« 2009年7月 | トップページ | 2009年9月 »

福岡県民大会の結果

福岡県民大会(長水路)の結果です。

50M自由形 24秒38

50M平泳ぎ 29秒08

タイムはまあまあかと思いますが、久々の屋外プールは泳いでるだけで楽しかったです。

アップが特に楽しかった・・・

あと、今日は1人のスイミングコーチとお話する機会がありましたが、少し考えるところがありました。

僕は上杉謙信好きなので義という言葉を良く考えるのですが、

僕は自分の義を頑張ってるスイマーに尽くしたいです。

はい、意味深です・・・

| | コメント (3) | トラックバック (0)

朝からビックリ!

今日は朝からウサイン・ボルト選手の世界記録に驚愕しっぱなしです。

これまで水泳やってますが、確かにフェルプス選手、北島選手など、超人的な選手を目の当たりにして度肝を抜かれてましたが、あくまで競技をやってる人にしか分からない難しさっていうのがあって、その記録の偉大さは競技に携わってない人たちに分かりにくいものがあると思いますが、

ボルト選手のタイムは陸上やったことない僕でも


「速えーーーーーーーーーーーーー!!!!!」

って思えます。

水泳選手の偉業は注釈を付けて説明が必要な場合もありますが、陸上の100Mなんかはすごさがダイレクトに伝わってきますね。ダイレクトに伝わるような単純競技こそ身体能力の高さが競技力を左右するので日本人の苦手とするところかもしれませんが・・・

ところで、もし水泳をしている小学生のお子さんを持つ方がこのブログを読んでいたら、小学生の泳力調査のアンケートに協力していただけませんか?

www.smaster.jp/Sheet.aspx?SheetID=19050

競技として水泳に取り組んでる人じゃなくても、一般的に泳力は必要かもしれません。オランダでは洋服を着ての水泳授業が必須になっていて、海や川での事故を防止するため、自分でできる最低限の水泳技術の習得を行政単位で取り組んでいます。日本でも夏休みになると耳にする海や川の事故、ひょっとしたら防ぐ事の出来たものも
あるかもしれません。そんな中でこういうアンケートは、使い方によっては有効になるんじゃないでしょうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

抜粋2

友達へのメールの抜粋の第2弾です。この話題はいろいろな意見があって本当に面白いんです。

やはり様々な答えがあって面白いですね。それぞれの答えには、個人の立場やこれまでの経験が反映しているのだと思いますが、本当に興味深いです。ちなみに僕はblueseventyを取り扱い、現役時代に体が大きく重かった経験から、スーツの有効性を支持しています。また、現役を退き社会人となった選手たちがそのスーツを着て泳ぐことで再びモチベーションを高めているのを見聞きしていると一度普及してきた新型技術をこのタイミングで取り上げるのは間違っていると感じます。実際に水着の認可がこれだけの短時間に複数回行われ、それに従わざるを得ないメーカー各社や我々消費者は、交通事故にでもあったとでも考えるしかないのでしょうね。FINAはスピード社との癒着で、レーザーレーサーを認可した時点で大きな間違いを犯し、それが全世界の競技者やメーカー、一般消費者に飛び火してるわけですから、水泳界のサブプライムといっても過言ではありません。

また、原則はフェアな競争なのですが、実際に世界選手権では各社のスーツをレンタルしていたようですし、日本人にあった勝てるスーツを作る時間を、日本のメーカー各社は、海外のメーカーと同様に与えられていたわけですから、水着で負けたなんて言い訳はコーチ、選手、メーカーの誰もできないでしょう。ある意味平等な立場で試合したことになると思います。何が平等なのかを考えた場合、極論でいえば人間は背の高さや体の柔らかさ、家庭内の経済状況など、あらゆる意味で生まれた時に不平等があるわけで、水着の不平等は他のスポーツで認められている範囲内なのではと思うのは私だけではないと思います。実際スピードスケートや、サッカー、陸上でも道具の違いはありますし、その道具の特性を理解し使いこなすのも近代オリンピック競技において重要な要素になっていると思います。ただ、ここでの僕の意見はどれだけ頑張っても北島君の持つ素質に勝てなかった僕のひがみもあるんですけどね。笑

これらの議論はあくまで私見であり、そこに水着の廃止で答えが出ているわけですから、良い悪いは別としてこの問題は沈静化するとは思います。しかし、後に残ったものが各立場の人間が抱える虚無感になるだろうと思ってます。少なくともその水着の恩恵を感じ、これをきっかけにビジネスを拡大を図っていた僕には、いろいろな意味でちょっとした足かせです。こんなところでめげてられないですけどね!!

| | コメント (3) | トラックバック (0)

この言葉に励まされて

”You are going to have to go through hell

worse than any nightmare that you ever dreamed

But in the end, I know you will be the one standing

You know what you got to do.

do it

DO IT”

お前は今までに見たどんな悪夢よりも辛い地獄を見なければならない。

でもそれを乗り越えた時、俺はお前が勝者としてそこに立っているのを知っている

お前は勝利のためにやらなくてはならないことを知っているはずだ

やれ

やれ

映画「ロッキー」(たしか4だと思います)のセリフです。

トレーニングを開始する前にトレーナーがロッキーに言った言葉・・・

しびれます!!

移動中にipodで音楽を聴くのですが、今日聴いてたロッキーのサントラの中でこのセリフが入ってました。

すごく励まされる言葉だと思います。

僕もファイターとして仕事でも水泳でも負けられないと思いました。

きついときはこのセリフを聴いて頑張ります!!

皆さんも励まされるセリフってありますか???

| | コメント (3) | トラックバック (0)

« 2009年7月 | トップページ | 2009年9月 »