« 2008年6月 | トップページ | 2008年8月 »

暑い・・・

最近暑すぎる・・・

朝起きてから寝るまで、1日におおよそ5リットルは汗をかいている。そんな自分を、自分でもキモいと思ってるぐらいだから、周りは本当に私をキモいと思ってるはず・・・

私は何でこんなむし暑い国に生まれたんだろうって夏が来るたびに思う。どこか涼しい国に生まれたかった。

たくさんの人が東南アジアへの旅行に興味を持ってるけど、俺は全く興味がない。なぜならむし暑いから。どんなに安くて良い旅行があっても、むし暑いだけで興味が失せる。

早く秋になってほしいなと思う今日この頃・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ビックリマンアイス

昨日は僕の持ってるマスターズチームのメンバーと練習会。皆さん熱心で、ロクなことを教えられくて恐縮でした。おまけに食事までごちそうしてもらって申し訳なかったです。

先週佐世保へシーカヤックに行ってきました。とても楽しかったのですが、Tシャツを着てカヤッキングをしてたので、肩の部分から下は黒こげになってしまい、ビックリマンアイス状態(知る人ぞ知る)になってます・・・カッコ悪crying

| | コメント (4) | トラックバック (0)

選手の一生

野球の野茂選手が引退を発表しました。

当時の所属球団を任意引退をして、夢と覚悟だけを持って海を渡った野茂選手の功績

は、その後たくさんの選手の挑戦を可能にしました。

前例の無い場所での失敗できない毎日は、常に大きなストレスとの戦いだったはずです。

全てをリセットして渡米してからUSCで水泳をやった経験を持つ僕も彼に共感するところ

がたくさんあります。もちろんその功績には雲泥の違いはありますけど・・・

でも、彼の最後の言葉は心に沁みます:

 「引退する時に悔いのない野球人生だったという人もいるが、僕の場合は悔いが残る。自分の中ではまだまだやりたい気持ちが強いが、自分の気持ちだけで中途半端にしていても周りに迷惑をかけるだけだと思った。」

まだできると思う自分に対する期待と、人生の1つの局面の終わりを感じる虚無感に対す

る不安がある反面、現実を受け止める必要性を感じるときの葛藤は、スポーツ選手という

人種にしか分からない気持ちだと思います。

野茂選手には多くの人が夢をもらいました。僕も夢をもらった一人です。

本当に感謝してます。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

一句

先日某協会が主催する研修会に招へいされるアメリカ人ゲストの通訳依頼がありましたが、今日お断りの電話を入れました。

そこで一句:

報酬を

決めて電話を

してこいよ


翻訳、通訳のお問い合わせをたまに受けるんだけど、
みんなちゃんと日当の話とかをつめてお話を持ってきます。
ってかそれが当たり前やろちっ(怒った顔) 会社に働く人間への平日拘束
ですよ。考えてみろっての!!!!

やっても良いかなって思ったけど、やっぱり僕のビジネス倫理に反してるのでお断りしました。

ちゃんちゃん

| | コメント (2) | トラックバック (0)

試合結果

試合が終わりました。1夜明けた今も疲労困憊です。

とりあえず結果は・・・

 50M平泳ぎ 予選30.08   決勝30.07   優勝

100M平泳ぎ 予選1.06.12 決勝1.05.20 2位

でした。

さすがに1日4本のレースをこなすのは大変でした。最後の50Mの
決勝はもがきまくっての見苦しいレースになってしまいましたが・・・まっ、いっか!

懐かしい友達にも会えたし、とても楽しい試合でした。

あとは負けた選手たちと選手のコーチが、今回の負けで考え方と練習方法を再度考えてくれればと思います。今後インカレ、インターハイ、日本選手権に出て、勝負をしていくのなら、どんな調子でも、化石に近い僕なんかに負けちゃダメです。

毎日練習している選手が、1週間に1度プールに入ることがあるかないかのエンジョイスイマーに負けるのには何らかの原因があります(特に平泳ぎは技術面に原因あり)。
これから選手がかなえたい夢が大きければ、大きいほど、競技への取り組み方を効率的にしていかなくてはならないわけですから、指導者も選手の時間を無駄にしないトレーニングを考えてほしいです。

ガンバレ現役!!楽しい時間をありがとうhappy02

| | コメント (7) | トラックバック (0)

来たーーー!!

いよいよ待ちに待った試合の日です。昨日気合を入れてシェービングの儀式を行いました。足も脇もつるつる・・・ちょっと女の気分が分かります(笑)。

シェービングは部族が戦闘に望むときにメイクを施すのに近い役割を果たします。決して毛を剃ったから具体的に何秒速くなるなんて分かりませんが、気持ちがレースに集中していきます。

あいにく昨日の夜は若干の熱が出たようで8時半にベッドに行ってしまいましたが、今日は精一杯泳いで楽しみたいと思います!

山本高弘風に・・・(汗)
「とうとう試合の日がキターーーー!!
楽しみにしてるものがあるなんて・・・地球に生まれてヨカッターーーーーー!!!!」

| | コメント (2) | トラックバック (0)

コーチ

自分の試合が近くなってるので、最近は水泳関係者のブログに目を通して参考にしてます。

試合に出てくるであろう現役の子の最近2-3カ月の長水路のタイムをチェックして、決勝進出タイムを予想したり、オリンピックに選手を送るコーチの日記を読んだり、もう仕事どころではありません。(苦笑)

ブログを読んでて思うのは、やっぱり日本代表レベルで指導をする有名コーチは、コーチ哲学も結構ちゃんとしてることです。

女子平泳ぎ代表 種田恵選手のコーチ竹村氏のブログの抜粋:

「苦しんだ分だけ成長できる、そう考えられたら得です。おそらく小さな
ことの繰り返し、積み重ねが人を変え得るのだと思います。急に人は
変らないし、また変えられません。私自身もコーチを始めて約30年、
基本的な考え方は変っていないと思います。水泳を通して出来ることの
喜びや出来た時の感動を体験して欲しい、コーチになったときこの様に
感じました。この喜びが本当の快感ではないかとも思っています。

 初心者でもオリンピック選手でも同じ快感ではないかと思います。
選手はベストを出したときのあの一瞬のために、たゆまぬ努力を
繰り返します。なぜか、そのわずかな時間を自分のものにしたいからです。
コーチも同じです、選手と共有したいからです。他のものは必要ないと
思っています。この時間の共有のために、毎日をささげているのだと
思います。」

選手時代に選手をぶったり蹴飛ばしたりしていた光景を目にして、コーチなんて人種にはロクな奴がいないと思い、所属のコーチはまだましだと思ってましたが、アメリカのコーチに出会ってから、福岡でコーチとやってきたことを振り返って、どうしても哲学や理論に物足りなさを感じてしまって・・・やっぱりコーチは必要ないって今まで思ってましたが、上の文章を読んでると、こういうコーチの下で泳げたら試合も練習も安心できるのかもってちょっと思いました。

福岡にも信頼できる名コーチがいれば、選手ももっと夢を持つだけじゃなくて叶えることに真剣になれるんじゃないかなと思う今日この頃。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

肩こり

週末の試合まであともう少し。それなり準備を進めています。

どうも1日2種目を予選と決勝の2回泳がなくてはならないようで、もし決勝に残った場合は、大きなハンデになります。

わたしにはもうひとつ大きなハンデがあります。それは肩コリ。現役スイマーは何が肩コリなのかすら分からないと思いますが、一般人ならではのこの障害と闘いながら泳ぐのは、なかなか大変です。

皆さん良い乳酸除去の方法と肩コリ対策があれば教えて下さい。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

平井堅は上手かった

平井堅のコンサートから帰ってきました。あいにく平井堅の体調が相当悪くMCのときの声が鼻声だったり声が枯れてたりでしたが、歌はムチャクチャ上手かったです。さあ楽しい時間が終わったので来週末までは水泳をがんばります。

明日はコナミでボディコンバット1時間と1500Mのスイムや!!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年6月 | トップページ | 2008年8月 »