« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »

友達へのメールの抜粋


以下を皆さんはどう思うかなと思って抜粋しました。長いので時間があれば・・・

世界選手権の平泳ぎは男女ともにレベルが高いですね。やはりスーツの影響はあると思いますが、日本人選手だけ着てはならないわけではないので、やはり完全な力負けだと思います。

ところで、‐‐さんは昨今の水着騒動をどうとらえますか?
水着論争に関して、個人的には高速スーツの開発は継続するべきだと思います。どんなスポーツであれ道具の進化がこれまでの記録を支えてきました。もちろんスーツが今の世界記録が連発する状況を作っていますが、人がどれだけ速く泳げるのかというシンプルな観点では、水泳関係者以外も関心を集めるほどのエキサイティングな競技になったと思います。また、2000年頃から着用が増えた足首までを覆うタイプやフルボディスーツの制限を行っていくことは、スーツの問題が取りざたされる以前に樹立されたソープ選手やフェルプス選手のパフォーマンスまで否定して、歴史の闇に葬ってしまうことになります。

マスターズの世界でも自己記録を更新する感動を味わうためにスーツは大きな役割を果たしています。現役を退き、一般として泳ぐ僕にとっても現役の頃のスピード感と刺激をもたらす道具であり、モチベーションを高めてくれます。

スーツが葬り去られた後の水泳は記録も一気に低調になり、スピード感もなくなるため、競技としての魅力が褪せてしまいます。また、これまでの世界記録にしても、公認して残すのなら、今後20年は破られることのないものも出てくるでしょうし、また非公認にしてしまうなら、どこのドノスーツまで遡って非公認にするのかも議論する必要が出てきますよね。実際ソープ選手は今では認められない手首まで覆うフルボディのスーツを着て記録を出していたわけですから。

また、今後水着の規制を行うことで、企業もその存続が危なくなるものもあると思います。特に新参者の‐‐などが危ないでしょうね。新しい会社がラバー素材の水着で大ブレイクしたわけで、これまでの水着論争中も増産体制に入っていたとなれば恐ろしいことになると思います。

‐‐に限らず、スーツはその生地をより多く使うことで単価を上げ利益を増やしますから、これまでの大手も、水着での利益を諦めることになるでしょう。 ただ、これまで市場を独占してきた企業が安心して既得権を貪るかたちにもどるでしょうけど。

以上だらだらと書いてしまいましたが、水着の開発競争は、レーザーレーサ-の前から存在し、レーザーレーサ-でそのパンドラの箱を開きました。今その箱を閉じたところで飛び出した魑魅魍魎は水泳競技に一層の混乱と苦難を招くでしょう。これから水連に対する批判もこめてその動向を注視しようと思います!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

告知


突然の告知なのですが、僕の経営している会社主催で、マスターズの方を対象とした講習会を企画してます。

テーマは「怪我をせず、楽しみながら目標を達成しよう!!」で、

日時:8月30日(日)14:30-16:30

場所:大橋スイミングプラザ
(福岡市南区塩原3-4-35/西鉄大牟田線大橋駅から徒歩10分)

対象:マスターズで水泳を楽しみながらベスト記録の更新を目指す健康な方

講師:春口沙緒里 2008年北京オリンピック女子400m個人メドレー代表
   栗木明広  2001年世界水泳選手権福岡大会日本代表チームトレーナー/理学療法士
   今井亮介  2001年ユニバーシアード北京大会100m平泳ぎ銀メダリスト

定員 30名

参加料 2,000円

です。

元日本代表選手の技術向上のクリニックのほかに、日本代表帯同トレーナーからプールの外でできる怪我の予

防と競技力の向上の方法を説明してもらえる機会を設けてますので、これからベストを出したい方にはとてもプラ

スになるイベントになると思います。

定員がありますので、参加をご希望の方、またご興味がある方は、

僕までご連絡ください。
メール:ryosukeimai@w-years.com
電話:090-9487-1434

皆さんのご参加をお待ち申し上げております!

| | コメント (4) | トラックバック (0)

試合結果報告

日曜日に国体予選がおわりました。

結果は

50M平泳ぎ 28.93 優勝

100M平泳ぎ 1.04.33 4位

で、国体出場の夢は叶いませんでした。特に100Mの決勝は勝ちたい気持ちが前に出過ぎで、いい歳して失敗レースをやってしまいフラストレーションが溜まってしまいました。

でも、現役の子と話をする時間が持て、技術についての相談や、進路についての相談を持ちかけられたときは嬉しかったし、出て良かったと思いました。

僕のような古代スイマーの化石みたいな存在は経験だけはたくさん持っているので、どんどん相談に来てほしいし、そのために泳いでるってことを現役の子達が分かってくれたら嬉しいなって思います。

さすがに50Mは勝ってやりました。正直2位が30秒かかってましたので、あまりレースを楽しめたとは思ってません。32歳で迎える来年の国体予選では現役の子にしっかり頑張ってもっと良いレースができればと思います。

次はジャパンマスターズに参加する私のマスターズ仲間に頑張ってほしいです!!皆さん、一発かましてやって下さい!!

僕はとりあえず8月23日の県民大会に向けて頑張ります!

最後に、実はblueseventyのスポンサーを受けるに至り、販売代理店の資格もいただきました。試着等ご興味のある方がいらっしゃったらご連絡ください!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

雷オヤジ

いよいよ明日は国体予選。朝は試合会場で泳いできました。現役に目に物見せてやりますよ。1番結果を残したい人がレースでは勝つのですが、それは僕です!

しかし、試合会場ではびっくりしました。会場にいる選手たちのモラルが非常に低い。8時15分になぜか全コースがスタートダッシュ専用レーンになってしまったのですが、高校生以上の選手たちが小学生くらいの選手の前で割り込みをします。僕の前にちっとも入らないくせに何も言えない小さな選手の前にどんどん割り込んでくる。
ふざけんなって雷を落としてやりました。そしたら怒った子の1人が、「どこが列の終わりなのか分からないからです。」なんて、またふざけたこと言ったんで、「そんなんが割り込みの理由にならんやろ!」とまた一括。
あれは、選手も悪いがしどうしてるコーチも悪い。

ついでに、プールの中は混雑しまくって、泳げるのは50Mのプールで10Mなし。なんでそんなことになるかというと、アップで止まらないで泳ぎ続けて、止まるときは泳いでいる選手に配慮するっていう常識が少なくとも福岡の水泳コミュニティにはない。

もともと都市圏の水泳コミュニティに比べて環境の悪さが目立ってますが、環境以上に選手の教育や記録を出すための準備に対する意識が低すぎるというのが印象です。

じつに嘆かわしい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

水泳ボヤキ

仕事がひと段落したので、来週の試合に向けて水泳関係者のブログなどをざっと読んでます。

なんか結構違和感ありみたいな感じですね。

批判ばかりもいけないとは思いますが、自分の情熱ばかりを選手に投影させようとしている趣旨の内容が多いと思います。

大学水泳部のコーチは別として、スイミングクラブのコーチはあくまで会社員。選手は月謝を払っているお客様ですから、そのニーズに応えられる客観性を持つことが大切な気が・・・

オリンピックに行ってメダル取ったり、JAPANのジャージを着て試合に出ることは素晴らしいことなんだと思いますが、全ての子供の目標がそこだってこともないでしょ?

友達に会いに来る子、県大会に出るのを目標に来る子、親にいやいや連れてこられる子、いろんな子がいると思います。

もうちょっと、そういう子へのアプローチが書いてあるブログがあっても良いんじゃないかななんてふと思いました。

あと、苦しさに耐えろバリのことを書いてるコーチが結構いましたが、選手はみんな耐えてます。同じところの行ったり来たりを繰り返して肉体的にも精神的にも耐えてるところにまた耐えろなんて、ちょっと浅はかじゃないかな。

アメリカで練習してた時、練習は楽なものはありませんでしたが、毎日楽しかったです。なぜならコーチが工夫してつまらない練習は1回もなかったので。データの収集のために同じことを反復する必要性も理解はできますが、
なんかきついことに頑張れっていうだけじゃなくてきついことを忘れさせる工夫をするコーチって日本にあまりいない印象。

コーチなしで遊び程度に泳ぐ僕ですが、コーチなしの方がのびのび楽しく泳げそう。

来週コーチがいる選手たちとの勝負です。もし僕が勝ったら、選手に1人で泳ぐことを勧めてみようかな。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »