« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »

東京4日目・・・水泳X仕事X移動=お疲れちゃん

東京での滞在も4日目を迎えた昨日は、東京大学水泳部の朝練に参加から始まりました。

2

肩甲骨を動かすことが目的の体操・・・外側から見るとちょっと異様です(笑)

そこで各選手の相談に乗ったり、メインセットを一緒に泳いだりしました。

3

ちょっと感じたのはストロークマックスアンチパドルを含めた練習に使用するアイテムの使用に対しての理解が若干足りないことです。ストロークマックスアンチパドルなどは、常にレースに繋がる泳ぎを構築するために使用してくれれば彼らはもっともっと速くなりますね。

彼らの中には本人もびっくりの可能性を秘めてます。それに気づいて、信じて、効果的にそれを引き出す練習や練習道具の使用をすればインカレや日本選手権で彼らの雄姿をを見る事も想像に難くないですね。がんばれ東大水泳部!!

その後はワンダーイヤーズ留学部門の仕事の一環で、カナダ観光局へ。留学生に必要な現地情報の提供をお願いしたりしてきました。そうです、あまりブログには書きませんが、ちゃんと留学のお仕事も頑張ってますよ(笑)学生の間でカナダは人気の高い留学先なので、しっかり勉強しておかねば!!ちなみにオリンピックの行われてるバンクーバーは調査で、世界で最も住みやすい街に選ばれてます。

カナダ観光局を後にしてから、ジャパンオープンの会場である辰巳へ。大会の参加登録の手続きをしてからメイン会場でウォームアップをしました・・・っといってもスタート練習ばっかりです。

さすがに全国大会なだけあって、スタート台が非常に高級で、クラウチングスタートをしてもまったく後ろ足が滑るのを気にしなくてよかったので、楽しくなって必要以上に飛び込みをたくさんしました。九州にも施設面で東京に近いものが1つでもあれば、飛び込みの練習など、いろいろな面で向上できるのに・・・

会場ではたくさんの懐かしい出会いがありました。国際大会等でお世話になったコーチの方々とお会いでき、ご挨拶をさせていただきましたが、まだ僕のことを覚えていて下さったので感激でした!

またアップ会場であった大阪大学の滝下雄大選手と帰りがけに月島で途中下車して、門じゃを食べに行きましたが、彼は頭も良く、水泳もトップクラスですが、もんじゃを作るのも上手いという大発見をしてしまいました。

Photo

天は二物を与えずという言葉がありますが、三物を与えることはあるんですね(笑)

そんなこんなでホテルに帰ってから、事務作業をやろうとコンピューターを開くと、スタートしてくれず、かなりいらいらしてしまいましたが、とりあえずホテルのレンタルPCを使用して、2月中に終わらせたい契約関係の仕事を終わらせました。

乗り換えたくさんの東京内の移動と水泳と仕事と・・・盛りだくさん。

結構疲れてますが、気合で乗り切ります!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

東京3日目はちょっと一息してました

昨日の壮絶な練習から一夜明け、股関節や膝の内側が痛い僕です(爆)

50mプールを使用しての本格的な練習は、現役を止めて以来だったので、かれこれ7年ぶりぐらいですか・・・

練習しないのが当たり前の僕には大変な一日でしたが、楽しかった~!

なんか、これからちょっと練習してみても良いんじゃない?!なんて思っちゃいましたよ。

刺激を受けて、これから東京の猛者達と肩を並べて泳ぐことが出来るように泳ぐ頻度を増やそうかなんて思ってます。

今日は東京大学の朝の練習にちょっとだけ参加させてもらって、後は休みながら仕事してました。ラップトップを持ってきてるので仕事はちょっとだけしてます。

ストイックさは東京のマスターズスイマーの足元にも及びませんが、何とか福岡のマスターズを盛り上げますよ。いつか東京や大阪のマスターズチームと福岡のチームが合同練習会を開催できるような環境整備を夢見て・・・やっぱり仕事してます(笑)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

東京2日目は3回練習でした(汗)

東京での2日目は3回プールに入るという、現役の時にもやらなかった荒行にチャレンジしました。

3回入るだけでもきついんですが、今日は3回とも密度が濃かった・・・

特に朝と夜のマスターズの練習では、途中から三途の川を泳いでるかのような気分・・・

東京のマスターズ、ストイックで緻密です。恐るべし・・・

先ず朝はマスターズ水泳界の女王、松田仁美さんの練習を見学に辰巳国際水泳場まで行きました。

彼女の練習はすごいです!さすがとしか言いようがありませんでした。

彼女は練習前に、帯同されているトレーナーの方に、ケアをしていただいてその後泳いだのですが、めちゃくちゃ速い。

50mの平泳ぎでは途中から本当に負けるのではないかと思いました(爆)

松田さんは練習後にもケアを受けるそうです。体調管理がすごく繊細ですね。僕は現役時代にもそんなに体調を意識したことがありませんでした(爆)彼女のコンディショニングに対する取り組み、見習わなくては!

松田さんとの練習が終わった後、日本の頭脳、東京大学へ行きました。

そこで、水泳部の方に簡単なアドバイスをするための時間を頂いて、スタートのドリルや、ターンなんかのドリルを紹介させてもらいました。東京大学の使用するプールは現存する中では日本で一番古い室内プールだそうです。たしかに、なにやらヨーロッパを思わせるプールでした。プールを見て、14歳の時のポルトガル遠征を思い出しました。

しかし水泳部の皆さんの体は非常にゴツイ!あんな体系の若者に囲まれてオヤジ狩りにあったら、間違いなく僕は財布を置いて逃げるだろうと思う大きさでした。熱心さと頭脳に、パワーが加わっているようで、この夏大きく化けるではないかと思わせる水泳部でした。明日の朝もお世話になることになってます。是非ともよろしくです!

19
先日メドレーリレーでインカレ標準記録を突破するなど勢いに乗る東大水泳部

3回目の練習はまた辰巳に戻り、小泉飛鳥コーチが指導するATYスイミングの練習に飛び入り参加をしました。

ここでは1時間の短い時間に3,000mを泳ぐという過酷なトレーニングでした。今回一緒に練習させて下さいとお願いした藤井陽三さんに少しは良いところを見せようと思いましたが、結局ボロ雑巾のようになって水に浮いてただけとなり、後続の皆さんにご迷惑をかけてしまい、大変申し訳なく思います。

みなさん、今度はしっかりついていけるように頑張りますので、見捨てないでください(涙)

18
ハードなトレーニングを笑顔でこなし、全国のマスターズ水泳を引っ張るATYスイミング(中央が小泉コーチです)

しかし藤井さんはタフだった・・・多分28秒で長水路を泳いでしまうんじゃないだろうか・・・

今日の総括として、東京のマスターズは非常に取り組みが真剣です。皆さんストイックで、情熱がすごい。また、辰巳のような良いプールを長水路で使用できる点も福岡とは違うなと思いました。ハードもソフトも、さすがは日本の首都だと感心しましたが、福岡のマスターズを東京のレベルに引きあげるにはどうしたら良いんだろうと考えさせられもしました。

東京はやっぱり熱い!!

| | コメント (6) | トラックバック (0)

今日から東京に来てます!

今日から東京に来ています。日曜日にジャパンオープンの参加したり、その前の日は東武動物公園に行ったり、密度の濃い東京滞在が始まりました!

上京早々、コナミ妙典のマスターズクラスに参加させていただきました。

練習はスピード持久系のメニューがメインに来て2,000m程度でした。

マジできつい(爆)

関東のマスターズクラスの練習は本当に「大人の選手コース」でした!

しかしコナミ妙典の練習は本当にレベルが高かったですね。日本記録保持者が数人所属していらっしゃるとのこと。

平泳ぎでは、35‐39歳区分の記録保持者の小森康弘さんが練習にいらっしゃっていたので、メインでは隣で泳がせていただきましたが、ー掻きー蹴りで置いてかれました。さすがです!!

17
小森さんと記念撮影!

明日は、朝に松田仁美さんの練習を見学して、東京大学にお邪魔した後、小泉飛鳥コーチのATYスイミングで40-44歳平泳ぎの世界記録保持者でいらっしゃる藤井陽三さんと合同練習です!!

また刺激をもらってきます!!

| | コメント (4) | トラックバック (0)

Tシャツができました!

かねてから多くの方にお問合せをいただいていたワンダーイヤーズの販売用Tシャツが出来上がりました。

3種類あります。

6_2

まずは僕が去年から大会や講習会で着ていたラグランタイプ。

7
ブルーとホワイトにおなじみとなったスターウォーズ風のネーム!

8
背中には"We Are Extremely Old School"(俺たちは超クラッシック!)と入ってます!

2つ目はライトブルーを基調とし、胸にワンポイントのロゴが入ったパターン。

9

10
バックは右下にスターウォーズ風のネームが斜めに入ってます。

3つ目は黒のVネックにキラキラのプリントでネームが入ったチョイ悪バージョン!

11
見る位置によって色が変わるホログラムプリントです!

16
肩と背中にワンポイントが入ってます。

女性バージョンは丸襟になってます。

14

15
男性用では肩に入っているマスコットが首に入ってます。

ラグランTはS・M・L・XL、その他はS・M・L(黒の女性用は女性用のMとL)で展開してます。

料金は、ラグランとブルーが3,500円、黒は3,700円となっています。(送料600円別途)

ご興味がある方は下記までお願い致します。

株式会社ワンダーイヤーズ
TEL:092-287-9638 FAX:092-851-6862
Eメール:info@w-years.com

| | コメント (0) | トラックバック (0)

チャレンジレース結果・・・

チャレンジレースが終わりました。

ちょっとトラブルがあって午後のチャレンジレースに全ての力を注ぐことになりましたが、

結果は3.48.54でインカレ標準記録を突破してくれました!!

背泳ぎ 朝倉選手: 58"53

平泳ぎ 加藤選手: 1'03"52

バタフライ 辻選手: 55"96

自由形 近藤選手: 50"53

それぞれの選手がベストタイムと引き継ぎベストタイムを更新してくれたので思ったより記録が出てビックリしてます。
今回はベストのパフォーマンスを引きだすのためにかなり慎重に調整メニューを作成したのですが、それに応えてくれて僕も本当に嬉しかったです。

他のチームからもチャレンジレースを行った選手がいたので、九州大学部員全員で応援したのですが、喉が完全に潰れてしまいました(笑)でも、レースに参加した全ての選手からパワーをもらったので大満足です!!

今日の結果は九州大学水泳部の歴史に残る素晴らしいものでした。

しかし、僕は今回リレーに出場した選手だけでなく、応援に来た部員の一人一人に個人種目でのインカレ出場できる可能性を秘めていると思います。

リレーのメンバーが、今取り組んでいる練習が正しいことを証明してくれました。明日からは練習を信じ、自分を信じ、真摯に練習に取り組んでくれればと思います。

本当に素晴らしい結果を出すことができました!今日はその余韻に浸って気持ちよく眠りについてほしいと思います。

明日からまた気持ちを引き締めていきましょう!勝って兜の緒を締め直すです!

本当におめでとう!!!

最後に、今回のチャレンジレースの参加にあたり、ご配慮頂き、またご迷惑をおかけしたKSGグループの先生方、誠にありがとうございました。これからも学生に大会参加の機会をいただければ幸いです。今後ともよろしくお願い致します!

| | コメント (4) | トラックバック (0)

明日はチャレンジレース!

土曜日の朝練が終わりました。

ブリヂストンスイミングスクール吉塚の選手コースが始まる前の1時間に、明日のリレーに出場する選手は2,000m程度の調整、それ以外の選手は南カリフォルニア大学でM・シュバート監督が選手に科したメニューで1番しんどいと言われるファイアストーンドリルをやりました。まだ本物の半分の長さでしたが、皆さん良く頑張ったのではないのでしょうか。

4

練習後の写真ではまだまだ余裕の顔してますよね(笑)

今日は中央大OB上坂和也選手と大阪大OBの瀧下雄大選手にも練習に来てもらい、選手にアドバイスをしてもらいました。

5

彼らはスイミングクラブの後輩ですが、それぞれの今の所属先で得たノウハウを伝えてくれて、選手にとってとても参考になったのではないでしょうか。

上坂選手も、瀧下選手も、そして僕も明日のレースで九州大学のメドレーリレーがインカレ標準記録を突破してくれると信じてます。

色々な人の思いを乗せて・・・

頑張れ九大メドレーリレー!!

あと1日!!!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

岩田屋スイミングクラブ

僕は6歳からずっと岩田屋スイミングクラブで練習しました。

小学校4年生で選手になってから、スイミングクラブが親会社であるデパートの倒産の影響で消滅するまで、ずっと岩田屋スイミングの選手として活動しました。

初めて選手クラスに入った時は先輩ばかりでしたが、クラブが無くなる頃には僕のチームメートは、みんな僕より遥かに年下になっていました。

僕は福岡水泳界のシーラカンスです(笑)

岩田屋スイミングクラブで活動していたころの選手とは、今でも繋がってます。

僕は困ったときに力を貸してくれる出来の良い後輩に恵まれました。

3


今は九州大学水泳部をメドレーリレーでインカレに出場させるために、高校の後輩でもあり、名門中央大学水泳部OBの上坂和也選手が僕と一緒に選手のサポートをしてくれてます。

自分の引退レースがあるにも関わらず、九州カップ前から大会中、そして今に至るまで後輩の面倒を見ながら頑張ってくれている良い男です。

そして明日と、レース当日は、もう1人の後輩で、大阪大学水泳部のOBで、指導者のいないにもかかわらず、100m平泳ぎにおいて1.01.22という好タイムでインカレ6位入賞を果たした、旧帝国七大学の伝説、瀧下雄大選手が練習に来てくれるようです。

2人とも、自分の母校でないにも関わらず、九大チームのリレーを何とかインカレに出させようとしてくれている、
素晴らしい青年です。

春になってしまえば彼らも社会人になったり、アメリカ留学をしたりと、環境が変わってしまいますが、彼らが旅発つ前に残してくれる優しさは本当にありがたく感じるし、彼らの優しさに応えるためにも、九大水泳部には良い結果を残してほしいと思います。

さぁ、あと2日。

岩田屋SC魂を注入するぞ!頑張れ!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

為せば成る!

250px

「為せば成る為さねば成らぬ何事も成らぬは人の為さぬなりけり」
(やればできる、できないのは、やろうとしていないから)


この言葉を残した上杉鷹山公は慢性的な財政赤字にあった上杉家を黒字に変え、民に繁栄をもたらした藩主です。

格式よりも実用を重んじ、柔軟性を持ち、改革者でありました。

結果として飢饉の時も餓死者が藩内から出なかったとも言われる改革を行い、民富を守るという大きな目標のための政治を行った彼のぶれないスタンスは、次期藩主となる治広に家督を譲る際に渡した3条からなる藩主としての心得である伝国の辞から良く分かります。

一、国家は先祖より子孫へ伝え候国家にして我私すべき物にはこれ無く候

一、人民は国家に属したる人民にして我私すべき物にはこれ無く候

一、国家人民の為に立たる君にて君の為に立たる国家人民にはこれ無く候

大志があれば、現在取り組んでいる事象に対し、望む結果が出るまでに時間が掛かったとしても、粘り強く関わっていけるし、目標達成への最善の方法を継続的に考えることができますよね。

ブレない志と目標達成に対する鷹山公の哲学はビジネスにおいても、勉学においても、スポーツにおいても大切であると思います。

先人の言葉に励まされながら、ビジネスも、水泳も日々勉強・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

レース前の調子って・・・

レース前に調子が悪い・・・ってなんでしょうか。

確かに腸炎での入院に起因する疲れやすさとか、イメージ通りに体が動いてくれない筋力的なレスポンスの悪さってのは九州カップではありました。

でも、水をうまくキャッチできないとか、体が浮かないっていう感覚的な調子の悪さっていうのはあまり分からないかも。(ちなみに、試合当日の感覚が悪い時はストロークマックスアンチパドルをおススメします{笑})

練習してても感覚の良し悪しを感じてたのは高校時代までだったような気がします。

あとは、感覚が良かろうが悪かろうが試合が来れば結果を出さなきゃいけないし、感覚の悪さを気にしたところで気持ちはマイナスにしか働かないなって考えてたら、いつの間にか感覚が無くなっちゃいました。

ひょっとしたらいつも感覚が悪いからそれに慣れてしまっただけなのかもしれませんけど(爆)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

出勤前に・・・

出勤前に九州大学水泳部の練習を観てきました。

1

メドレーリレーでインカレの標準タイムを突破するために、リレーテイクオフを一生懸命練習してます。

ストロークマックスアンチパドル、ロングベルトスライダー、ブレストストロークマシン、アンクルエラスティック、キックトレーナー・・・効果のあるトレーニング用品も少しずつ揃ってきて、部員の泳力も確実に上がってきてます。

2

練習も以前とは比べ物にならないくらいハードになりましたが、チャレンジを重ねるうちに建設的に取り組むことが出来るようになりました。

後は、試合中に強いハートで攻めるレースを心がけてくれば結果は必ず付いてきます。

今週末のメドレーリレー、実際に泳ぐのは4名だけですが、部員全員で強い気持ちを持って水泳部に金字塔を打ち立てましょう。

頑張れ!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ドレスコード(服装規定)


バンクーバー五輪が週末に始まって、色々な感情が入り混じったドラマが繰り広げられていて、TVの前にいる僕も胸を熱くしてます。

開会式から「We Are The Wolrd」の最新バージョンが発表され、ご覧になった方も多いのではないでしょうか。

We Are The Worldの素晴らしいところは多数の有名歌手がジャンルや人種の垣根を越えて一堂に会し、1つの作品を作り上げ、それを使って世界に何らかの影響を与えることだと思います。

隣国と大陸続きの国や移民によって形成された他民族国家は、所得や教育の格差、そして社会的信用など、人種の違いに起因する問題を今でも多く抱えていますが、基本的に人種間の文化などの違いを受け入れることで社会を形成するため、他を受け容れ易く、違いを個性と呼びます。

ただ、そんな違いに寛容な社会でも、社会で最低限のルールは存在し、それを遵守できないものへの制裁が非常に厳しかったことを南カリフォルニア大学時代に実感しました。

アメリカの大学は非常に多く対抗戦を行うため、州を飛び越えて遠征することもしばしばあります。飛行機などを利用して遠征するわけですが、飛行場など、公共の施設を利用する際、わが母校南カリフォルニア大学はネクタイに背広という正装を義務付けられます(なぜかそこにスピード社のリュックサックを背負ってるのですが{笑})。そこで正装ができない者は遠征のメンバーから外されることが決まりになってました。なぜなら大学の代表として遠征をし、そこでの振る舞いが多くの人間の目に映るからです。

現在、スノーボード代表の選手の身なりとその言動がメディアで問題視されています。個人的にはそんなに国を挙げて糾弾しなくても良いのではないかとは思いますが、彼が留意すべきだったこととすれば、日本代表選考の際の選考基準に国を代表するにふさわしい振る舞いが明記されている点と、インタビューの際に「うるせぇな」と吐き捨てるコメントはプロのスノーボーダーとして支えているスポンサーにとっても大きなマイナスイメージを生んでしまうことでしょう。

20歳を超えた大人のアスリートが、隣に座る連盟関係者から、発言すべきコメントを耳打ちされながら進行する謝罪会見は哀れにすら見えました。

スノーボードを席巻するショーン・ホワイト選手など本場アメリカの選手がマナーを守り、発言をし、正装をするのであれば、日本の選手に遠征をする際の最低限のマナーは守ってほしいかな。現地の選手を見ることで日本に対するイメージを持つ人もたくさんいるはずですし。

また、現在CSR(コーポレート・ソーシャル・レスポンシビリティー/企業の社会的責任)という言葉が常識になりつつあります。不況の中、プロ選手の活動を支える企業も大変な負担を負っていることは間違いないでしょう。そこでイメージキャラクターとなる選手がメディアに「うるせぇな」なんてコメントを残してしまうと、反社会的なイメージを植え付けかねなくなると思います。選手自身の今後の活動すら制限されることになりかねませんから、スポンサーと選手の今後を考え紳士的な振る舞いをした方が良いのではと、かつて企業から応援してもらって選手活動を行った経験から思います。

なにはともあれ、選手には母国で吹き荒れれるバッシングの嵐を沈める程の素晴らしいパフォーマンスを期待します。

・・・長い書き込みになったな(汗)

| | コメント (6) | トラックバック (0)

ごめんなさい

ブログで思いました。

僕の思ったことを徒然なるままに書くブログですが、時には言葉が過ぎて嫌な思いをする人がいるのかも。

インターネット上に掲載することで不特定多数の方が閲覧するブログ。

その公共性ゆえに言葉を選ばなくてはならないことあるかもですね。

嘘八百を並べて自分を偽るつもりはないし、自分のここでの発言に責任を持つ意味であえて自分の名前を出してブログを書いてます。

大会1日目のブログに関して嫌な思いをされた方々、大変申し訳ありません。

反省・・・

| | コメント (7) | トラックバック (0)

30歳を過ぎて

Photo

30過ぎて大会で張り切るとこうなります(爆)


| | コメント (0) | トラックバック (0)

九州カップが終わりました

九州カップが終わりました。

今日は100m平泳ぎに参加しましたが、1.03.51で予選落ちです。

普段マスターズで出しているタイムや、長水路大会で出してきたタイムを考えると非常に遅いタイムで、決して満足はしてませんが、これが現実ですね(苦笑)

水泳とマスターズの活動、そして九州カップのような若い選手と泳ぐ機会は、日常生活に刺激を与えてくれます。もはやタイムはかつてのようなレベルでは泳げず、気持ちが落ち込むことがありますが、これからも続けるつもりです。

恰好悪くても続けたいんですよね。レースはやめられません!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

今から九州カップ2日目に行ってきます

おはようございます。

今から100m平泳ぎに参加するために九州カップの2日目に行ってきます。

昨日の50mを予選と決勝の2回泳いで、今体に感じる全身の張りは正直レースを棄権した方が良いんじゃないかってくらいですが、今の生活を続ける中で、あとどれだけ現役とまともに勝負ができるのかが分からないので、しっかり頑張って泳いできたいと思います。

アミノフィール飲んで、レース直前まで回復を図ろうと思います。

さぁ、レース結果はいつものように出たとこ勝負。現役選手にはハートのあるレースを期待して頑張ってきたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

九州カップ1日目終了

九州カップの1日目が終わって今帰ってきました。

結果は28.45の2位でした。

当然負けて悔しいんですが、

現役が弱すぎる。

タイムもそんなに良いわけじゃないし、

まだ規制がかかる前のラバー水着を着ている選手ばかりだったわけですから、

もうちょっと頑張らないと首都圏との差がどんどん広がってしまいます。

ちなみに16年前の九州カップで、僕は高校1年生だったのですが、28.65の短水路日本新記録を樹立しました。

僕にとって初めての日本記録だったわけですが、当時は水着もブーメランだし、技術も今のようにあるわけじゃありませんでした。

今回28.65で泳いでいたら、今日の僕がいなければ3位になってしまいます。

16年前のタイムで表彰台に上がれるようなレベルの大会ではないはず。

現在の選手に奮起してほしいですね。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

今から水泳大会

今から九州カップに行ってきます!

現役の選手と泳ぐときはいつも遠足の前のように気持ちが高ぶって早起きします。

目標タイムは50m平泳ぎで27.99!

と言いつつ、いつも結果は出たとこ勝負なんですけどね(笑)

とりあえずレースを楽しんで来たいと思います!!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

マスターズチーム若手会

いよいよ九州カップが明日に迫りました。

やらなきゃいけない仕事が幾つかあるにも関わらず気もそぞろで、明日のレースのことばかり想像します。

50m平泳ぎ、焦らないでテンポ良く泳ぎたいですね。アミノフィール飲んで体の状態をなるべく良い状態に仕上げようとしてます。

話は変わって、昨晩はワンダーイヤーズマスターズ水泳チーム若手の懇親会をいつも美味しい食事とお酒でお世話になっている「琉球酒家美ら海」で開催しました。

Photo

これまでは僕の弟(30)が最年少だったうちのチームを、今年から年齢を超えていろいろな繋がりを持てるチームにしたいと思い、20代で水泳が好きな人達に加入してもらいました。

新メンバー:

友納 健さん 自由形が得意な25歳。僕のコナミでのジャクジー友であり、わがチームの期待のホープです!

土器 小百合さん 現役時代は平泳ぎを得意にしていた彼女はオンラインの紅茶ショップを持ってますhttp://www.lily-tea.com/

橋口 優さん 平泳ぎ大好きです。得意のストリームラインを生かして、マスターズ水泳を思い切り楽しんでほしいです。

また、チームは違いますが、元ユニバーシアード日本代表の北本拓也さんも懇親会に参加してくれて、これからチームの枠を超えて楽しく活動しましょうと盛り上がりました!

1

かつては結果に追われて、楽しさを見出すことが難しかった水泳が、今では人と人を繋ぐパイプになっていることが不思議だしすごく素敵だなと、会の中でしみじみ思ってました。これから、もっと多くの人との繋がりを水泳を通して生んでいけるようにと思ってます。今後もチームメンバーを募集するのでご興味があれば是非ご連絡を・・・
(普段の練習は各自でというのが原則です)

これからは、福岡でも首都圏に負けないくらい熱いマスターズ活動を行っていければと思います!

マスターズ同士の皆さん、一緒に盛り上げていきましょう!!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

僕は泳ぎませんが・・・

楽しみにしている九州カップまであと2日となりましたが、どうも体調が優れません。

先週退院してから、その次の早朝に九州大学の練習を観に行ったり、遠方へ営業に行ったりとバタバタしてるので、あまり休めてないのが原因かもしれないですね。

そうは言っても明後日50m平泳ぎがありますから、できるだけ体を休めたいと思います。

休むも何も元々泳いでないので、これ以上休むのは難しいんですけど(笑)

僕はあまり泳ぎませんが、僕が練習を書いてる九州大学の選手には結構泳いでもらってます(笑)

僕の練習作成のベースになるのは、やっぱり南カリフォルニア大学時代の師匠であるマーク・シュバート監督のメニューですね。

Schubertmark04

あのコーチはとにかく長い距離を泳がせるコーチですよ。グッデル、エバンス、ベント、メロウリ等の錚々たる長距離競技の五輪メダリストたちを育てたコーチですから、当然かもしれないですが。

一昨日は僕が現役の時にやったことのあるメインセットをやってもらいました:

SWIM 2 X 50 ON 0:50 FLY
4 X 50 ON 0:50 BACK
6 X 50 ON 0:55 BREAST
8 X 50 ON 0:45 FREE
4 X 50 ON 0:50 FLY
6 X 50 ON 0:50 BACK
8 X 50 ON 0:55 BREAST
2 X 50 ON 0:45 FREE
6 X 50 ON 0:50 FLY
8 X 50 ON 0:50 BACK
4 X 50 ON 0:55 BREAST
2 X 50 ON 0:45 FREE
8 X 50 ON 0:50 FLY
2 X 50 ON 0:50 BACK
4 X 50 ON 0:55 BREAST
6 X 50 ON 0:45 FREE

計80本!サークルは僕がアメリカで練習したときより若干楽にしましたが、みんなサークルアウトせずに泳げたとのことで良く頑張ったなと思います。

多くのスイマーからいろいろと相談を受けるので、目指している目標や、現時点の泳力に合わせてアドバイスしますが、九州大学は練習でも良く頑張るようになってきたと思います!

シュバート監督の指導下で1番教わったのは、やる前から出来ないということは言ってはいけないということ。

多くの人が自分で持ってる可能性を押さえつけてると思います。「私なんかには・・・」という奥ゆかしさは非常に日本的で美しいですが、絶対に私は出来るという自信を持っていろんなことにチャレンジしてみると出来ないことが出たりするもんですよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

水着

月末に参加するジャパンオープンは新しい水着のルールが適用されて、水着に国際水泳連盟の公認マークが入ってないといけないらしいです。

ジャパンオープンは外人選手が出場する手前、国際ルールを適用するらしいけど、水着を購入しなきゃいけないのか?!現役の時に来てた古ーいファーストスキン水着を使おうと思ってたけど、古すぎて公認マークなんか入ってないですよ(涙)

新しい水着はどれが良いかも分からないし高いしで、何か踏んだり蹴ったりだなっと・・・

今回のジャパンオープンの参加費は水着の購入費も付加されます~(爆)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

西南学院大学水泳部の練習を見学しました

41

今日は自宅から最も近い大学、西南学院大学水泳部の朝連を視察させてもらいました・・・って一緒に泳いだんですけどね。

水泳部は、西新にあるルネッサンスの開店前にプールを使用して練習していますが、チームワークの良い明るい部だなというのが印象です。独特の体操をみんなで声を出して行った後に入水。練習時間はおおよそ1時間半でした。

もうすぐ熊本の長水路プールでの合宿を行うそうで、選手のモチベーションも高く、実りのある時間を過ごせるように今日一緒に泳いでの感想を含めて少しだけアドバイスを送りました。頑張ってほしいですね~!!

今日行ったルネッサンスというスポーツクラブの下には、僕が気になっているドーナッツ屋があって、練習後に外来の予約をしていた病院の後にいくつか買って帰ろうと思ったら、機械が故障して臨時休業してました(涙)

西南学院大学の皆さん、大会で良い結果を残してドーナッツでお祝いしましょう!!(笑)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

練習しない理由

僕は本当に距離を泳ぎません。

周りには「えーっ、ウソだろ」なんて言われることもありますが、

神に誓っても良いです。泳ぎません。

っていうか1人で泳げないんです。飽きっぽくて・・・(爆)

もともと練習の時に隣の選手とのレースを楽しむことでモチベーションを維持してたので、マスターズで1人泳げと言われると300m過ぎから飽きてきて、500m終わったころにはジャクジーに足が向きます(当然ストロークマックスアンチパドルやキックトレーナーなんかを使って中身の濃い500mではありますが)。

あぁ、チームで練習したい・・・(涙)

チームで練習出来たら2000mは練習自信があります。それから先は神の領域ですけどね。

練習しているという前提がないので、100m平泳ぎのレースは積極的に泳ぐというよりは、いつも前半どれだけストリームライン取って楽に速く泳げるかに重点をおきます。

そうしないと、後半は本当に沈みゆく戦艦大和のようになります。体が水面に対してほぼ直角になります(笑)

去年は水着の助けもあり後半を(やっぱりボロボロではありますが)そこそこでまとめましたが、6月1日からマスターズでもラバー水着が使えなくなることを考えると、少し練習をしないといけないかもと思います。

誰か一緒に練習して下さーい!!(涙)

| | コメント (10) | トラックバック (0)

コナミ天神のおでんの会

40

昨晩はコナミ天神に通うマスターズスイマーの方達のおでんの会にコナミ城南の義兄弟、友納健さんと加藤卓也さんを連れて行ってきました。

美味しいご飯をいただきながら、冗談の飛び交う素敵な時間に癒されました。

城南ではこんな素敵な時間を持ったことがないので、会員さん同士が非常に仲が良くて、うらやましく思いました。

また次回も誘われますように・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

九州カップとジャパンオープン

僕にとって冬のメインイベントである九州カップまで、今日であと1週間となりました。

今週は入院というかなりレアなイベントが発生してしまい、2日間断食(点滴はしましたが)の荒行を経験しイスラム教徒にでもなったかという感じでしたが、

50m平泳ぎでは現役相手に良いハンデを与えてやったという大きな気持ちで、ビシッとレースまでの1週間を過ごします・・・練習距離は1日平均500mで(爆)

ただブレストストロークマシンは使いますけどね、しっかり。

18

50回(100mのレース意識)を2セット

30回(50mのレース意識)を3セット

良い具合に体をスイマーにしてくれます!

ところで月末はジャパンオープンという試合があります。僕が現役の頃は日本短水路選手権って名前でした。日本短水路選手権の方が格式ありそうな良い名前だと思うのは僕だけですかね?

2月27-28日で試合がありますが、僕は2月23日から東京入りして、いろんな方と一緒に練習したり、ご挨拶させてもらったりすることになってます。

試合前日までの予定・・・

2月23日
東京到着後すぐにコナミ妙典マスターズクラス参加予定

2月24日
お昼:東京大学水泳部ご挨拶 
夜:辰巳水泳場で40-44小泉飛鳥コーチ率いるATYスイミングで40-44歳平泳ぎ世界記録保持者の藤井陽三さんと合同練習会

2月25日

朝:東京大学水泳部の練習参加

2月26日

朝:東京大学水泳部の練習参加

午後:辰巳水泳場にて試合前日アップ

・・・

なんか普段より遥かに泳ぐ1週間になることが日を見るより明らかです(爆)

気合で頑張っていこーーーー!!

| | コメント (6) | トラックバック (0)

選手時代はわがままでした

昨日から気になってることがある。

「選手時代はわがままだった・・・」

僕にあてられた何気ないコメント。

わがまま・・・か・・・そうかもね。

小さいころから夢見た日の丸を背負っての国際大会出場。

その夢を叶えるために必要なことを必要なだけやっただけ。

国を代表する選手として選出されるのに、素質にあふれて、周囲に配慮しながら、それを叶えてしまう人もいる。ただ僕にはそんな余裕が持てるほどの素質がなかった。

わがままだったかもしれない。

でも選手時代の行動や判断は正しかったと残した結果が証明してくれたと思う。

現役を引退して、周囲との共存に試行錯誤してる今、

昔のままじゃいけないことは知っている。

人には昔のわがままな自分が垣間見えて、嫌な思いしてるかも。

また、自身の精神的な未熟さで損をしてる部分もたくさんあるだろう。

まだまだ内に秘めたとげとげしさが顔を出す。

でも、周囲に生かされて今の自分があるのは良く分かってる。

ただ、それを上手く表現できるようになれれば、周囲も嫌な思いをしないだろうな・・・

反省

| | コメント (8) | トラックバック (0)

沖縄料理食べながら社会勉強してきました

39

昨日の夕食は私の高校の先輩であり、現在は実業家として活躍される高田仁先輩の奥様が経営される沖縄料理店美ら海にて行われた夕食会に参加させていただきました。

高田仁さん、

日本代表帯同トレーナー栗木明裕先生、

KSG大橋中尾大輔ヘッドコーチ、

福岡大学水泳部尾関一将コーチ、

という社会の外れ者のような僕にはもったいないぐらいの豪華な顔触れの会で、大変楽しくも、勉強になる有意義な時間を過ごさせていただきました。

会の最中から、帰路に着くまで一言発しては「あぁ、また余計なこと言った・・・」と心の中で自分の発言にダメだししまっくてましたが、お店の美味しい沖縄料理はしっかり頂いてきました。

病み上がりでなければもっともっと食べたかったぐらいですが、体調を整えて美ら海の第2ラウンドに行ってきたいと思います。

2つの大きな水槽の中で泳ぐ熱帯魚たちが歓迎してくれる美ら海、女性同士や、デートにも使えるムードの良さです!ぜひ皆さんも行ってみてください!

琉球酒家 美ら海
福岡市中央区春吉3-21-28 7F
TEL092-751-5239

| | コメント (2) | トラックバック (0)

パイオニアを伝説と呼びたい

昨日の退院から一夜明け、すでに今日の朝からいろいろとやっております。

先ずは仕事前に九州大学水泳部の練習サポートへ。

試験中ということもあり、練習に対する耐性が低いなっていうのが率直な印象ですが、やっておかねばならないし、やれば絶対に臨む結果が得られるんではと思います。日曜日も頑張りましょうね!

ところで九州大学水泳部は夏に相談を受けてから色々関わって以来、練習への取り組み方が変わってきました。

練習中の選手の取り組み方や雰囲気が少しずつ世間一般に知られる水泳部になってきました。

旧帝国七大学の1つということもあり、学業としては高いレベルにありますが、一般入試しかなく、また運動を勉学に優先することはできないので、水泳に対して取り組んでいく環境としては恵まれている方ではなかったのですが、今年はリレー種目で標準記録を切れるところまできています。

ハードになった練習メニューへ逃げずに取り組むこと、水泳の練習に必要な道具を入手すること、チームとしての士気を高いところで保つこと、などたくさんの越えなければならない壁を少しずつクリアに向けて動き、過去のノウハウがないながら、全国の学生が憧れる勝負の舞台に部の創立以来初めて手が届くところに来ています。

大会に参加する人、決勝に進む人、優勝する人、それぞれ考えられないような努力をしますが、僕はこれまでに例がなかったことにチャレンジしてる今年のこの部はとてもすごいと思います。前例という先人の轍を通ることは比較的簡単ですが、何もない原野を切り開いていくパイオニア的な取り組みはとても大変です。

ただ、この大変な取り組みが成功すれば、後輩たちはその轍を進み、成功をノウハウとしてチームの発展を遂げることができるでしょう。それを成し遂げた暁にはやり遂げたリレーメンバーの4人は今後部内で語られる伝説となる。そして、それをサポートするチームメイトもまた伝説となります。

何もないところに道を作ることに取り組む彼らを見ていると南カリフォルニア大学に単身で飛び込んだ自分を重ね合わせてしまいます。当時はだれも助けてくれる人がいなかったので、自分で情報を収集し、早稲田のコンピュータールームに数時間閉じこもって、当時のUSCのヘッドコーチであるマーク・シュバートに英語でメールを書き、受け入れられ、奨学金をもらって、日本代表になるまでの練習をして、卒業してアメリカンドリームを胸に秘めました。僕は伝説でも何でもありませんが(笑)

九大水泳部のリレーメンバーは、2月21日に福岡県立総合プール(アクシオン福岡)で行われるKSGグループ記録会で彼らの伝説を作りに行きます。もし良ければ会場ででも、会場でなくても良いので彼らを応援してあげてください。彼らを男にしてやりましょう!!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

退院祝い

38

とりあえず、今晩退院して家に帰ってきました!

休んでる間にたまってる仕事をやれるものからやってる状態ですが、

まだまだ復調には程遠いようなので、少しずつ動いていこうと思います。

退院祝いといってはなんですが、家に帰ってきたら国際水泳連盟(FINA)発行のマスターズ世界記録証が届いてました!ちょっと嬉しい!!

今年は福岡でのマスターズ大会は平泳ぎ以外の種目に出場するつもりですが、また世界記録証がもらえれば嬉しいですね。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

水泳の話をするのに精神論ばかりはいかんよね

営業は感情移入

入院中の生活で本を読んでます。

「営業は感情移入」(プレジデント社)

結構ビジネス雑誌を読むのが好きなんですけど、前に日経アソシエの中でこの本の一部が紹介されてて、それに興味を持って買いました。

その中の抜粋で:

――
売れる営業と売れない営業が会話をしない三つ目の理由は、精神論です。トップセールスは、人一倍努力をしている人が多いのでどうしても精神論が先走ってしまいます。

「どうすれば売れるようになりますか?」
「バシッと決めるしかない!}

「明日のためにどんな準備をすればいいですか?」
「準備より気持ちが大事だ!」

自分は誰にも教わらず苦労して成果を出してきた・・・そんな思いが精神論に走らせるのです。もちろん、意識ややる気は重要です。しかし、ノウハウを具体的な方法論に落とし込んで伝えなければ、相手には伝わらず、実践に結びつかないのです。
――

正直競技でも上のことがあると思います。実績を持つ元選手やコーチたちは(僕も含めて)、価値観や意識の違いを意識して、具体的な方法論を伝えることでアドバイスを求める人に応えていけるようにしなければいけないですね。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

入院中

37_2

入院してしまいました。

昨日から嘔吐を繰り返し、腹部に継続的な激痛があったもので。

腸炎だそうです。

思い当たるような食べ物は幾つかありますが、

細菌やウイルスに負けるほど、体を酷使してるとは思いませんでした・・・ってか酷使してないし(爆)

せっかくブレストストロークマシンで、九州カップに向けて体が良い感じで仕上がってきてたので、ちょっと残念ですが、これもテーパー(いつもテーパー?!)と考えてしっかり休みたいと思います。

しかし、昨日から食事は全く取れず点滴で生活しております。非常に味気ない・・・

| | コメント (8) | トラックバック (0)

« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »