« 2008年7月 | トップページ | 2009年1月 »

ボストン美術館展

オリンピックも終わり、楽しみがなくなってしまった今日、ボストン美術館展を福岡市美術館に見に行ってきました。葛飾北斎や東洲斎写楽の浮世絵の作業の細かさにびっくり。最近眼精疲労で小さなものを見ると目が痛くなるんですが、その目に良くない位の細かで緻密な技が作品に散りばめられていました。日本が生んだ浮世絵文化と作品がアメリカにあることが残念ですが、すごく楽しめた内容でした。皆さんもぜひ一度足を運んでみては。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

泳ぎはうまくなった

僕は水泳が上手くなったと実感してます。今の泳ぎは現役のときより技術的に高いところで泳げてる。練習は昔に比べて100分の1以下だけど、自分の体を見つめなおせてる。

僕は左利きです。でも左の握力は右の半分も無いでしょう。15歳のころから付き合っている腰痛をかばうあまり、背中左側に鋭い痛みが日常生活で走ってます。泳いでいても左手は水圧に負けてしまってバランスよく泳げません。この悪い背中が現役で最後に踏ん張りが聞かなかった理由の1つです。

でも、今はこの障害が僕の技術を高めてます。今の体で泳げるように無理なく水に乗るサーフボードのような泳ぎを目指して週に1回泳ぎます。

次の目標は9月のマスターズ水泳大会です。僕の年齢区分の平泳ぎの日本記録は短水路で1.04.0ですが、僕は僕の年齢区分より1区分若い人の日本記録を狙います。1.02.87 クリアしたい目標です。

その後は、来年のイタリアである世界マスターズに出場したいです。

水泳は引退しても楽しいです・・・

| | コメント (2) | トラックバック (0)

嫉妬

オリンピックで北島君は伝説になりました。偉大な選手だと思います。
でも、彼は人とは違ったなんていう卑屈なコメントはできません。僕はオリンピックに行くことができませんでした。オリンピックA標準を切って3位になってしまった2000年のシドニーオリンピックの選考会で頭が真っ白になってしまったことは今でも鮮明に覚えています。

競技を引退して時間が経過した今でも、オリンピックに行けなかったことが僕の中でズキズキと痛みます。その時に立ちふさがった北島君と林さん、僕は今でも恨めしく思うときがある。世界選手権に出れてとても嬉しかった。でもオリンピック選手になれなかったという挫折感は今でも僕を苦しめます。

僕は聖人君主ではありません。あくまで自分のエゴを優先する人間です。

今は北島君の勝利を祝う反面、なぜ神様は僕を勝利者の星の下に産み落としてくれなかったのかを呪う嫉妬の塊でもあります。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

予想大外れ!

北島君、金メダル!おめでとうございます。
僕の予想は完全に外れちゃいました。でも外れてよかったですね。
昨日までの課題が修正されていたのには驚きました。
やっぱり彼はこれまでの日本水泳史上で最高の選手ですね!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

明日のレース予想

オリンピックが始まりました。明日は100M平泳ぎの決勝が行われます。僕が現役時代に専門としていた種目です。

僕は北島君が優勝する可能性は40%だと思います。準決勝の前はもっとあるかなと思っていましたが、どうも泳いだタイムが、本人のイメージしているタイムより遅いように感じているのがテレビを通じて伝わってきます。「調子が良いのに思ったよりタイムが出ていない」・・・日本チームは数人の選手がそういう風に感じている。ちょっと調整の段階であてが外れた部分があったのかもしれませんね。準決勝のレースの後半の泳ぎの伸びの無さは、記録を狙うことでの力みなのか、それとも現段階の彼の限界なのか・・・

北島君には勝負強さと経験がありますので、レース展開によっては勝つことも可能かと思いますが、予選、準決勝の泳ぎを見た限りでは、ノルウェーのダーレ・オーエン選手の方が現段階の実力は上のようです。ラストのタッチが合わなくても59秒16...大変な実力者だと思います。

200Mは間違いなく優勝候補の筆頭ですし、勝つでしょう。でも100Mはスピードと持久力で求められる割合が違います。より外国人向きの種目と言ったほうが良いかも。

まだ試合は始まったばかりですが、アテネと同じ数だけのメダルを期待することは酷です。アテネのときは屋外プールで水温が高かったこともあり、低水温でのレースになれている外国人選手のタイムが思ったより伸びなかったことが日本チーム躍進の一要因だったと思います。今回は屋内プールで、高速のレースが展開されている。ある実力通りの結果が出ると思います。アトランタオリンピックの雰囲気に良く似ているかなっと思うのは僕だけ??

| | コメント (2) | トラックバック (0)

うーん

自分を理解してほしいとは思わない。でもやる上で必要なこと、起こしてはならない間違いなど、厳しくなくてはならない点もたくさんある。

他人は合わないからってやめれば良いだろう。次もあるだろうし。でも私にとってはこれがが体の1部だ。

そんな体の一部に別れを告げるのは・・・辛い。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

内転筋が・・・

国体予選が終わってから初めてまともに泳ぎました。

ただどうも内転筋が痛みます。2週間前にボディコンバットをやったときに痛めたんですが、平泳ぎをやるとかなり痛んでます。安静時は痛まないんですけど、平泳ぎの独特の動きになるとかなり痛い・・・

皆さん(特にkuri)、治癒のために何か良い方法はありませんか???

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年7月 | トップページ | 2009年1月 »