« 2009年8月 | トップページ | 2009年10月 »

一生懸命な人が好き

ふと思います。

僕は目標持って何かに一生懸命な人が好き

高いゴール目指して突っ走る人、嫌なことがあっても逃げずに立ち向かおうと努力する人、自分が関わることで世界をより良くしたい人・・・

不器用でも一生懸命な人には磁石のように引きつけられる(惹きつけられる)

一生懸命なオーラを感じると初対面の人でも好きになるし、長く知ってても怠慢が見え隠れすると嫌になる。

良いのか悪いのか分かりませんが、そんな性格なもんで・・・

| | コメント (2) | トラックバック (0)

コナミマスターズに向け

コナミマスターズに向け、

九大水泳部主将かったく選手、泳ぐ

ワンダーイヤーズのホープと○のう選手、泳ぐ

僕、水中歩行レーン

| | コメント (0) | トラックバック (0)

わかちこ

今日は練習します!僕の練習拠点であるコナミスポーツクラブ城南で、僕と、来季ワンダーイヤーズマスターズ水泳チームのホープとなる友納健選手と、九州大学水泳部主将加藤卓也選手の3人です。

練習メニューはボディコンバット!

音楽に乗せてキックやパンチを繰り出し続けるプログラムで、延々1時間やります。

現役と元現役が鏡の前に3人並んでコンバットをやる姿はまさにアイドルグループ!

ちょっと不気味かも・・・

ちっちゃいことは気にすんな、それ、わかちこわかちこ

の精神で頑張ります。

ちなみにボディコンバットの脂肪燃焼は半端じゃないです!

未だに静岡で、田中さんにご馳走になった「磯おろし」のそばが消化しきってない気分。

今日のコンバットでしっかり出し切ります!!

2009092013360000

| | コメント (2) | トラックバック (0)

泳ぐのが速いだけじゃ・・・

本格的な競技活動を引退して5年ぐらい。

今でも、ときどき選手と話したり、試合を見たりします。

いろんな人がいろんな考え方を持つんだろうけど、

僕がいつも思うのは、水泳やることと、水泳選手やるってことは若干違うってこと。

僕の考える水泳をやることと、水泳選手をやるってことの違いは、水泳に対する価値観。

競技をやる以上、選手をやる上でタイムが直接選手の価値になってしまうのは分かってるけど、

それに価値を見出す人と、それ以外に価値を見出してる人が、プールには存在する。

日本代表や、日本記録、世界記録を出すことだけが正義だったら、

代表になれなかったり、人が驚く記録を出せない人は、出せる人に気を使いながら、卑屈になってなきゃいけないんだろうか。

そんなのが良いわけないやろ!

水泳をやってても、水泳選手をやってても良いけど、同じプールの中に別の価値観を持つ人がいることを理解する気持ちって大切。

指導者も、両方の価値観が共存できる環境を提供することができないとプロじゃない。

水泳選手は、プールの中では王様、プールの外では裸の王様にならないように、常に謙虚でいてほしい。

現役の時に、国際大会に出たり、日本記録作ってはみたけど、僕は日本で水泳するのが嫌だった。

僕の目には、選手もコーチもみんな水泳選手の価値観だったように映ってたから。

結局マスターズで水泳をやる人と関わるのを楽しむようになったけど、水泳選手じゃないから楽しいのかも。

アメリカにいたとき水泳が楽しかった。

多分僕の価値観はアメリカで作られたんだろう。金メダリストも、水泳初心者も、同じ目線だったし。

水泳をやる人と、水泳選手をやる人が、お互いから学びあえる環境ができたらいいな・・・


| | コメント (6) | トラックバック (0)

練習はしてねぇよ!

マスターズで少しまじめに活動を始めて、早1年半程経ちますが、

周囲の方によく質問されるのが僕の練習頻度。

5月に短水路でマスターズの世界新を出したときに来た新聞記者さんにも聞かれましたが、

まじめに答えても「あり得ない」と信じてもらえませんでした。

僕の練習頻度は週1回が標準で、2回行ったら自分で自分を褒め称えます。

ウェイトは好きですが、ヘビーウェイトはやらず簡単なサーキットだけです。でも今は全然やってません。

1回の水中練習の距離は200m-600m。ひどい時は25m泳いでプールの反対側のジャクジーへ直行。

・・・

僕もマスターズです。仕事もあります。背中の故障もあって、手がしびれてしまうので、もう練習はできません。

練習は一般のマスターズの方よりはるかに少ないでしょう。

あとは技術と工夫です。食生活、疲れを残さないサプリメント、水中練習のときのポイントの絞り方、試合当日の
過ごし方と気分の高め方、レースの展開の仕方・・・いろいろやれるところがあります。

今練習ができなくて悩んでる方々、練習ができないんなら他のところで自分のパフォーマンスを上げる努力をしてみませんか?絶対出来ますよ!!

| | コメント (3) | トラックバック (0)

スポーツマスターズ2日目

静岡で開催されているスポーツマスターズ大会も今日が最終日。

50mの平泳ぎに出場しました。

結果は

28.88。

かなり力んだし、ラストのタッチも若干乱れたので、満足のいくレースとは言えませんが、

とりあえずマスターズの公認大会であれば世界新ですから良かったなと思います。

結局マスターズの公認が取れなかったため、また長水路の大会を探して参加しなくてはなりませんが、今回の大会は新しい友達のでき、良い大会であったと思います。

共通の趣味を通して広がる輪がマスターズ水泳の良さですね。

多分これからは平泳ぎでタイムを狙うときは関東地区の大会に出て、福岡であるマスターズ大会は平泳ぎ以外の種目に出て楽しむことに専念するスタンスを取ると思います。 試合の環境が記録を狙えるところまでちゃんと整備されるなら別ですけど。

これからも楽しく泳げたら良いですよね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

静岡はご馳走天国~茄子の花 無庵 にて

今夕食から帰ってきました。

今日は今大会中にお世話になっている田中さん親子、大阪の友人で100mバタフライのマスターズ世界記録保持者でもある中園博喜選手と賑やかな通りの一角にある日本料理店「茄子の花 無庵」で夕食。

マジでウメかった!!

静岡の特産でもある桜エビが入った自家製の蒲鉾は特に絶品でしたhappy02

2009091918160000

2009091918070000


その他にもお刺身やつくねなど、全ての料理が当たりの貴重なお店でした!!

もし静岡にいらっしゃる時は是非行ってみてください。お店の中の雰囲気も良く、絶対満足できる素敵なお店ですよgood

また、副店長さんの石田さんには特別なご配慮をいただき、また美味しい料理のチョイスもしてもらって申し訳ないぐらいでした。お客さんを喜ばせようと日々努力してるのが分かるプロフェッショナルな方でした!!

そして田中さん、たくさんのご馳走と楽しいお話、本当にどうもありがとうございました!初対面の僕に優しく接して下さって感動ですconfident

| | コメント (2) | トラックバック (0)

幻の世界新

今100mの平泳ぎが終わってホテルに戻ってきました。

結果は1.03.96(前半29.57)で長水路の世界新!!従来の世界新は1.04.40でしたので超嬉しい

・・・

のはずなんですが、なぜかこの大会はマスターズ協会の公認じゃないらしく、

ただの大会新になっちゃいました

ただ、どうやらこのタイムで来年の現役の人達のための日本選手権の標準を切ったみたいです。


またどこかで長水路の記録を狙います。

明日は50m平泳ぎ、しっかりやってきますね!世界記録は29.01

| | コメント (2) | トラックバック (0)

今静岡です。

明日から始まる日本スポーツマスターズっていう試合のために、

はるばる静岡まで来ました。

ちょっと仕事した後に新幹線に飛び乗って、ゆられること5時間。

もうここに辿り着いただけで満足してしまいそうですが、

明日は何とか頑張ってみます。

明日が100mで明後日は50m。

先週は泳ぐ前からすでに疲れ果ててた僕ですが、

今週はしっかりやらないと!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

全九州マスターズに参加してきました。

昨日福岡市立西市民プールで開催された全九州マスターズ水泳大会に参加してきました。

大会には、僕の会社で開催した講習会に参加くださった方が多数参加されていらっしゃったので、再会を喜び、近況を教えていただきました。講習会で春口選手や栗木先生がお話した内容が、今回のレースで生きてるかななんて考えながらなるべくたくさんのレースを見るようにしました。ベストが出た人、出なかった人、各レースで色々なことを考えたと思いますが、楽しかったねで締めくくれる大会だったことを願ってます。

1つ気になったことは、大会の運営。水深を1.3mとしてしまい、ともすると飛び込みで頭を打つ人も出てくるのではないかと思うほどの浅いプールでは、飛び込みに怖さを感じるというコメントを聞きましたし、僕も怖かったし、レース前にタイムは出ないとおもいました。初心者の方で溺れるかもしれないと思う方がいたのであれば、スタートとターンの場所に台を入れるだとか、みんなが心置きなくレースを楽しむための方法があるはずです。また、コースロープの締め方が甘くレーンが広がったり狭まったりで波消しの意味が全くない。

開催する側はいろいろ忙しいと思うのですが、マスターズの「競技会」を開催するのであれば、上記のような最低限のことはしっかりやってもらわないと困ります。今のままでは、都市圏のよりよいプールでのレースを考えたほうが良いんじゃないかなんて思ってしまいます。タイムを出せる環境は最低限の仕事をちゃんとやってくれれば、少なくとも西市民プールでなら簡単に整えられます(国際大会を開催したこともある場所ですから)。今回の不良な環境は明らかに怠慢が作り出したと言えるでしょう。主管のスイミングクラブは決してボランティアで運営してるわけでなく、それで得られる経済的な恩恵もあると思います。それに見合った仕事をしてもらいたいですね。Masters

| | コメント (5) | トラックバック (0)

8月30日の講習会

一昨日の日曜日に僕の会社である株式会社ワンダーイヤーズ主催で「マスターズ水泳:怪我をせず、楽しみながら目標を達成しよう」を大橋スイミングプラザで開催しました。

講師に去年のオリンピックに参加した春口沙緒里さんと、理学療法士の栗木明裕先生を迎え(・・・すいません僕も一応講師として入りました)、30名を超えるたくさんの方と水泳へのアプローチを考えました。

まずは、栗木先生から怪我予防と水中でのパフォーマンスの向上を目的としたコアトレーニングの説明と実践があって、その後は春口選手と僕での水中指導。僕がこれまで試合で見て気になっているマスターズの選手の方の共通の問題点にドリル等を通してアプローチしてみました。

要点を簡潔に説明することができず、予定を大幅にオーバーしてしまい、参加者の方にはご迷惑をおかけしてしまったのですが、会を楽しめたとおっしゃってくれる方がいらっしゃったので、若干気持ちが楽になりました。

今回出た課題を次回に修正して、より良い会の開催を目指したいと思います。また、今回は僕の試みに賛同してくださった協賛の2つの法人様にすごく感謝しています。

福岡のような地方都市で、プールを持たない僕の会社が、いくつかの会社を巻き込んで講習会を開き、科学的な根拠をもった理論を一般の方と分かちあうことができたことは、今後拡大するマスターズ人口への都市型のアプローチは、工夫次第で田舎でもできるということの証明になったと思います。首都圏でも地方都市でも、競技に対する情熱と興味は同じぐらいあると思います。どうしても地方都市では人材と情報が不足しがちになりますが、今後僕が福岡を拠点としながら地方都市で補っていくことができればと思っています。

今回会を催すのに関わってくれた春口選手、栗木先生、友納健さん、大橋スイミングプラザ、そして参加者の皆さん。どうもありがとうございました。本当に感謝してます。そして、これからの福岡のマスターズを熱く、楽しく、頑張れる環境にしていきましょう!!


| | コメント (8) | トラックバック (0)

« 2009年8月 | トップページ | 2009年10月 »