| | コメント (8) | トラックバック (0)

インビクタス~不屈~

昨日3月7日は福岡であった春季短水路記録会の他に、各地で大会が開催され、高速水着を着て標準記録突破を目指せる最後のチャンスとして調整をして臨んだスイマーが数多くいたようです。

大会から家に帰ると、僕のもとにも数名の選手からの結果報告のメールが届いていました。

目標を果たせた選手、果たせなかった選手双方からのメールを読みながら彼らの顔を思い浮かべてましたが、今回目標であるインカレ標準記録を何とか突破してほしかった選手から、0.06秒目標に届かなかった旨のメールをもらい、悔しかっただろうなと複雑な気持ちになりました。

ただ、今年から着用しなければいけない規格の水着は高速水着と遜色ないタイムで泳がせてくれることを、僕は大会で身をもって感じました。ルールが変わる3月までに標準を突破できなかったから「もうダメだ」ではなく、ルール改正後に使用できる最新の水着を駆使して、標準記録突破を目指せば良いのです。今の水着の性能は相当なもんです。絶対に良い結果が待ってます。だから自分を信じて高いモチベーションで日々全力で練習して下さい!!

東京大学水泳部 石川 夏子 選手他、昨日悔しい思いをした選手達、絶対行けますよ、目標の大会!!

選手達に読んでもらいたい詩があります。映画「インビクタス‐負けざる魂‐」で使われていて、タイトルにもなっている「INVICTUS」というウィリアム・アーネスト・ヘンリーが19世紀に書いた詩です。Invictusはラテン語で不屈を表し、南アフリカ元大統領であるネルソン・マンデラが27年間の投獄中(国家反逆罪で終身刑)に心の支えにしてました。

INVICTUS - William Ernest Henley

Out of the night that covers me,
私を覆う漆黒の夜

Black as the Pit from pole to pole,
鉄格子にひそむ奈落の闇

I thank whatever gods may be
私はあらゆる神に感謝する

For my unconquerable soul.
我が魂が征服されぬことを

In the fell clutch of circumstance
無惨な状況においてさえ

I have not winced nor cried aloud.
私はひるみも叫びもしなかった

Under the bludgeonings of chance
運命に打ちのめされ

My head is bloody, but unbowed.
血を流しても決して屈服はしない

Beyond this place of wrath and tears
激しい怒りと涙の彼方に

Looms but the Horror of the shade,
恐ろしい死が浮かび上がる

And yet the menace of the years
だが、長きにわたる脅しを受けてなお

Finds, and shall find, me unafraid.
私は何ひとつ恐れはしない

It matters not how strait the gate,
門がいかに狭かろうと

How charged with punishments the scroll.
いかなる罰に苦しめられようと

I am the master of my fate:
私が我が運命の支配者

I am the captain of my soul.
私が我が魂の指揮官なのだ

水泳を通して、がっかりすることがあっても、強い気持ちを持って「インビクタス」です。今年の夏に自分がどこで試合しているのかを決めるのは自分自身であり、自分自身の努力は決して裏切りませんよ。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

32歳になって教わること多し

髪を切ろうと思いながら、切らないまま今日にいたってしまい、若干サリーちゃんのパパのような髪型になっています。頭頂部の毛母細胞の元気が無いのに側頭部だけは白髪を含みながらぐんぐん伸びます。かっこ悪いです。

それとは全く関係ないのですが、今日は福岡市立西市民プールで、春季短水路記録会という大会があったので、観に行ってきました。

77

強く印象に残ったのは、短水路のレースで好成績を収めるためには浮き上がり、ドルフィンキック、ターン等、いわゆる泳ぎ以外の部分の上手さが必要不可欠だということでした。

ドルフィンキックでは、上手い選手はキック動作を体の前面で処理することによって力の入りやすい姿勢で効果的なキックをしてるなと思いました。また、人によって見解は違うかもしれませんが、ドルフィンキックで速度を出せている選手の動きは膝下が一番中心になっていて、それに合わせて足の付け根から膝上までの動きが入ってくるような印象があります。

エビ反りになっている選手や、足の付け根から緊張して膝下の動きが少ない選手は1度膝下からサッカボールを蹴るような意識でドルフィンキックをやってみては???

僕自身、まだまだ効果的なドルフィンキックの打ち方について知識があるわけではないので、これから情報を収集したいと思います。

今日はご挨拶だけで終わってしまったのですが、福岡大学水泳部所属で、先日のジャパンオープンでも決勝進出を果たした石堂善久選手は非常にドルフィンキックが上手でした。今度大会でお会いした時は、是非ドルフィンキックで気を付けていることを教えていただければと思います。

32歳になって、たくさんの現役の方々から教わることが多くなりました。皆さんの門下生になって色々なことを教えていただきたいと思います!!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

仕事前に泳ぎました。

先日も書きましたが、東京に行って以来、泳ぐことが楽しくなってきました。

修行僧のように苦しい練習は相変わらずできませんが、ちょっとやる気を出していることは間違いないです!!

今日は出勤前に九大の朝練の最初だけを一緒に泳ぎました。

メニューは:

WARM UP
SWIM 1 X 400 YOUR CHOICE OF STROKE

PULL 3 X 200 ON 3.00 FREE W/ ANTIPADDLE

PULL 3 X 100 ON 1.40 FREE W/ ANKLE BAND & STROKEMAKERS, NO BUOY

SCULLING 4 X 25 ON 0.40 W/FINS AND STROKEMAKERS

PULL 4 X 50 ON 0.50 BREAST W/ STROKEMAKERS

KICK 8 X 100 ON 2.00 BREAST W/ KICKBOARD & ANKLE BAND ON THIGH

VARIABLE SPRINT
3 ROUNDS OF:
SWIM 4 X 50 1ST FIRST 15M FAST/2ND IN & OUT OF TURN FAST/3RD LAST 15M FAST/ 4TH RACE PACE

SWIM 1 X 50 FREE FROM DIVE

DOWN 100(やってないけど)

プルを中心にストロークマックスアンチパドルを着けて泳いだり、ストロークメーカーを着けたり泳いだりでした後に、今取り組んでいる新しいフォーム用に、太ももにアンクルバンドを回してなるべく足を開かないように固定してウィップキックに近い感じでキックを練習し、バリアブルスプリントでスプリント刺激を入れた後にダイブで50Mフリーを泳ぎました。

タイムは25.1・・・あまり速くない(爆)後半全く動かず・・・

平泳ぎに慣れ過ぎているせいか、クロールで手足を素早く動かすのはとても疲れました(汗)

ところで、やっぱりプルの時はパドル着けるのが好きですね。アメリカで練習してた時は、プルのメニュー=パドル付だったので装着の指示すらありませんでした。日本に帰ってきてからは、一般のプールでパドルの使用が認められてないので、プルすらしなくなっちゃいましたが、久しぶりのストロークメーカーの刺激、ATYスイミングで練習した際に藤井陽三さんからお借りして泳いで以来、体が欲してしまいました(笑)

また、ストロークマックスアンチパドルを着けて泳いだ後は、意識してないのにストロークが長くなってます。無意識でストローク矯正ができ、上半身をフルに使う良い泳ぎを作ってくれるので、僕の練習には欠かせません。

アンクルバンドを使ったり、フィンやパドルを使ったり、僕は道具を使って泳ぐのが大好きなのですが、それができて良かった!!

少し出たやる気を、何とか維持して頑張ろっと!!


| | コメント (5) | トラックバック (0)

またまた出ました水泳界における地方格差?!

Startdai

去年からワールドカップなど欧米の大会では使用されているプラットフォームの付いてる新しいスターティングブロックです。プラットフォームが付いた分、クラウチングスタートで後ろ足を上手く使えば、より遠くに飛べて、入水速度も飛躍的に向上するんじゃないでしょうか。

ただ、陸上のスタートのように、プラットフォームが5段階に調節できることもあるので、新しいブロック用の飛び方を練習して、自分に合ったプラットフォームの位置を見つけるのに、ある程度の時間を要すると思います・・・って練習するブロックがあればね。

昨日あるスイミングクラブに行ったときに、話の中で今後のスタートの話題が持ち上がったんですが、現段階で福岡はこれらのスターティングブロックを購入する話が全くないんですって。

1機50万円程度するもので、10コース両サイドに取り付けるために購入すると1000万円程になり、自治体に予算組みさせるのは難しいだろうから、全国大会でも開催するなんてことがない限り、ブロックの入れ替えは無いんじゃないか。あるにしても今後3-5年はかかるだろうですって。

もしこの話が本当なら、

またまた出ました水泳界における地方格差!!

これから全国大会を開催することの多い辰巳国際水泳場を持つ東京などではブロックの入れ替えが行われるんじゃないかって話でしたが、地方に住むスイマーはぶっつけ本番で新しいブロックを使用してのスタートをしなきゃいけないわけ??

元々首都圏との相対的な競技力の差が目立つ昨今、また差がつく要因を自治体レベルで作ってしまうんでしょうか?

福岡が大好きですが、水泳に関しては、福岡に生まれて損した気分・・・

マスターズの大会も施設面で東京の選手に大きく差をつけられてる気がするし、大好きな長水路の大会も全くないし・・・現役の選手は飛び込みの台も無いところで大会に参加して、東京の選手と同じ標準記録を切らなきゃいけないしってまでなったら本当に最悪ですね。

今後、またマスターズの世界記録を作ってみたいし、6月のジャパンオープンで2回泳ぐチャンスをもらえるタイムを出してみたいなって思うけど、こういう話を聞くと結構気持ちが落ち込んじゃいます。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

気持ちを新たに

先日行ってきたジャパンオープンで現役のトップクラスの子達を観たり、彼らから聞いたりしたことで、ちょっとだけフォームをいじろうと思います。

どこをどうするかは内緒ですが、すごく楽しみです。

これまで仕事などもあり、全くと言って良い程練習をしませんでしたが、東京で刺激を受けたので少し泳ごうと思います。

週に最低2回、1200m泳げるように努力します!!(今までの2倍!!)

100mは昨年ラバー水着を着て出した1.03.96 (長水路)を上回る1.03.55 (16歳の時のベストタイム)を目標として、50mは28.5 (長水路)を目標に泳ぎたいと思います。

50mで目標タイムぐらいで泳げたら長水路のジャパンオープンでB決勝に残れるかな??

やはり刺激を受けることは良いことです。

皆さん頑張りましょうね!!

| | コメント (3) | トラックバック (0)

東大水泳部オリジナルの携帯ストラップ

76

東京大学水泳部で簡単な講習会をやった際にもらった水泳部オリジナルの携帯ストラップです。

初めてくぐった東大赤門。学生としては東大に縁がありませんでしたが、32歳の今になって、学生スイマーの皆さんとコミュニケーションを取る機会を与えられました。

縁というのは分からないもんですね。

たくさんの国公立大学に所属するスイマーと話をしています。

筑波大学や鹿屋体育大学のような例外を除いて、国公立大学には強豪チームのような整った練習環境がありません。

そんな彼らのために少しでも力になれたらと思います・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »